ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:オリンピック ( 2 ) タグの人気記事
盛り上がるオリンピック 発祥の地 ギリシア・オリンピア


盛り上がるオリンピック 発祥の地 ギリシア・オリンピア_b0053082_5395352.jpg

ブラジル・リオのオリンピックもいよいよ佳境。
寝不足の人も多いことでしょう。

そんな時期なので、ギリシア・オリンピアをさっくりとご紹介です。
ギリシャのペロポニソス半島という場所にあるオリンピアは古代ギリシアの都市。名前からもわかるようにオリンピック発祥の地として知られています。現在は世界遺産に登録されています。

盛り上がるオリンピック 発祥の地 ギリシア・オリンピア_b0053082_542317.jpg

ギリシャを代表する観光名所となっていて、大勢の観光客が訪れます。特に夏のシーズンはクルーズ客も多く、私もそうでした。雲ひとつない青空、乾燥した平坦な土地に古代の都市遺跡が広がります。

盛り上がるオリンピック 発祥の地 ギリシア・オリンピア_b0053082_5451575.jpg

もともとオリンピアは神々の王となったゼウスの聖地としてあがめられてきました。オリンピックもゼウスをたたえる祭典として始まったとされています。ゼウス神殿など多くは崩壊したまま、柱や壁が残るだけというものもありますが、これらが紀元前に建てられたものかと思うと感慨深いです。

遺跡のハイライトのひとつが、ここヘラ神殿。

盛り上がるオリンピック 発祥の地 ギリシア・オリンピア_b0053082_548922.jpg
盛り上がるオリンピック 発祥の地 ギリシア・オリンピア_b0053082_5481879.jpg

ヘラはごぞんじゼウスの妻。
でも、実は姉でもあるというビックリな関係。
英語ではジュノーと呼ばれ、結婚の女神としても知られています。ジューン・ブライドもここからきています。

そして、ここがオリンピックの聖火が点灯される場所となっています。
オリンピック開催年には、古代ローマの衣装をつけた女性たちが太陽光を集め、聖火をともします。
2020年の東京オリンピックのときに燃え上がる聖火もここから運ばれてくるわけです。

盛り上がるオリンピック 発祥の地 ギリシア・オリンピア_b0053082_60015.jpg

遺跡の周辺にはオリーブの木々がたわわに実をつけて茂っていました。オリーブはまた、ゼウスの象徴。勝者の頭上を飾る冠がオリーブでできているのにも必然性があるわけですね。

リオのオリンピックも残すところ数日。
21世紀のオリンピアンたちの雄姿を、最後まで応援し、見守りたいと思います。
by naoko_terada | 2016-08-20 06:12 | トラベル | Trackback | Comments(0)
ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!
いよいよ、オリンピック開幕直前。
日本での注目も急速に高まってきたのが、ロンドン。
今年の夏は、オリンピックにあわせてロンドンへ行く観光客数も多く、
ツアー予約も好調。

昨年からフランスを抜いて、観光客数で世界No.1となったロンドン。
それだけに、幅広い宿泊施設が整い、今でもまだ予約可能なホテルも多数。

現地ロンドンでのオリンピック観戦、これからでも、遅くありません。

ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_16431246.jpg
ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_16434114.jpg
ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_16435180.jpg

そんな、活気あるロンドンの中でも、一番、注目されているのがイーストエンド。
つまり、ロンドン東部です。

イーストエンド界隈は古くから倉庫、工場などが集まったエリア。
労働階級者の街であり、また、エスニックタウンでもあります。
通りには英文とあわせてアラビア語(かな)の表記。
ストリートには、戒律にのっとった調理法がなされたハラルフードの専門店や、ケバブや、インド、ギリシャ、アフリカなど多国籍な庶民派レストランや、モスク、ユダヤ教会などがひしめきます。
上の写真は大通りのホワイトチャペルロードからオズボーンストリートに入った先に続く、ブリックレーン界隈。

ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_1650266.jpg
ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_16503247.jpg
ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_16505530.jpg
ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_16505240.jpg

そんなイーストエンドですが、ここ10年ほど、ノッティングヒルなどウエストエンドの家賃が高騰したことなどがあり、若手デザイナーやアーティストなどが倉庫街を活用したオフィス、セレクトショップなどを続々とオープン。最先端スポットに。
そして、オリンピックのメインスタジアムがさらに東部にできたことで、その開発は加速。
観光客の流れも変わるほどの勢いになってきました。

実際、歩くとオシャレな店やカフェが多く、マーケットなども開催され、
ショッピング&ダイニングに楽しい!
ボンドストリートや、リージェントストリート、オックスフォードストリートなどのいわゆるウエストエンドのような高級感、スノッブさは皆無ですが、ロンドンの異なった表情が見えて面白い。

ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_1656784.jpg

ElevenとEleven and Half。
かつて、ひとつの邸宅だった場所を二つに分けたため、こんな住所も。
ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_16561965.jpg

Past and Present。
古さと新しいものが同居するロンドン。
地下鉄を活用しながらの散策がやっぱり、楽しいですね。

ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_17185517.jpg
ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_1719384.jpg

アートギャラリーも多く、これは代表的なひとつ。
ホワイトチャペル・ギャラリー
1901年にスタートした歴史ある施設で、ジャクソン・ポラック、ピカソなどからエスニックアートまで。幅広い展示を行い、現在は、The Story of the Government Art Collection展を9月2日まで開催しています。

ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_17315287.jpg
ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_1732323.jpg

レンガの工場や、石畳、ビクトリア様式の家など昔ながらの雰囲気と、最先端の息吹を感じるショップなどをひやかしながら、こちらも開発されてリフレッシュした人気スポット、スピタルフィールズへ。
マーケットで有名ですが、かわいいカフェやテラス席が心地よいワインバー、ショップなども充実。

ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_17363074.jpg
ロンドン・オリンピック直前!旬なイーストエンドへ!_b0053082_17364087.jpg

今回、わたしたちの引率をしてくれたのは、公認ガイドのパメラさん。
ブルーのバッジは、厳しい試験にパスしたプロフェッショナルなガイドのあかしです。
彼らは、それぞれ得意とするものがあります。
日本人ガイドや、日本語OKのガイドさんもいらっしゃるので、普段とは異なる観光案内を、という場合は、ぜひ活用してください。
料金は英語ガイドの場合で、半日136ポンド(約1万7000円)~、1日211ポンド(約2万6000円)~。
グループやファミリーで頼めば決して高くはないと思います。


かつて、ペットショップボーイズが、
「ウエストエンドはこの世の終わり」と唄ったのは、過去の話。


今夏、ロンドンに行ったらマストゴーの最新エリアが、ウエストエンドです。
by naoko_terada | 2012-07-24 17:55 | トラベル | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム