ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2019年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ヤフーニュース「一生に一度は滞在してもらいたい」プロ目線で選ぶ今年のベストホテル
ヤフーニュース「一生に一度は滞在してもらいたい」プロ目線で選ぶ今年のベストホテル_b0053082_19065144.jpg
ヤフーのオーサーとして今年最後の記事を公開しました。
ひとつ前が、こちら。

記事のほうでじっくり書いていますが、答え合わせをすると国内のベストホテルはハレクラニ沖縄 、海外はラッフルズ・シンガポール を選んでいます。

ハレクラニ沖縄はまだ開業して半年ほどですが、新しい沖縄のラグジュアリーを牽引する存在だと思いました。
とにかくロケーションとデザイン性がステキです。ロビーからの水平線の美しさは泣きたくなるほど感動的でした。

ヤフーニュース「一生に一度は滞在してもらいたい」プロ目線で選ぶ今年のベストホテル_b0053082_19071010.jpg
シンガポールのラッフルズはアジアを代表するクラシックホテルですが、2年半をかけたリニューアルからの再開でした。

ヤフーニュース「一生に一度は滞在してもらいたい」プロ目線で選ぶ今年のベストホテル_b0053082_19073097.jpg
さすが、と思わせるエレガンスの極致。色あせない優美さが素晴らしかった。
ヤフーニュース「一生に一度は滞在してもらいたい」プロ目線で選ぶ今年のベストホテル_b0053082_19080472.jpg
ヤフーニュース「一生に一度は滞在してもらいたい」プロ目線で選ぶ今年のベストホテル_b0053082_19075464.jpg
往年の宿泊ゲストの写真を飾ったアーカイブコーナーも復活。以前の総支配人にインタビューした際、英国エリザベス女王は「まるで我が家のよう」とくつろいだそう。若かりし頃のデビッド・ボウイも楽し気です。

ヤフーニュース「一生に一度は滞在してもらいたい」プロ目線で選ぶ今年のベストホテル_b0053082_19074386.jpg
そして驚いたのが名物シンガポールスリングが変わったこと!これは記事をどうぞお読みください。

まもなく2019年が終わります。
海外でリフレッシュされている方、実家で家族と団らんの方、都心で仕事をしたりといつもと変わらない時間を過ごしている方など、さまざまいらっしゃることでしょう。
どこにいても、どんな思いでも。
みなさんが心おだやかに年を越し、2020年を迎えることを願っています。

来年も元気に会いましょう。
みなさんにすばらしい一年が訪れますように。



by naoko_terada | 2019-12-31 19:35 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
「自由人」2020年2月号 「私のおすすめローカル・ガストロノミーの店」
「自由人」2020年2月号 「私のおすすめローカル・ガストロノミーの店」_b0053082_19014878.jpg
日本の食をはじめとした風土、自然環境、くらしをテーマに毎号、個性ある特集を掲げる雑誌「自由人」 。ただいま発売の2020年2月号は「発酵食と保存食」がテーマです。その中の特集のひとつ「私のおすすめローカル・ガストロノミーの店」で、ローカル・ガストロノミーの潮流について書かせていただきました。
もちろん大好きなおすすめの店も掲載しています。

ほかに輪島塗師の赤木明登 さん、タベアルキストのマッキー牧元 さん、ジャーナリスト森枝卓士 さんという食・文化に精通した賢者のみなさんたちがとっておきの店を挙げていらっしゃるので、ぜひ参考にしてみてください。

メインとなる「発酵食と保存食」の各記事、特集も読みごたえがあります。
春から秋にかけて収穫した魚や野菜などを塩蔵したり、乾燥させたり、発酵させたり。そうやって大切に保存したものを長い冬の間、食べつないでいく。
栄養が偏らず、飽きることなくさまざまな調理法、保存方法を駆使して、家族においしく食べてもらいたい。発酵食や保存食にはそんな、思いがこめられているように思います。

私もパラパラとめくりながら、来年行きたいお宿、レストランなどをチェック中。
季節を切り取った美しい写真とあわせてお楽しみください。


by naoko_terada | 2019-12-29 19:28 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
「増補版 フランスの美しい村を歩く」出版とトークイベントのお誘い
「増補版 フランスの美しい村を歩く」出版とトークイベントのお誘い_b0053082_12302331.jpg

ようやく全国の書店に顔を見せるようになりました、最新著書「増補版 フランスの美しい村を歩く 」。おかげさまで多くのフランスを愛する方、ちょっと個性的な海外旅行をとお考えのみなさんに手にとっていただいているようです。

増補版ということで2016年に出版した「フランスの美しい村を歩く」にさらに新しく5つの村を加えたものとなっています。新規取材の5つの村以外は2016年版と一部を除き同じ記述、村の紹介ですがアクセスなどは最新のものを念入りにチェックし、アップデートしています。読み物としては2016年版でも問題ありません。でも、これから実際に村をめぐりたいと思っていらっしゃるのであれば増補版のほうがお役にたつはずだと思います。

また、ちょっと先ですが出版を記念したフランスの村についてのトークイベントを開催します。
場所は銀座 蔦屋書店(予定)、日時:2020年1月24日(金)(予定)、時間:19:00~(予定)

同じシリーズで「フランスの一度は訪れたい村 」を執筆されたフランス通のトラベルライター坂井彰代さんと一緒にフランスの村の魅力をお話しさせていただきます。村をめぐるベストシーズンの夏を前に旅行を計画されている方の参考にもなるかと思います。
内容などはこれから詰めるので変更が出るかもしれませんが、Save the Date としてお伝えします。詳細決まったらまたこのブログかSNSでおしらせさせてください。

2年前の12月は一ヶ月かけた南米旅の際中でした。時間はあっというまに経ちますが、旅の記憶は不思議と薄れません。みなさんとそんな旅の思い出を語り合える時間になればと思っています。



by naoko_terada | 2019-12-02 12:52 | トラベル | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム