ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
明治村探訪 ~旧・帝国ホテル中央玄関~
b0053082_3135466.jpg
b0053082_3141269.jpg

フランク・ロイド・ライトが設計した旧・帝国ホテルは、明治村の一番奥にあります。

移築されたのは、ホテルの中央玄関部分。
老朽化したため、昭和42年(1967)にホテルの新館への建て替えが決まり、翌、昭和43年に解体。
明治村への移築は昭和51年(1976)から行われ、
見学が開始したのは、昭和60年(1985)。
なんと、実に解体から17年の歳月をかけて、よみがえったわけです。
移築工事の総費用はおよそ17億円!

平成16年には、登録有形文化財に指定されています。


日比谷にある姿をイメージしながら、ゆっくりと近づきます。
大谷石とテラコッタのレンガのエントランスに出迎えられて、中へ。
ここをどれほど多くのゲストたちが、行き来したのでしょうか。

b0053082_3292029.jpg
b0053082_3293375.jpg

入口を入ると、左側にレセプションが。
ここも大谷石を使用。
ルームキーを入れるボックスと、奥に鎮座した大きな金庫が目につきます。

b0053082_3381879.jpg

b0053082_3373049.jpg
b0053082_3374011.jpg

b0053082_4141250.jpg

玄関を入ると、ホワイエがあり、その先に3階まで吹き抜けになった中央メインロビーが広がります。
ここを基点に両脇にラウンジ、客室棟が続きます。
写真のサーモンピンクのカーテンの奥にかつてはダイニング、シアターなどがありましたが、明治村にはこのロビーのみが移築されているだけ。
全館、残されていたらさぞや圧巻でしょう。

みごとなのは、吹き抜けをつらぬく、「光の籠柱(かごばしら)」。
幾何学模様が彫刻された大谷石、複雑に配されたテラコッタ、スクラッチタイルが重なりあいます。
暗くなると、この中に灯りがともされ、透かした空間から漏れる光の陰影がロビーを演出したそう。なんともドラマチックな意匠です。

b0053082_3575077.jpg
b0053082_358472.jpg

b0053082_3594612.jpg
b0053082_3595856.jpg
b0053082_402432.jpg

そして、ライトの妥協のないこだわりの設計をみごとに再現したのが、
当時の職人たちの技。

窓ガラスにはめこまれた色ガラスは、透明な部分よりもやや薄い板ガラスを二枚あわせた中に金箔を入れるという仕事の細やかさ。
しかも、両面から美しく金箔が見えるように、両方のガラスにうるしで金箔を貼りつけ、それを背中合わせにおさえてあります。

やわらかい光を投げかける照明の細工は、
銅版を一枚づつ職人がカットして仕上げたもの。
自然光がそそぐ天井の意匠も、すべて職人の手作業で作られています。

どれだけこだわればいいの、と思うほど。
想像していた以上に、旧帝国ホテルの建築美様式は複雑で、印象に焼きつきます。


b0053082_4152230.jpg
b0053082_4153679.jpg
b0053082_4154967.jpg

ロビーから両サイドにラウンジが。
ひとつはご婦人用の休憩室だったようです。
このハレの場所で、大正マダムたちはどんな会話を楽しんだのでしょうね。

手前には六角形のデザインがモダンな椅子が。
これもライトの手がけたものです。
しかも、これすべてオリジナルです!
見学に疲れた観光客が気軽に座ったりしているので、ちょっとびっくり。
でも、椅子は座るためにあるのだから、いいのかも、なんて思ったりもします。


b0053082_4261278.jpg

両脇の隠されたように配された階段を上り、2階へ。
現在は、3階までは行くことができません。
中央にライトの写真が。
これは、かなりお年を召してからのものですね。
300万円だったホテル建築費用が、完璧主義の彼のこだわりによって3倍にはねあがったことが原因で、オーナー陣と決裂。完成を見ずにアメリカへ戻ってしまいました。
その後、劇的なでできごとがあって、和解するのですが、それはまた後ほど。


館内は説明がされているので、きままに見学するのもいいですが、
ボランティアのガイドの方が数人いらっしゃり、
ちょっと人数が集まると随時、解説を始めてくれるのがフレキシブルでありがたいです。


通常ならば20~30分程度で見学できちゃいますが、
今回はじっくりと1時間ほどをかけて見学。

でも、まだミッションは終わっていません。
ハイライトまでは、まだ時間があります。

まずは2階にある喫茶で、ひとやすみです。

b0053082_435097.jpg

by naoko_terada | 2011-08-29 04:38 | 日本 | Trackback | Comments(0)
星野リゾート×ベネッセ しまじろうと裏磐梯で夏休み!④

午前中のレンゲ沼ウォーキング&しまじろうとのスイカ割を終えて、
いったん、ホテルに戻りランチ。

ひとやすみ後は、川遊びです!
これもナチュラル・ビズさんご自慢のこどもたちに大人気のアウトドアアクティビティです。


b0053082_1222526.jpg

ホテルから再び、バスにゆられて30分ほど。
国道115号線沿いの高森川のゆっくりとした流れのポイントが、ツアーのフィールド。
ライフジャケット、濡れてもいいウォーターシューズを身につけて川へと向かいます。

b0053082_1241140.jpg

この日の午後もお天気がよく、
グループは二手に分かれて、ガイドの指導のもと、川辺の虫や魚たちを観察することに。

b0053082_1252727.jpg
b0053082_125544.jpg
b0053082_126554.jpg
b0053082_1262449.jpg
b0053082_1264617.jpg

観察キットを渡されて、生物がいそうな石の下などを探ります。

こどもだけでなく、お母さんたち、お父さんたちも夢中。
見つけた虫などをみんな、キラキラと目を輝かせて見つめます。

b0053082_1315310.jpg
b0053082_1321025.jpg
b0053082_132205.jpg
b0053082_1324089.jpg
b0053082_1325145.jpg
b0053082_133211.jpg
b0053082_1332571.jpg
b0053082_1333639.jpg
b0053082_1334717.jpg

そのあとは、少し流れのある場所での水遊びです。
小さいこどもたちは、浮きボートをスタッフに押してもらっておおはしゃぎ。
ちょっと大きいこどもたちは、川面に浮かんで漂うテクニックを教えてもらいチャレンジ。

遊びって、こどもたちの個性が出るものなんですねぇ。
おっかなびっくり挑戦する子もいれば、
まったく怖いもの知らずの表情で満喫する子も。
でもみんな、冷たくて気持ちのいい清流と戯れて、大満足の様子。

b0053082_1413027.jpg

ベネッセのスタッフたちとの距離も、ぐんと近くに。


こどもたちの笑顔にわたしも癒されましたが、
それにしても、一緒に走り、動きまわって、さすがにへろへろ(笑)。

いやぁ、子育てってホント、大変ですね。

全国のお父さん、お母さんたちはこうやって、毎日、がんばっているのですね。

おつかれさまです!
by naoko_terada | 2011-08-26 01:10 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)
「クラブオーストラリア」豪大使館庭園にて岩手県田野畑村の観光復興支援ワインパーティー開催!

先日のブログでお伝えしましたクラブオーストラリアによる、
豪州大使館庭園ですのチャリティワインパーティの内容が決まりました。
知り合いのみなさんにお願いして、ステキな賞品もご用意させていただきます。

ぜひ、ご参加ください。



以下、クラブサイトからの転用です。



皆様、残り少ない夏休みをいかがお過ごしでしょうか? ご家族とご旅行や里帰りをされていらっしゃる方、また復興支援のために被災地でボランティア活動をされている方、また勉強や仕事で忙しくお過ごしの方など様々な夏の終わりをお過ごしのことと思います。

さて、クラブ オーストラリアでは、オーストラリア大使館のご厚意により、4月に実施予定だった大使館で開催するイベントをこの時期に変更し、ワインパーティーという形で開催させていただくことになりました。

当日は、素敵な賞品が当たるラッフルくじ(全額寄付の慈善くじ)を実施し、イベント参加費の一部とともに、岩手県田野畑村の震災復興支援金として寄付させていただきます。
初秋の休日を、美味しいワインを片手に楽しくおしゃべりしながら楽しい時間を過ごしませんか。皆様のご参加をお待ちしています。10種類以上のオーストラリア・ワインとフィンガー・フードを、お楽しみいただきます。
宿泊券などさまざまな賞品が当たるラッフルくじのほか、ミュージシャンによるスペシャル・ライブなども予定しています。

日時:2011年9月17日(土)

時間:16:00~18:00(15:15開場予定)
地図
会場:オーストラリア大使館中庭(港区三田2-1-14) 南北線、都営大江戸線:麻布十番 出口2番
*雨天の場合、屋内で開催

参加費:会員 5000円、大学生 3500円
*非会員は新規会員として別途、入会金1000円が必要です。

定員:180名

受付締切:先着順、定員になり次第締め切らせていただきます。

協力:オーストラリア大使館、オーストラリア政府観光局

協賛・出展(順不同):ラッフルにご協賛いただいた皆様をご紹介いたします。

内容:10種類以上のオーストラリア・ワインとフィンガー・フードを、お楽しみいただきます。 宿泊券などさまざまな賞品が当たるラッフルくじのほか、ミュージシャンによるスペシャル・ライブなども予定しています。



【申込方法】

1)大使館のセキュリティー管理上、サイトに記載された専用申込フォームに入力し、ご送信下さい。事務局で確認が出来ますと振込方法などの詳細を記載した確認メールが届きます。

専用申込フォームが使用出来ない場合は、事務局に参加者全員の氏名(漢字及びローマ字)、電話番号、メールアドレスをメールでご連絡下さい。

2)お申込み後、 参加費を以下指定の口座にお振り込み下さい。2名様以上をまとめてご入金頂く場合はメールまたはTELにて御名前をお知らせください。

※参加費の入金が確認できた時点でお申し込み完了となります。

【振込先のご案内】

①ゆうちょ銀行口座
●ゆうちょ銀行口座間の振替
口座番号:00130-9-318564
口座名 :クラブ・オーストラリア

●他の金融機関から振込み
店名  :019(ゼロイチキュウ)店
預金種目:当座
口座番号:0318564
口座名 :クラブ・オーストラリア

②西武信用金庫
店名  :001
口座番号:2041103
口座名 :クラブ・オーストラリア

※ゆうちょ銀行にお振込頂く場合、ゆうちょ銀行から振込んだ場合は、ゆうちょ銀行から当クラブへの通知が振込後の2~3日後、また他金融機関から振り込んだ場合は、通知が振込後約1週間かかりますので、ご注意下さい。


お問合せ先

クラブオーストラリア事務局
電話: 03-5345-5528

by naoko_terada | 2011-08-24 01:29 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)
思いたっての夏休み。ずっと行きたかったあの場所へ。



b0053082_192378.jpg

ずうっと走り続けているような感覚で日々、こなしていましたが、
ここにきて、ちょっと息切れ。

とりあえずやるべきことを終えて、急きょ、夏休みをとることに。
なんとか捻出して、3日間。

それが、先週のこと。


どこに行こうか、と思ってもなんといってもお盆の超ど級のピーク時。
涼しいところがいいと思い、北海道なんてエアを検索しても無理。
好みのホテルも空き室なし(涙)。

といって、海外にまで行く気分でもない。

で、飛行機じゃなくて新幹線を調べたら、意外に空席が。
今年はずらして遊びに行かれる人も多かったのでしょうか。
(それにしても、JRの空席案内はなんで24時間対応しないのでしょう)。



そこで、ふと思ったのが上の写真の場所。
金のシャチホコが雄々しい。

もう、おわかりですよね。


でも、目的はこのお城ではなく、こちら。

b0053082_19152871.jpg

一度、この目で見たいとずっと願っていたもの。

フランク・ロイド・ライトの傑作。
大正12年(1923)に誕生した、旧帝国ホテル。


場所は、そう、明治村です。
by naoko_terada | 2011-08-22 19:23 | 日本 | Trackback | Comments(0)
星野リゾート×ベネッセ しまじろうと裏磐梯で夏休み!③
ということで、スイカ割が青空の下、スタート!

b0053082_151433.jpg
b0053082_1515891.jpg
b0053082_152893.jpg
b0053082_1522195.jpg
b0053082_1523089.jpg
b0053082_1525555.jpg
b0053082_153523.jpg

スイカ割を考案したのは誰なんでしょうね。
実によくできたアトラクションだと思います。
食べ物をそまつにするわけではなく、食べるための楽しくて、嬉しいアプローチ。
みんな、周囲に助けられたり、惑わされたりしながらも、がんばって挑戦します。

かわいいなぁ。

小さい子たちは、目かくしなしもご愛嬌。

b0053082_233323.jpg

さあ、次は誰かなぁ?

なんて、思っていたら。

おお~!?

スーパースペシャルサプライズの登場です!


「しまじろう~!」
いち早く見つけたこどもたちが、スイカそっちのけで駈け寄ります。

b0053082_274747.jpg

さっそく、しまじろうがスイカ割にチャレンジすると自己申告。

b0053082_291380.jpg

お兄さんに目かくしをしてもらい。

b0053082_210684.jpg

ぐるりと回されて。

b0053082_2105046.jpg

おっと、そこじゃない。

b0053082_211455.jpg

はい、こっち。

b0053082_2123068.jpg

ちがう、ちがう。そっちでもないよー。

b0053082_21363.jpg

しまじろう。
ホント、芸達者です。
もう、こどもたちのココロをわしづかみ。

さあ、今度こそいいかな。

b0053082_2142385.jpg

はっ!

b0053082_2173999.jpg

エイッ!

b0053082_221944.jpg

しまじろうの抜群のエンターテイナーぶりの後、みごとスイカは割れ、
スタッフのお姉さんたちが手際よく、きれいに切ってくれる。

みずみずしいスイカは、甘さたっぷり!

さっそく、みんなでほおばります。


b0053082_2191837.jpg
b0053082_2193749.jpg
b0053082_2194926.jpg
b0053082_220587.jpg
b0053082_2201449.jpg


カメラに向かって、「美味しい顔、してくださ~い」とお願いしたらこんな風になりました。
うん、おいしそうだ。

遊んだあとに、果汁たっぷりのスイカのなんとおいしいことでしょう。

おとうさん、おかあさんたちも一緒になって味わいます。


青空に、森の緑の匂い。
甘~いスイカと、ともだちの笑顔。

夏の思い出を、どうぞたくさん召し上がれ!
午後は、川遊びですよ~。
by naoko_terada | 2011-08-21 01:45 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)
三陸・田野畑村の観光復興のための協賛賞品ご提供のお願い
観光、ホテル&料飲関係者のみなさまへ

暑中お見舞い申し上げます。
↑、もう残暑ですね。



今回、寺田からのお願いがございます。

私が参加しています、オーストラリア好きの有志で行っている「クラブオーストラリア」が、
9月17日(土)、東京のオーストラリア大使館の庭でチャリティワインパーティーを実施します(詳細はこれから決まります)。
売り上げの半分がクラブで応援している三陸・岩手県田野畑村の復興支援事業に寄付されます。主に、漁師さんたちが行っているサッパ船のアドベンチャーツアーのための装具や船の係留施設、船の購入に当てる予定とのことです。
田野畑村へのクラブとしての支援は、クラブ会員のご家族の方が被災されたというところから、震災直後から物資を送るなど継続的に行われてきました。

サッパ船クルーズは、漁業に加えて観光産業にも力を入れている田野畑村の名物アトラクション。漁師さんたちの操縦により洞窟くぐりなどスリル満点の体験型ツアーです。津波で6隻のサッパ船を失いましたが、青森県東通村・岩屋漁協さんが中古船を手配するなど、残された船と全国からの支援で7月29日に再開、田野畑村はもとより三陸復興へのステップとして期待されています。

そこで寄付金を集めるためパーティで、500円のラッフル(くじ)を200本程度、販売することになっており、ぜひ、みなさまにその賞品のご提供をいただけないか、というお願いです。ラッフルの売り上げはすべて寄付金にまわります。

宿泊、レストランでの食事券、スパ、アメニティグッズなど。
お気持ちを形にしてご提供いただければ本当にありがたいです。

ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、どうぞ寺田まで直接、メールか、ダイレクトメッセージをいただければと思います。

また、同クラブ、オーストラリアにご興味ある方はぜひ、当日、ご参加を!
今回、150名ほどの参加を考えています。
詳細はおってお伝えしますが、通常はなかなか入ることができないオーストラリア大使館庭園(ここ、ステキですよ!)で、おいしいオーストラリアワインを飲みながら、日豪の相互交流を楽しんでいただければと願います。


ご協力、どうぞよろしくお願いいたします!
by naoko_terada | 2011-08-15 01:22 | 東北応援! | Trackback | Comments(3)
星野リゾート×ベネッセ しまじろうと裏磐梯で夏休み!②
b0053082_19204425.jpg

よく朝、雨もあがり、思いっきり、夏全開の空模様!

今日は、今回の夏休みプログラムのメインアクティブティがぎっしりです。
午前と午後、いくつかのグループに分かれ、
「川あそび」と、ホテルのすぐ近くにある「レンゲ沼ウォーク」にみなさん、参加。

外での遊びに参加しないこどもたちたちには、
「カードあつめゲーム」、ペーパークラフトの「手づくりランプシェイド制作」などが用意されています。

b0053082_19283268.jpg

午前、わたしは「レンゲ沼ウォーク」に同行。

バスの中でも、ベネッセのボランティアスタッフがこどもたちと同じ目線で触れ合う姿が。
彼ら、ベネッセ社員が心からこどもたちがのびのびと、
感情豊かに遊び、学ぶ環境を提供したいと励む姿勢にはリスペクトをおぼえます。

b0053082_20164673.jpg

バスで10分ほど。
レンゲ沼に到着。

ガイドを担当するのは、猪苗代湖・裏磐梯でネイチャーアクティビティを主催するナチュラル ビズさん。
雄大な裏磐梯に見守られながら、はずむ足取りでウォーキング開始!

b0053082_20284096.jpg
b0053082_20285535.jpg
b0053082_20292068.jpg

レンゲ沼の周囲の遊歩道は、約700メートル。
ウェブ検索によると、日本で初めて作られた遊歩道とのこと。
バリアフリーコースなので、車いす、ベビーカーでも歩けるそう。
アップダウンもなく、誰でも楽しめて、まさにこどもたちにはうってつけ!

周囲の生命力ある木々を見上げ、足元の水辺を探る。
知識豊富で優しいガイドが、こどもたちの興味をかきたてる話をしながら、
周辺の自然をわかりやすく説明します。

b0053082_20373525.jpg
b0053082_20374832.jpg

とんぼの持ち方を学び、しゃくとり虫をおそるおそる触ってみる。

「でもね、虫を捕まえても持って帰らないで、逃がしてあげてね」

ガイドのそんな言葉に、こどもたちは観察した後は、そっとリリース。

b0053082_2040566.jpg

b0053082_20411579.jpg

途中、レンゲ沼を一望する場所に。
裏磐梯というと、五色沼などが有名ですが、それ以外の湖沼も多く、トレッキングルートは19ヶ所におよびます。レジャー客の少ないコースをのんびりと散策するのも、
とても気持ちがいい。
あらためて裏磐梯の奥深さを教えてもらった気持ちです。

こどもたちのペースにあわせて、大人たちもゆっくりと歩く。
野鳥が遠くで鳴く声が響き、遊歩道を抜ける夏の風は、森の香りを伝えます。

b0053082_20555963.jpg

小1時間ほどかけて、ゆっくりとウォーキングを楽しんで、
出発地点に戻ってきました。

おつかれさまです。
ずっとお子さんを抱いていたお父さんたちは、ややお疲れ気味(笑)。

でも、まだ終わりませんよ。

さあ、これからスイカ割です!
by naoko_terada | 2011-08-13 21:00 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)
星野リゾート×ベネッセ しまじろうと裏磐梯で夏休み!①
8月6(土)~8日(月)の2泊3日で、急きょ、福島県の裏磐梯へ。

現在、星野リゾートが運営をになう、裏磐梯猫魔ホテルが、ベネッセと共同で、福島市および郡山市在住の親子約30 組100 名を夏休みプログラムにご招待。
その現場に密着取材させていただきました。

熱波の土曜日、上野からMAXやまびこで郡山へ。
そこから、磐越西線に乗り換えて猪苗代駅まで。
猪苗代は、5月には車で来た場所。
電車での移動は、旅をより、ローカルな視点でとらえることができます。
車窓からの眺めも、
5月よりも緑が色濃くなった夏まっさかりの山々がどーんと飛び込んできます。

猪苗代駅からはホテルのバスで移動。
所要時間は30分ほど。
表磐梯から、山すそをまわりこむように裏磐梯へ。
途中、山道をサアッとにわか雨が駆け抜けます。

b0053082_129820.jpg

ホテルに着くと、ちょうど参加のご家族も到着したところ。

そのまま、ホールに行くと、ウェルカムショーがジャストスタート!

※写真掲載は、ホテルを通じて、ご家族に許可をいただいております。

b0053082_265318.jpg
b0053082_27292.jpg

今回は、ベネッセの親子のコミュニケーション創出プログラム「こどもちゃれんじ」と、裏磐梯猫魔ホテルのコラボレーション。

で、「こどもちゃれんじ」といえば、キャラクターのしまじろう♪

ショーでもしまじろう登場で、こどもたちは大盛り上がり。

こどもたちの輝く笑顔は、彼らを見守るお母さん、お父さんたちも笑顔にします。

ベネッセでは震災後、企業としての支援活動のほか、「こどもちゃれんじ」独自の活動として「被災地の親子の支援」という視点で、救援物資や情報冊子の提供、地域イベントや子どものいる施設等への慰問活動などに取り組んできました。
今回の2泊3日のプログラムのコンテンツも、「こどもちゃれんじ」のものを採用。


また、星野リゾートも震災以降、今回の裏磐梯猫魔ホテルや、アルツ磐梯「リゾートイン磐梯」、青森屋といった東北の施設に被災者を受け入れたほか、
温泉入浴プレゼント、支援金付き宿泊プランなどさまざまな形で、被災されたみなさんへのサポートを行ってきました。

今回の夏休みプレゼントは、星野リゾートの熱血PR嬢、Mさんの提案から実現。

被災されていた方を受け入れていたため休業していた裏磐梯猫魔ホテルですが、今月いっぱいの受け入れ期限に伴い、8月1日から一般のゲストのために再開。
その第一歩として、以前からファミリー層に配慮した施設づくりや、地域の自然体験を重視した旅を提案してきた星野リゾートとして、こどもたちや、ご両親がストレスを感じるような環境に対して何かできないかとの思いから発起。
Mさんみずから、ベネッセに直接、交渉を行い、今回の実現へとつなげました。

観光と教育と、分野は異なるものの、同じ方向性を感じさせる星野リゾートとベネッセのコラボレーションに違和感はありません。

b0053082_2281982.jpg

ショーが終わり、温泉に入り、夕食を食べた後は、外に出て虫集め。

先ほどの雨は上がったものの、
しっとりとした空気が宵闇を濡らし、虫たちが飛び交う環境ではありませんが、
それでも、自然に囲まれた裏磐梯。
コガネムシや、クワガタなどが登場して、こどもたちを興奮させます。


こんな感じで初日は、終了。

明日もしまじろうに会えるかな?

b0053082_233684.jpg

by naoko_terada | 2011-08-11 01:27 | 東北応援! | Trackback | Comments(2)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム