ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0302570.jpg

今年の7月。小笠原に行ってきました。
ちょうど、19年ぶりに東京・竹芝桟橋~小笠原・父島の定期航路船おがさわら丸が2代目から3代目に交代。ピッカピカの真新しい新造船での船旅です。
3代目となる新おがさわら丸は2代目よりも大型になり、その分、客室&施設の快適性がアップ。さらに片道25時間半だった所要時間も24時間に短縮されました。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0414868.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_042049.jpg

竹芝桟橋からの出発は11:00。
世界遺産に登録されている小笠原は生態系の保全が厳しい島です。乗船する前、みんな外来種を駆除する消毒マットの上を歩いて通ります。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0492950.jpg

出航までのしばしの時間、甲板などをうろうろ。
空港のない小笠原ではおがさわら丸は島の生活のためのライフライン。多くの荷物が積みこまれます。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_052254.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0521190.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0522195.jpg

まもなく出航、というときに何やら見慣れないゆるキャラ?が。
小笠原のキャラクター、おがじろうだそうです。苦笑

汽笛が大きく鳴り響き、ゆっくりと岸壁を離れるおがさわら丸。
関係者、見物のみなさんが手をふってくれます。24時間の船旅のはじまりです。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0552560.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0553523.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0554416.jpg

東京湾をゆっくりと進みます。
レインボーブリッジをくぐれば、東京湾から浦賀水道へと進み、あとは一路、父島を目指して南下。その距離、およそ1000キロ。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_111621.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_113348.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_115335.jpg

ということでさっそく船内探検。
新造船だけあり、いやぁ、ホントどこもきれい。かつオシャレ。案内表示もていねいです。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_121541.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_122145.jpg

まずは客室。
今回、行きは2等寝台、帰りは特2等寝台を予約。
フロアごとに小笠原の鳥や魚のアイコンがあり、間違わないような配慮が。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1244640.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_125466.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1251974.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1252897.jpg

こちらが2等寝台。
二段ベッドになっていて女性専用ルームがあります。個室は身長157cmのわたしには問題なし。男性はどうでしょう。枕、薄手の掛布団、シーツ完備。照明、コンセント、エアコンの代わりの小さな送風口があります。カーテンを閉めればプライバシーもほぼ完璧。下のベッドには荷物や靴を収納するスペースもあります。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_144068.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1441716.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1442943.jpg

そしてこちらが特2等寝台。2等は内側ですが特2等は海側。まあ、これはあまり関係なかったです。寝具もより本格的。
一番の違いは各自にテレビがあること。外洋で電波が届かない間は映画、小笠原の自然環境のビデオなどを流しています。帰りはこれで時間つぶしをしました。笑

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1472910.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1474454.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_148221.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1483277.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1485126.jpg

共有設備もきれい、かつ最新。
トイレ、洗面、シャワーはそれぞれ分かれています。もちろん男女別。
トイレはウォシュレット。個室内のベビーチェアのほか、外にはおむつ替えベッドも。シャワーにはボディソープ、シャンプーインリンスも備わっています。外にはヘアドライヤーも。どれも気持ちよく使えました。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_194497.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_195387.jpg

売店「ドルフィン」。
以前の売店は小さく、商品の種類も少なかったのですが今はお土産からスナック、ビールなどのドリンク類に雑誌&書籍、日曜雑貨などなかなかの充実度。個人的にはコンビニのような淹れたてのコーヒーが味わえるのがありがたかったです。
そして、ドルフィンだけどペンギンが。そう、ここはスイカ決済ができるのです。便利~。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1541059.jpg

これは冷蔵コインロッカー。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1561337.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1562429.jpg

貴重品を入れるロッカー、大型のスーツケースなどを置くスペースもあります。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_20263.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_20368.jpg

禁煙室、かわいいイスが置いてあるパブリックスペースなど。24時間という船旅を個々で楽しむための空間作りになっています。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_222432.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_223637.jpg

そして、航海中のおたのしみがごはん。レストラン「父島」は一ヶ所。朝、昼、夜を提供します。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_210102.jpg

夕食に選らんだのは、「おが丸島塩ステーキセット」1480円。それに白ワインのミニ700円。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2111961.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2113074.jpg

朝食は並んでいるものを各自、自由に取って選ぶシステム。わたしは、ご飯(小)、みそ汁、焼きサバ、小鉢2品で計1000円なり。レストランもスイカ決済OKです。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_248574.jpg

もうひとつの飲食施設が、展望ラウンジ「母島」。窓の外に水平線をのぞむとっておきのスポット。軽食からドリンク、アルコールにおつまみなども用意。売店で買ってきたものをここで食べる人たちも多くいらっしゃいました。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_214837.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2141739.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2142763.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2143713.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2145548.jpg

売店もレストランも開いていない時間に小腹がへったら。
そんなときのために自販機もバッチリ。いろはす130円、コーラ160円、氷結160円、350ml缶ビール240円、ロング缶310円と良心的なプライス。お湯、冷水などもいつでも利用できます。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2221621.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2201150.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2202211.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2203542.jpg

そんな感じで船内をうろうろ、缶ビールをくぴくぴしている間も船はおだやかに進み、伊豆大島、八丈島沖を通り過ぎます。いつ頃、どこを通過するかなどの情報も船内で知ることができるので、そのたびにデッキに出てみます。この日は本当に静かで船酔いは一切なし。ゆっくりと陽が傾くのを見つめます。
ちなみに外洋に出ると船内はネットがとぎれます。唯一、八丈島沖に近づくとかろうじてキャッチすることができました。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2244128.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2245635.jpg

太陽がストンと水平線に沈む。
その後にはドラマチックな夕焼けが空一面をおおいます。
ふと、うしろを振りむくと丸い月がゆるやかにのぼってきている。
360℃に広がる大海原ではあたりまえのことも、大いなる感動をもたらします。

潮風を感じながら、ゆっくりと船は南へと進んでいきます。
by naoko_terada | 2016-09-20 02:35 | 日本 | Trackback | Comments(0)
優しい人たちが集まる場所 山口・円座と竹部徳馬さんの灯りこぼれる作品
もう、7、8年ほど前。
いきなり、初めて電話をしたときのこと。


優しい人たちが集まる場所 山口・円座と竹部徳馬さんの灯りこぼれる作品_b0053082_23194221.jpg

「もしもし、えっと、東京でライターをやっている寺田ともうします」

「はぁ?」

「はい、えーっと、東京からかけています。実はですね、そちらのリュースを記事にしたく...」
※リュースに関しては→コチラを。

そんな会話がここ、山口・小郡にある円座との出会いのきっかけでした(当時はライフという名前でした)。
電話に出てくれたのはぶっきらぼう、だけど実はとってもウォームハートな持ち主の圭一郎くん。彼は息子さんで、当時はお店の店長。今では一児のパパ。ナイスガイです。
以来、今ではおうちにお泊りさせてもらうほど、もはや家族に近い大好きな関係をありがたくも頂戴する大好きな場所。

優しい人たちが集まる場所 山口・円座と竹部徳馬さんの灯りこぼれる作品_b0053082_23255513.jpg

以前は北欧雑貨の専門店でしたが、ここにきてお店の形態が少し変わりました。
よりニュートラル。和も洋も含め、気持ちのいい場所であること。それに昇華してきたように思います。真っ白な清潔感ある店舗は、デンマーク仕様のデザインハウス。オーナーである藤井さんは実はデザイナー。山口デンマーク協会の代表でもあります。

優しい人たちが集まる場所 山口・円座と竹部徳馬さんの灯りこぼれる作品_b0053082_23275348.jpg

優しい人たちが集まる場所 山口・円座と竹部徳馬さんの灯りこぼれる作品_b0053082_2328255.jpg

下階はより、生活をちょっとステキにするセレクトアイテム。
そして、2階はランチをいただける隠れ家的なブックカフェに。最近はフラワーアレンジメントやクラフト体験などのワークショップをやっていて、ちくちく大好きな奥様、女性たちに大人気。

優しい人たちが集まる場所 山口・円座と竹部徳馬さんの灯りこぼれる作品_b0053082_23344447.jpg

わたしの「フランスの美しい村を歩く」もちゃっかり置いてもらってます。

優しい人たちが集まる場所 山口・円座と竹部徳馬さんの灯りこぼれる作品_b0053082_23302011.jpg
優しい人たちが集まる場所 山口・円座と竹部徳馬さんの灯りこぼれる作品_b0053082_23302895.jpg

お料理は私が大好きな奥様であるTさんの手料理をベースにした家庭的なメニューが不定期に日替わり・月替わりで味わえます。いいんですよ、これがほっこりと美味しく。

優しい人たちが集まる場所 山口・円座と竹部徳馬さんの灯りこぼれる作品_b0053082_23373994.jpg

優しい人たちが集まる場所 山口・円座と竹部徳馬さんの灯りこぼれる作品_b0053082_23375057.jpg

そして、今、円座がコラボレートしているのが山口在住の木工アーティスト、竹部徳真さん。

赤松を極限まで薄くくりぬいて作る彼の作品は、灯りをともしたときに真価を発揮します。
やわらかく、でも存在あるきらめきは、どれも同じものがひとつとしてないまさにワンアンドオンリー。心をぬくませる温かみをたたえています。

そんな大好きな場所へ、人に会うために明日、山口へ。
この8年ほど成長を見てきたお嬢さんであるMちゃんの結婚式にご招待いただきました。
学生だったときから明るく愛らしい彼女でしたが、就職をして芯のある前をまっすぐ見つめるステキな娘さんになりました。お婿さんはずっとおつきあいしてきた彼。
彼女の新しい人生を祝うため。
ご両親と共に祝福にうかがいます。
by naoko_terada | 2016-09-09 23:50 | 日本 | Trackback | Comments(0)
台風に揺れる日本、生産者・産地を想う
台風に揺れる日本、生産者・産地を想う_b0053082_1015863.jpg

台風が連続して上陸した北海道。冠水などで多数の農業被害が出ています。
北海道だけではなく、日本各地でも大小さまざまな形で。

先日、台風9号が過ぎた直後。
成田空港から東京へ戻るN'EXの車窓からは強風でねこそぎ倒れた稲と田んぼが続き、痛々しかった。刈り取る間際のたわわに実った姿が余計にやるせない。千葉では過去10年なかった被害とのことです。

春、田んぼに水がはられ、田植え。
若々しいグリーンの早苗からしっかりと成長した姿を見せる盛夏。
そして、黄金色に首をたれる稲刈りの季節。
空港へ向かう際、四季折々の日本の田園風景はわたしはもちろん車内にいる海外からのお客様たちをも感動させるものでした。
それゆえに、延々と続く稲の倒伏は涙が出るほどつらかった。

農作物の被害は当然、価格高騰や品不足による生活・ビジネスへのしわ寄せを生みます。
何よりも手塩にかけて育ててきた生産者に甚大な影響をもたらします。

台風に揺れる日本、生産者・産地を想う_b0053082_10373491.jpg

ここ数年、地方を旅することが増え、全国で生産地・生産者のみなさんのもとを訪問する機会も増えました。

昨年10月、青森を訪れたときのこと。

収穫直前の真っ赤なリンゴが実るあたり一面の畑を見るのは圧巻でした。
リンゴは太陽の光を受けることで赤くなっていきます。まんべんなく果皮を赤くするために根本に銀色の反射シートを敷くなど、手間ひまがかかっています。また、受粉・摘果など多くの作業が手仕事です。
青森で採れたてのリンゴをむいて食べさせてもらったとき、今まで食べてきたものとこんなに味が違うのかと驚愕したほど。
それほどみずみずしくおいしかった。

そんな訪問直前に県内を爆弾低気圧が発生、多数のリンゴが落下。キズもの、腐るなどの被害が出ました。こうなるとジュースやジャムなどの加工品にしか使えず、買い取り価格は極端に落ちます。
どんなにやるせないことか。

岩木山をのぞむ、弘前のりんご公園を訪れた際、下に落ちているリンゴをひとつひとつ丁寧にひろっている作業員の方の姿が印象的でした。生活の糧であるのはもちろん、大切に育ててきたこどものような存在なのかもしれません。

米作でも、リンゴでもワイン造りでも、もちろん漁業も。私たちのもとに届く美味しく高品質な食べ物はすべて生産者のみなさんの多くの労働と情熱が支え、生み出したもの。現場でそれを見ることで、食卓にのぼる料理、あるいはスーパーで手にする野菜や果物や魚を適正価格で買う意味、ムダなくきちんといただくことの大切さをじんわりと感じるようになりました。
それ依頼、消費者として意識を持って選び取ることをこころがけています。
値段の背景にある手間ひまを思い出しながら。

「食育」とはこどもたちだけのものではなく、実は大人にこそ必要なことかもしれません。
by naoko_terada | 2016-09-06 12:04 | 日本 | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム