ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:サムイ島 ( 2 ) タグの人気記事
サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.2
b0053082_19185415.jpg

b0053082_1938065.jpg

インターコンチネンタルサムイ バーンタリンガム リゾートに到着して最初のお仕事ミッションはGMとのランチ。
場所はレセプションフロア階下にある海を臨むアンバー。朝食からディナーまでのオールデイダイニングで、洗練されたタイ料理とフュージョンメニューが味わえます。

オーダーはGMにお任せしました。
まず、最初に登場したのは定番のトムヤムクン。具だくさんでさわやかな酸味と辛さは、ちょっと欧米人向けかな。上品なお味です。

b0053082_19223966.jpg

メインは人気だというマッサマンカレー。こっくりとろみは強め。ココナッツミルクとスパイスの絶妙なまろやかさはさすが。おいしい。

b0053082_19381944.jpg

GMが、「ココナッツウォーターは飲んだことがありますか?」と聞いてきた。
あるけれど、正直そんなに好きではないです、そう答えると。
ニッコリと笑って、「ぜひ、うちのを飲んでみてください。驚きますよ」

はい、驚きました。ビックリ。
こんな美味しいココナツウォーターは飲んだことがありません。
なにやらわざわざ厳選したものを運んできているそう。みずみずしく滋味のある甘みはじんわり染み入れます。これはマストでぜひ、トライしてもらいたい逸品です。

b0053082_194621100.jpg

b0053082_1946328.jpg

b0053082_2015451.jpg

b0053082_2021920.jpg

また、朝食も特筆したい充実内容でした。
インターコンチネンタルはバリ島もそうですが、朝食がなかなかいいのですよね。

b0053082_19495539.jpg

b0053082_19481951.jpg

特にパンは毎日、リゾート内で焼き上げるとあってどれも香ばしくおいしい。種類も豊富です。

b0053082_19501989.jpg

あとで調理場を見せてもらったのですが、どんどんパンやデニッシュ、ケーキなどを焼いていました。

b0053082_19515532.jpg

b0053082_195275.jpg

マンゴーは季節ではなかったのでまずまず。でも、たっぷり食べられるのは南の国のリゾートの特権。焼きたてワッフル、メイソンジャーに入ったヨーグルトなどをあれこれと少しずつ。

b0053082_19555448.jpg
b0053082_1956577.jpg

ヌードルステーションでバーミーナムをオーダー。アンバーの料理長が持ってきてくれました。麺を選べるので春雨にしたらボリュームたっぷりすぎに。
いやぁ、お腹いっぱいです。

b0053082_19575257.jpg

b0053082_1958317.jpg

ファミリーフレンドリーなリゾートなので、幼児用のお皿類もそろっています。また、メープルシロップもトロリとかけやすいように温めるなど、細かいサービス、工夫がされているところに好感が持てました。


b0053082_2024837.jpg

ついでにディナーもご紹介。
これは、アペタイザーのワサビ・プロウン。エビのフリッターですが、ワサビが加えられていて見た目よりパンチのある味。ダイスカットされたマンゴーソースをからめるとエキゾチックな風味が口に広がります。
インターコンチネンタルホテルズグループはCulinary Journey(食をめぐる旅)というガストロノミープラグラムを世界展開中で「食の親善大使(Culinary Ambassador)」に選ばれた7名のシェフのオリジナルメニューをアジア、中東、アフリカ地域のインターコンチネンタル系列のホテルやリゾートで提供。このワサビ・プロウンはそのひとりシンガポールのモダンチャイニーズのサム・レオンシェフのレシピです。

b0053082_20203557.jpg

お供はタイのワイン、モンスーンバレー。すっきりさわやか。

b0053082_20232580.jpg

ディナーのメインはシェフのおすすめのBBQポーク。豚の首回りの肉を醤油、ニンニク、コリアンダーとオリーブオイルのタレでじっくりと焼き上げた香ばしくも味わい深いひとさら。上にはたっぷりのクレソンとヤングアスパラガス、脇にはアボカドディップとクラッシュしたカシューナッツ。これはもう、美味しくないわけがありません。


ということで、アンバーはオールデイで使えるレストランなのでした。
あ、外にはテラス席があります。いつもゲストで混んでいたので写真は撮っていませんが、水平線をのぞむ気持ちのいい空間なので、おすすめです。
by naoko_terada | 2015-12-13 20:34 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.1
b0053082_027591.jpg

久しぶりのサムイ島へ。目的は、こちら。インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへの訪問でした。雨季にかかる直前、少し不安定な気候でしたが、到着したときは美しい青空と海が出迎えてくれました。

b0053082_0321926.jpg

b0053082_0323562.jpg

島の北東にある空港から、西南の海岸線にあるリゾートまでは送迎の車で約45分。プーケットよりも素朴な雰囲気は相変わらず、ヤシの木の密集する山間をヌケながら、到着です。
ちなみに今回はバンコクではなく、シンガポール経由で。シンガポール~サムイ間をシルクエアが運航していて、所要約1時間50分。帰路、シンガポールでちょこっと寄り道の目的もあったのですが、思っていた以上に快適でした。

b0053082_0402130.jpg
b0053082_0402842.jpg
b0053082_0403783.jpg

フロントは解放感たっぷりの半オープンエア。海をのぞむ席に座ってチェックイン。ウェルカムドリンクは涼しげなロゼーラのジュース。最近、これを出すリゾートが増えていますね。さわやかな酸味が好きです。

b0053082_0432568.jpg

フロントをふらりと歩きまわっていたら、あ、ありました。リゾートのアイコン的存在のインフィニティプールとサーラ(東屋)。そう、このリゾート自体は開業20年ほどのサムイ島の老舗。2012年に大々的な改装を施してインターコンチネンタル傘下に。その前のリゾート時にも何度も取材で来たことがあるのですが、このプールはその頃からあったもの。懐かしい。

b0053082_0505276.jpg
b0053082_051784.jpg

今回のお部屋はプレミア・オーシャンビュー。67㎡のゆとりの広さ。写真では少しわかりづらいですが、タイとしては珍しい白を基調に、少しアーリーアメリカンといいますか、カリブ海あたりのリゾートのような。そんなみずみずしい雰囲気に感じました。ベッドは最高にすばらしい寝心地でした。ピローがいっぱいでうれしい。笑

b0053082_165079.jpg

ベッドの上にはこんなギブアウェイ。ポーチの中には歯ブラシやコームなど、バスルームアメニティが入っています。このほかバスローブ、スリッパも完備。でも、艶々と磨きこまれたウッドフローリングだったので裸足が気持ちよく、スリッパはあまり使いませんでした。

b0053082_181335.jpg

バルコニーからの眺望は、どーんとこんな感じ。文句なしのオーシャンビューです。先ほどまでは晴れていたのに、少し曇ってきましたね。

b0053082_110519.jpg

バスルームも広々。ユニークなのは、レインシャワーとバスタブのスペースが一体化しているところ。ベッドボード上のフレンチウインドーを開ければ自然光が入ります。


b0053082_116225.jpg
b0053082_1164926.jpg
b0053082_117093.jpg

このほか、ハネムーナーに大人気なのがビーチフロントプールヴィラ。円形のスパバス、プランジプールなどを備えロマンチック。ビーチやパブリックのプールに面しているのでヴィラからそのままアクセスできるのも人気の理由です。

長期滞在やファミリーにはリゾートの後ろ側、山の斜面に作られた1~3ベッドルームのパビリオンスイートやファミリーヴィラが人気とのこと。残念ながらこちらは満室で見ることはできませんでした。

というところで、そろそろランチ。
なんと、同伴してくださるのはGM...(汗!)
by naoko_terada | 2015-11-09 01:31 | トラベル | Trackback | Comments(2)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム