ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:サムイ ( 4 ) タグの人気記事
サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.5

b0053082_20585096.jpg

タイ・サムイ島での最終日。
雨季特有のどんよりとしたくもり空。

b0053082_20594218.jpg

午前中にリゾートをチェックアウトするのですが、その前に念願のアクティビティを。

b0053082_2104256.jpg

そうです。
ムエタイレッスンです。
タイ風ボクシングのムエタイ。最近はエクササイズとして女性にも人気だとか。
今回はスポーツチームのスタッフに基本を教えてもらいました。
お手本をまねてパンチをくりだしますが、普段、使わない筋肉を使うので見た目以上にハード。

b0053082_2123953.jpg

「こうやるのさ」とばかり、ビシバシ、パンチ&キックをきめるスタッフ。
まったく無理。
「しょうがないなぁ」と笑われてしまいました。。

b0053082_213524.jpg

1時間のへなちょこムエタイレッスンを終えて、一度、部屋に戻りシャワーを浴びます。
出発まで時間があったのでリゾート内のヒルサイド部分を散策します。雲間からさす朝の光がリゾート敷地内の木々をきらめかせます。アジアのリゾートのこの瞬間がとても好きです。

b0053082_2174082.jpg

ヒルサイドはこんな感じで熱帯の森に囲まれた中にヴィラが点在します。ビーチフロントのヴィラやメイン棟の部屋がカップルや女子旅向けならば、こちらヒルサイドはファミリーに大人気。理由は2ベッドルームあるいは3ベッドルームのレジデンススタイルだから。今回、お部屋を見せてもらいたかったのですが、まったく空きがないという人気ぶり。

b0053082_21175312.jpg

そして、ここがポイント。
ヒルサイドには5つのプールが点在し、どのヒルヴィラに滞在してもすぐ近くにプールがあるように考慮されています。5つのプールはオレンジ、イエロー、パープル、ブルー、レッドの色分けがされています(風水かしら?)。こちらはレッドとなるSonthaya Pool。

b0053082_2122910.jpg

これは見た通り、ブルーのDara Pool。

b0053082_21245924.jpg

グリーンですが、これはイエローのTawan Pool。

b0053082_21254311.jpg
b0053082_21255499.jpg

一番奥のヒルトップにあるパープルのNapa Pool。こちらは周囲のヴィラ専用になっているようで立ち入り禁止でした。なので、チラ見。なんとなくパープルカラーのような。

b0053082_21274486.jpg

5つめのChantra Pool。ホントはオレンジカラーのはずなんですが、これもグリーンでした。苦笑


このシステム、とても感心しました。
ヒルサイドに滞在するゲストの多くはファミリー。子供たちをプールで遊ばせるためにいちいち長い階段をつかってビーチまで行く必要がないのはありがたいことです。
そして、ビーチフロント周辺に泊まるゲストの多くはカップルやハネムーナー。子供たちの姿が少ないビーチフロントのプールでのんびりと二人だけの世界に浸れるというわけ。
実にクレバー。


さて、あっという間の滞在。
リゾートの車で空港へと向かいます。
久しぶりのサムイ島。開発が進むほかのアジアンリゾートと比べてまだまだ素朴さが残る雰囲気にすっかり癒されてしまいました。リゾートも想像以上に心地よく、女子ひとり旅にも楽しめることを実感。

インターコンチネンタルのスタッフのみなさん、お世話になりました。


次は心機一転、シンガポールでトランジットを兼ねて気になっていたホテルをチェックです!
by naoko_terada | 2016-02-07 21:40 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.4


b0053082_182610.jpg
愉悦のスパのあとにやってきたのが、エアー・バー。
インターコンチネンタル・サムイのアイコン的なロケーションを独占するとっておきの場所です。

b0053082_048159.jpg

本来はとびっきり贅沢なサンセットが堪能できる場所ですが、残念ながらちょっとくもり空。そのためか、ゲストもまだ少なく、とっておきの席をゲットです。

b0053082_0495397.jpg

普通ならジントニックか泡をオーダーするところですが、今日は趣向を変えておすすめのカクテルをチョイス。その名もサムイ・サンセット・カクテル。地元のラムを使っているとのこと。

b0053082_0525786.jpg

うしろのバーでさっそくスタッフがシェイカーで作りだします。奥にあるのがレセプション棟。この上からも絶景サンセットがのぞめます。

b0053082_054721.jpg

サムイ・サンセット・カクテル。さわやかなパイナップルジュースとグレナデンのグラデーションがきれい。夕日は見えませんが、刻々と表情を変える水平線と空を見守りながら味わいます。心地よい潮風に吹かれ、最高に気持ちがいい。近くのラブシートではカップルがロマンチックなムード。当然ですね。

b0053082_058798.jpg

b0053082_173142.jpg

ゆっくりとあたりが暮れはじめると、少しずつゲストが集まり出しました。リゾートの夜はこれからですね。暗くなるにつれてエアー・バーのライトも色を変化させながらきらめきます。

カクテルを味わいながら、リゾートのゆるやかな時間に身をゆだねる心地よさ。
もう少し、このメロウな気分を楽しみましょう。
by naoko_terada | 2016-01-18 01:10 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.3
b0053082_1962578.jpg

さて、ごはんの次に楽しみなのが、リゾートでのスパ。

ここ、インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートのスパは、Baan Thai Spa by Harnn(バーン・タイ・スパ・バイ・ハーン)。オーガニックな天然植物由来の上質なスパプロダクトで知られるHARNN(ハーン)の直営。こだわりの空間とトリートメントに期待も高まります。

b0053082_181955.jpg
b0053082_1811757.jpg

スパがあるのはリゾートの山側のそれも、一番上。
熱帯の森の中を歩いていくのもいいですが、リゾートスタッフにカートで連れていってもらいましょう。
タイ建築のスパ棟に入ると、柔らかなフレグランスが香り、タイ人スタッフがワイと呼ばれる両手を胸の前であわせる歓迎の礼を示してくれます。チークウッドのフローリングにアンティークな調度品、ベンジャロン焼きのオブジェなどムードもたっぷり。

b0053082_1851367.jpg
b0053082_1852083.jpg

まずはウェルカムハーブドリンクをいただきながら、問診票に記入するいつもの通過儀礼。今日はもう取材もないし、ミディアム程度のプレッシャーでリラックスモードでいきましょうか。

b0053082_18104233.jpg

今回、わたしがお願いしたのが180分間のシグネチャートリートメント、トロピカルサムイ・パッセージ。
トリートメントルームは4室のプライベートルームに1室のタイマッサージ専用ルーム、そしてこの写真のカップルスイートが1室。今回は特別にひとりですがこの部屋を使わせてもらいました。その理由というのが...。

b0053082_18172672.jpg

こちらのカップルスイートに備わったバルネオバスです。
バルネオとはドイツ語で温泉の意味。ドイツではバルネオセラピー=温泉療法という概念で温浴が健康促進に活かされています。
バーン・タイ・スパのこの施設は、真ん中のブルーの陶器から良質のハーブを加えた蒸気がふきあがります。それをたっぷりと吸い込み、あわせて体を温めるというハーバルスチームをトリートメント前に受けます。時間にして約15分。これが思っていた以上に体を浄化させ、内臓から温められ不思議な爽快感。サウナのロウリュのようなものですね。最高に気持ちがいいです!

b0053082_18414493.jpg

シグネチャートリートメントのトロピカルサムイ・パッセージの特徴はココナッツを使うこと。まず砕いたココナッツの実でスクラブ、その後、硬く焼いた殻をくりぬき、そこに温めたお湯を詰めたものでゆっくりとストロークをかけて凝り固まった筋肉をときほぐしていきます。
最後の仕上げに純正のココナッツオイルをつかってじっくりとマッサージ。スチームで温めた体はトリートメント効果の効きめも高く、もうとろとろ。。セラピストもポイントを的確につかみ、緩急いれてのマッサージはかなりのもの。これは連日通いたいレベルです。

b0053082_1854958.jpg

たっぷり3時間、とろとろになったボディはふっくらと柔らかく、そして驚くことにまだ発汗。ハーブスチームの効果を実感します。
ラウンジに移動して温かいハーブティ。これはハーンのオリジナル。ホワイトマルベリーをローストしたハーブティーをチョイス。そこにカモミール&ラベンダーのハーブオイルを一滴たらしていただきます。あわせるのは香ばしいバナナチップス。お茶やオイルなどのハーンのプロダクトはリゾートのブティックで購入も可能。私も仕事先の女子たちにあげるためにいくつか買って帰りました。

ほっとひと息ついて、心身のリフレッシュを楽しみながらも時計をちらり。
もう少しゆっくりしていきたいところですが、あわただしくチェックアウト。急いでカートを呼んでリゾートのメイン棟へ行ってくれるように頼みます。

そう、ここでのトワイライトタイムを逃すことはできませんからね。

b0053082_19377.jpg

by naoko_terada | 2015-12-28 19:09 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
ヒップでクールな、サムイ島のデザインホテル
b0053082_1145655.jpg

オーストラリアのラムや、東京のリッツ・カールトンの記事をアップしていますが、
実は10日ほど前からタイに来ているのです。
ブログの更新回数より取材進行のほうがはるかに速いから、なのでした。

一昨日までは、サムイ島に。
7、8年ぶりに訪れたサムイ島はすっかり人気のリゾートアイランドに変身!
前回に感じた素朴さよりも開発の勢いがものすごく、圧倒されるばかり。
フォーシーズンズもできたりと、今後、
バリ島のようにリゾートのラグジャリー度はさらに進むのではないでしょうか。

そんなサムイ島の最新リゾートのひとつが、
ザ・ライブラリー
デザインホテルズにも加盟するスタイリッシュなリゾートです。
設計はタイ人デザイナーですが、
これがなかなか完成度高し。
サムイ島の中心、チャウエン・ビーチに位置するロケーションも文句なしで、
雑多なチャウエンにおいて、ミニマルなデザイン性が突出してクール。
各部屋には大型フラットスクリーンのテレビにDVD、Macが備わり、
アート感覚あふれる写真集や書籍、各種DVD、CDが用意されているので、まさに
リゾートそのものがライブラリー的存在。
ブロードバンドのインターネットも無料なので、i-podへのダウンロードもOK。
ゲストは部屋やプールサイドなど好きな場所で、好きな音楽を聞き、読書に浸れます。

そして、このライブラリーのアイコン的存在なのが、写真のレッド・プール。
プーケットのアマンプリにブラックタイルのプールがおめみえした時も衝撃的でしたが、
このモザイクのエンジ色のプールもなんとも斬新。
ビーチの向こうのペパーミントブルーの海の色との対比も新鮮で、
またひとつアジアンビーチリゾートの新化形を見た思いです。

オーナーは若きタイ人。
デザイン・ホテルだけれどどこかアットホームなのは、
彼らとそのチームが自ら運営にかかわっているから。
大型ホテルチェーンにはないファミリービジネス的な温かさが伝わってきます。

こういったデザインホテルがサムイに似合うのかどうか。
正直、それはわかりません。
でも、外資系ホテルではなく、地元サムイで育った彼らが手がけるリゾート。
その存在自体は、意義のあるものだと思っています。

オープンしてまだ2ヶ月ほど。
サムイ島のクールでホットなザ・ライブラリーに、注目です。
by naoko_terada | 2007-03-10 01:58 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(11)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム