ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
カテゴリ:その他( 147 )
新しい世界へ向かうために。バリ島、静寂のニュピに思う
新しい世界へ向かうために。バリ島、静寂のニュピに思う_b0053082_22024814.jpg
3月25日はインドネシア・バリ島の元旦であるニュピ(Nyepi)です。
インドネシアはイスラム国家ですが、バリ島はバリ・ヒンドゥーという独特の宗教観を持っています。たとえれば日本の八百万(やおよろず)の神の感覚に近いでしょうか。自然界など万物に神が宿るといった意識があります。

そのニュピですがウク歴とサカ暦というバリ・ヒンドゥー独特の暦を読み合わせて決まるため、毎年、日にちは異なります。今年は今月25日。毎年変わりますが、必ず新月となります。

ニュピの大きな特徴はバリ島全体が静寂に包まれることです。
一切の生産性のある行為は厳禁、観光客も含めバリにいる人たちはニュピの一日は終日、家の中にこもります。すごいのはニュピの日はデパートもレストランも一斉にクローズなのですが、なんと空港までも閉鎖。ガルーダなど国内線、国際線ともにすべてのエアラインは運航が停止されます。さすが、神々の島バリ。宗教行事のほうが経済活動よりも大事なわけです。

新しい世界へ向かうために。バリ島、静寂のニュピに思う_b0053082_22024849.jpg
私も今まで二度、ニュピの日に滞在した経験があります。
観光客の場合、バリ島での滞在は認められますが外出は禁止、ホテルやリゾートにこもることになります。ホテルやリゾート側も最低限の施設のみ営業をすることが許可され、そのためのスタッフもいます。ただ、ビーチ沿いのバーやオープンエアのレストランなど外部に見えるような場所はNG。宴会場を食事の会場にしたりと通常とは異なります。
最近はこもっていてもネットやゲームができたりするので、ニュピ限定でネット環境もシャットダウン。ただ、今年はコロナウイルス問題があるため緊急用にネット利用ができるそうです。

上の写真はウブドでニュピを体験したときのもの。外がどんな状況か滞在していたリゾートからこっそりのぞいてみました。ここには映っていないのですが、村の青年団のような人がパトロールをしていました。見つかるとめちゃくちゃ怒られるので、パシャリと一枚、誰もいないモンキーフォレスト通りを撮影して退散です。
新しい世界へ向かうために。バリ島、静寂のニュピに思う_b0053082_22024684.jpg
新しい世界へ向かうために。バリ島、静寂のニュピに思う_b0053082_22024703.jpg
リゾート内の敷地はオープンエアでしたが、外部から隔離されているのでゲストは歩くことが許されていました。でも、誰もいない。普段ならゲストの笑い声や、遠くバイクの音や子供たちの遊ぶ声などが聞こえてくるのにそれも一切ない。不思議な感覚です。

そして、気づいたのです。
いつも涼やかな音をたてていたレセプション脇の噴水も音がしていないことに。そう、噴水も電動ポンプで動かしていたのでした。
熱帯の自然だと思っていた空間も、実は人工的な演出だったわけです。本来の自然な環境は、もっと繊細でひそやかなものなのだとニュピのこの日、教えられた気がしました。
人工的な音、環境にいかに慣れてしまっていたことか。
鳥の透き通る鳴き声の美しさ、足元に影を落とす熱帯の葉ずれのささやき、自分の歩く足音など。小さな、けれど饒舌に語り掛ける存在のなんと美しいことか。

そして、夜。
月の出ない漆黒の新月では、星々で埋めつくされた夜空は美しく荘厳にきらめきます。人口的な音がまったくない空間ではその存在感は増幅され、声にならないほどに圧巻です。

ニュピの静寂の一日を経て、バリ島では新しい一年が始まります。新月のニュピは再生の瞬間であり、それを私たちに教えてくれる日なのだと感じました。

現在、新型コロナウイルスが世界中でまん延、感染を防ぐため海外とのアクセスは遮断、外出禁止、営業停止などが各国で行われています。ものすごく不安です。でも、この未曾有の体験は私たちに何かを示唆し、どこか試されているようにも思えます。

自分と見つめあい、社会と共によりよき新しい世界を作る。
今、それが求められているのかもしれません。

新しい世界へ向かうために。バリ島、静寂のニュピに思う_b0053082_22024713.jpg

タグ:
by naoko_terada | 2020-03-25 07:00 | その他 | Trackback | Comments(0)
豪州森林火災チャリティイベント中止のお知らせ

みなさまお世話になります。

告知・募集しておりました202038日(日)豪州森林火災チャリティイベントは中止となることご報告させていただきます。

報道でご承知のように新型コロナウイルスの感染拡大、収拾が見えずらい状況において多くの方が集まるイベントを行うことは適切でないという判断によるものです。すでに参加チケットをご購入のみなさま、ご協賛を表明していただいた関係者・企業様には大変申し訳なく思っています。私自身も非常に残念です。

すでにご購入いただいたチケットはPass Marketよりすみやかにご利用のクレジットカードに返金する作業を行います。また、ご協賛いただいたみなさまには今後について個々にお知らせをさせていただきます。

ご不便、ご心配をおかけすること大変申し訳なく思います。一刻も早いウイルスの感染収拾となることを心から願うのみです。

なにとぞご理解のうえ、ご了承ください。


トラベルジャーナリスト

寺田直子



by naoko_terada | 2020-02-14 16:19 | その他 | Trackback | Comments(0)
18年前の9月11日を想う
18年前の9月11日を想う_b0053082_17000455.jpg
2001年、9月11日にニューヨークで起こった同時多発テロ。
あれから18年経ったのですね。

このことについてはちゃんと書いたことがありませんでした。

この日、母が亡くなりました。
すでに3ヵ月ほど入院をしていて、もう長くないと言われているような状況でした。
私と姉、そして父が毎日病室に泊りがけで付き添っていましたが、この日は姉がその当番。11日、早朝に姉から電話があり心肺が止まった、今、人工呼吸をしてもらっているがどうしよう、と。
電話を受け取った父は、「もういいよ」と姉に告げました。ずっと苦しそうだった母の状態を知っていたので、もうラクにしてあげたいと願ったのでしょう。私と姉も同じ気持ちでした。
ただ、そうすると父が母との最期の別れができない。おそらく父は一瞬、考えたと思います。40年ほど一緒にいた母を看取りたい思いは強くあったはずです。それでも、自分の気持ちよりも母のやすらかな旅立ちを優先したのだと思います。

電話を切り、私と父は病院へ向かう準備をして自宅を出ました。
この日は台風が近づいていたと記憶しているのですが、非常に雨風が強く、タクシーを呼び出してもまったく空きがありませんでした。しかたなく駅まで歩いていき、駅前のタクシー乗り場で待つことにしましたがいつもなら数台、客待ちをしている車の姿が一台もない。私たちの前には同僚らしい背広姿の男性2名が待っていました。この時点で父はもう心ここにあらずでまったく無反応。

かなり待ってからやっと一台のタクシーがすうっと車寄せに入ってきました。
私はムリを承知で私たちの前にいた男性2名に、母が亡くなり隣駅の病院まで行きたいこと、もし可能であればゆずっていただけないか、とお願いしました。男性お二人は心よくタクシーを譲ってくれました。あの後、どれほど次の車を待ったのかを思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。お名前を聞くことも失念し、お顔さえも正直、思い出せませんがあのときのお二人には心からの感謝しかありません。

慌ただしく母の葬儀の準備をしている中、ニューヨークのテロ報道が飛び込んできました。ちょうど知り合いが取材で向かっているタイミングもあり、刻々と深刻になるツインタワーの現状にただ言葉なく映像を見ているしかできませんでした。

母の死ということに直面していたからなのか、正直このときの1両日はどこか記憶があいまいで、なんとなくボヤっとしています。ただ、漠然とこれで航空産業や観光産業は終わりかもしれないな、と考えたことをおぼえています。

18年が長いのか、短かかったかは人によるはずです。
私にとっては自分の人生の方向性を間違いなく変えた大きな悲劇でした。その後、アメリカはイラク戦争へと舵を切り、世界の混沌は今も続いています。

写真は2年前にニューヨーク取材の際、訪れたワールドトレードセンター跡地。

悲劇が起きた時刻までまもなく。
亡くなったすべての犠牲者とご家族のみなさまに心からの哀悼を。
そして、母へも。

心やすらかに。



by naoko_terada | 2019-09-11 17:49 | その他 | Trackback | Comments(0)
今年だから、また始めます。ブログ再開
なんと1年3ヵ月ぶりのブログ更新です。

みなさん、お元気ですか?
私は相変わらず物書きとして、旅を続けています。

この数年、年齢的(あ、57歳になりました)にいろいろと人生の方向を考える出来事が多く、それにともなって仕事への思いや旅への熱量などもゆるやかに変化してきています。

私はそれを人生の成長だととらえています。
留まることなく前へと進んでいくための変化。
自ら望むというよりも年齢という時間軸が今回は背中を押しています。

このブログを再開するのもそのひとつ。
これから変わっていくであろういろいろなことを記録として残したいのと、誰もがいつかは対峙する「年齢」、「老い」などの課題について私がどう受け止めたのか。何かしらヒントになることがひとつでもあれば、との思いもあります。
もちろん旅の話も欠かせません。

近況報告としては3年前に出した「フランスの美しい村を歩く」が、新しい書籍「増補版 フランスの美しい村を歩く」として10月に出版されます。新たに5つの村の紹介が加わります。6月にはその取材のためにフランスのノルマンディー地方などを訪問。記録的な猛暑を体験しました。また、人生初のレンタカー車のパンクを体験!地方の小さな村からさらに郊外というなんともな場所で遭遇して真っ青になったり。
そのあたりの顛末もそのうち書いていきますね。

ということで、どうぞよろしくお願いいたします。

今年だから、また始めます。ブログ再開_b0053082_19130340.jpg




by naoko_terada | 2019-09-01 19:17 | その他 | Trackback | Comments(0)
ラディカル・オーラル・ヒストリー 保苅 実 岩波書店から待望の文庫化
ラディカル・オーラル・ヒストリー 保苅 実 岩波書店から待望の文庫化_b0053082_20323563.jpg

「ども、はじめまして、ほかりみのると申します。」

この書き出しから始まる異例な学術書「ラディカル・オーラル・ヒストリー」。単行本として世に出たのが2004年9月。著者である学者、保苅実氏は脱稿から数日後、療養中のメルボルンでガンのため33歳という若さで亡くなります。
その彼の生涯をかけた研究の集大成がこの、「ラディカル・オーラル・ヒストリー」です。オーストラリアの先住民族アボリジニのコミュニティでのフィールドワークを通して見えてきた世界観、それは現代を生きる私たちにこそ必要な共有、わかちあい、相互理解を示唆します。
後ろのカバーページにはこうあります。

「近代知の権力性を超えて、異なる他者と対等に繋がり合う――困難な問いを、楽しさと喜びに満ちた挑戦として鮮やかに描き出す。」(解説=本橋哲也)

わたしは保苅さんと会ったことはありませんでした。ただ、オーストラリアつながりでなんとなくいつか会えるんじゃないかと思っていました。結局、亡くなる前に会うことはかなわなかったのですがさまざまなご縁があり、今では「保苅実記念奨学金」を立ち上げ、「保苅 実とつながる会」を運営するお姉さまの由紀さん、そしてご両親お二方ともつながりました。まさにBeing Connectedです。

単行本が出版されてから多くの共感、つながりが国内、海外から生まれました。基金もユキさんの地道な活動と多くの方の尽力で毎年、若き学者たちへの奨学金として活用されています。詳細は上記の「つながる会」をごらんください。
単行本は入手困難なこともあり、再販の希望も多かったそうです。それが、今回、岩波書店から文庫という形で出版されることになりました。学術書といっても保苅さんのまるで友だちへ語りかけるようなカジュアルな文体は難解ではありません。偶然ですが今年3月に出版されたStudio Voice Vol.412 には今福龍太氏による「保苅実というオーラル・ヒストリアンの痕跡」という寄稿が。こちらも保苅 実という学者を知りたい方は必読です。

ラディカル・オーラル・ヒストリー 保苅 実 岩波書店から待望の文庫化_b0053082_20324626.jpg
うしろのページには今回、生じる著作権料はすべて「保苅 実とつながる会」の活動費に充てられる。とあります。奨学金基金への充当のほか、本書をより広く知ってもらうための活動に使われることと思います。
それはまさに保苅 実氏の想いを世に問うことにほかなりません。

帯に書かれた言葉。

<他者>の歴史に耳を澄ます

同書が生まれてから14年経った今も、そのメッセージは色あせていません。



by naoko_terada | 2018-05-21 08:00 | その他 | Trackback | Comments(0)
2018年のハッピートラベルデイズ
2018年のハッピートラベルデイズ_b0053082_17241393.jpg
今朝、明け方の東京にはこんな美しい月がのぼっていました。

昨年はとても大きなことをいくつか乗り越える、という一年となりました。
今年はそこから導きだされたことを実行していこうと考えています。
具体的には56歳となる年齢から、今後の人生をどう進めていくか、ということ。
「フリーランスは定年がない」というのは確かですが、逆に考えれば引き際を自分で決めなければいけません。
そのための種まきをゆっくり少しずつ行っていくつもりです。

旅の仕方も変わることと思います。
どんなふうに変わっていくのか、自分自身でも楽しみたいと思っています。

今年もハッピートラベルデイズをどうぞよろしくお願いします。






by naoko_terada | 2018-01-05 07:00 | その他 | Trackback | Comments(2)
16年めの9月11日に想う
16年めの9月11日に想う_b0053082_19272449.jpg
これは16年前の新聞です。
手前が11日の夕刊、奥が12日の朝刊。
アメリカ・ニューヨークで起きた世界中を震撼させた同時多発テロが起きたことを報じています。
NY貿易センタービルに旅客機が突っ込んだのは現地・米東部時間で11日の朝8時45分と報じています。
そのとき日本は11日の21時45分。

すでにフリーランスで仕事をしていた私はPCを前に執筆をしていました。
まだやっとネットとメールが浸透し、ブログが普及されはじめた時代。ツイッターもFBも当然ありません。
そんな中、ふと執筆の手をとめてつないでいたネットに目をやると
「ニューヨーク貿易センタービルにセスナ機がぶつかった」
そんな速報が出ていました。
「おお!」となったもののそれほど関心を持つこともなく再び、執筆。
しばらくしてまた見ると、そこには「テロ」の文字。
そこから続々と臨時ニュースが流され、大規模なテロ行為が今まさに起こっていることをリアルタイムに知ることとなったのです。
ワシントンの国防省にも飛行機が突入したほか、ペンシルベニア州でもハイジャックされたのち墜落させられています。
わたしが海外へよく行くことを知っている友人や仕事仲間、親族などからも電話が入ってきました。今のように現場での状況がタイムラインで流れてくるわけではない。テレビやネットでの情報を見守るしかありません。

実はこの日、東京は台風でした。
写真手前の日経の夕刊が伝えていますが、中型で並みの強さの台風15号は11日午前中に鎌倉市付近に上陸、東京や神奈川も暴風雨圏に入っていました。そんな中でのアメリカからのショッキングな事件。崩れ落ちるツインタワーをテレビで観たときの衝撃と、何かが変わってしまった瞬間の喪失感はいまだに肌が粟立つほど。ぬぐいきれない痛みとやるせない思いにわたしをさせます。

この同時多発テロの犠牲者は死亡が確認された人だけで3025人。
いまだ身元が判明しない遺体や発見されていない方も数多くいらっしゃます。

あれから16年。
失ったものを取り返すことはできません。
だからこそ、残されたわたしたちに託されたのは新しい未来。

罪もなく、声も言葉も、そして体そのものも残すことができないまま。
一瞬にして人生をうばわれてしまった人たちの存在の重さを
わたしたちはどれだけ理解しているのか。

もうまもなく16年前のあの日がめぐってきます。





by naoko_terada | 2017-09-11 20:09 | その他 | Trackback | Comments(0)
雨の日と彼の行方
雨の日と彼の行方_b0053082_16331637.jpg


事務所の近くの中華料理店がひっそり店を閉じていた。

そこにはたまに、ひとりでの夕食、というか軽く飲みながら餃子や焼売などの単品を頼む、そんな感じで訪れていた。いたって普通の店だった。厨房にひとり、ホールには茶髪の若い男性。客とは日本語でやりとりするがどちらも中国語を話していた。

ある日、店に行くとツーリストらしい外国人グループが先客でいて、何やら茶髪の彼に質問をしていた。英語でのそれを聞くと、「この料理に肉は入っているのか」と問いかけている。どうやらベジタリアンらしい。茶髪の店員は英語が苦手だったようなので、それを通訳してあげると、「アリガトウゴザイマシタ!」と本当にホッとした様子でニッコリと笑顔を見せた。

その次に店に行くと、彼が私に気づきニカッと笑った。メニューと一緒に今まで一度も出てこなかったおしぼりが出てきた。なんだよ、あるじゃないのおしぼりと苦笑い。頼んだ紹興酒もグラスになみなみと注がれてきた。わらしべ長者の気分だ。彼なりのお礼だった。

その日から行くと彼とひとこと、ふたこと会話をするようになった。

「ア、イラッシャイ」
「今日ハヤイネ」

そんなあたりさわりのない言葉だけれど、なんとなく通うのが楽しみになっていった。

ある冬の夕方。
薄いシャツ姿の彼を見て、私が
「えー、そんな薄着じゃ寒くないの?」と聞くと。
「ダイジョウブ、けっこうアッタかいよ、ホラ」
シャツの裏をめくるとボアになっていた。
「コドモがいるから。キレイじゃないコレでイイんだ」

そうか子供がいるんだ。お父さんなんだね。

ここしばらく取材が続き、店には行っていなかった。
彼は今、どうやって暮らしているだろうか。
たくましくすでにどこかの店にもぐりこんで働いているのか。
そうであったらいいな。

シャッターが閉まった人気のない店を見た昨日から、ずっとそう思っている。
by naoko_terada | 2017-05-10 16:39 | その他 | Trackback | Comments(0)
おめでとう!名護商工高校 沖縄タイムス 教育賞 受賞!!
おめでとう!名護商工高校 沖縄タイムス 教育賞 受賞!!_b0053082_21522699.jpg

おめでとう!名護商工高校 沖縄タイムス 教育賞 受賞!!_b0053082_20332411.jpg

わたしが尊敬するフリーの編集者であり、長年の友人でもあるSさんから、
「沖縄の高校に出張授業みたいなものに行きませんか?」とお話しをいただき、二人して沖縄県立名護商工高校にうかがったのは昨年の7月。すでに真夏の暑さで期末テストも終わり、夏休み目前という時期でした。

今回の仕掛け人はK教頭。実はSさんと昔からのお友達ということで、今回の出張となったわけです。
名護商工高校には「地域産業科観光コース」があります。沖縄本土北部、通称やんばると呼ばれる地域で唯一、観光コースを持つ専門高校です。
本コースでは実質的な観光を学ぶだけでなく、沖縄戦体験者と一緒に戦跡をめぐるフィールドワークや、それをまとめて校内をはじめ、小中学生に出前講座をするなど「生徒の生徒のための平和学習」を実践しています。

おめでとう!名護商工高校 沖縄タイムス 教育賞 受賞!!_b0053082_2113584.jpg

私たちがお邪魔したのは、その観光コースで学ぶ2年生を中心とした生徒さんたち。

テーマは「平和産業としての観光を考える」

わたしが長年、トラベルジャーナリストの芯として考えるテーマであり、伝えたいメッセージです。
これを沖縄で将来、観光にかかわりたいと考える学生たちにどう伝えるか。観光関係企業や消費者のみなさんの前でお話しをしたことはあっても、学生たちは初めて。Sさん、K教頭、そしてコース長のU先生たちと共にパワーポイントの内容などをギリギリまで詰めていきました。

とはいえ、わたしの話はシンプルでした。
今まで伝え続けてきたことをそのままに。「観光は平和産業である」ということはどういうことなのか。
加えてお話ししたのは、観光のプロ、接客のプロとして沖縄に関わるにはどうしたらいいのか。まずは、自分ができること、自分が思う沖縄の魅力を見つけ、それを伝えるノウハウを学んでほしい、ということでした。必要なのは次世代の人材。単なるガイドではなく沖縄の魅力を語れる人、つまり「現代の語り部」になってほしいということです。

おめでとう!名護商工高校 沖縄タイムス 教育賞 受賞!!_b0053082_21312519.jpg

その観光コースの生徒たちが、先日、教育現場の優れた実践や研究を顕彰する「沖縄タイムス教育賞」を受賞したとの報告が!

地道にフィールドワークを重ね、学習成果を発表してきたことが評価されてのことです。
そして、「観光は平和産業」という視点も沖縄の基幹産業となるツーリズムとして極めて重要であるという評価も受けました。

おめでとう!名護商工高校 沖縄タイムス 教育賞 受賞!!_b0053082_21353818.jpg

受賞後の新聞への寄稿には、わたしのことも紹介されていました。
学生たちがもともと行っていたことに、「観光は平和産業である」というキーワードがよりぶれない方向性をもたらしたのだと思うと本当にうれしい。

今回、貴重な経験を与えてくれたSさん、そしてK教頭とU先生。
みなさんの熱い思いがあってこその受賞だとも思います。K教頭とU先生は転勤で別の学校へ移動されたとのことですが、これからも観光コースの学生たちの学習は継続されていくことでしょう。

観光コースのみなさん、おめでとうございます!
今まで行ってきたことが認められることはとてもうれしいし、励みになることと思います。
これからは、さらに沖縄の魅力を伝える語り部として、学ぶ、社会へと羽ばたいてください。

沖縄ファンとして期待していますよ!!
by naoko_terada | 2017-04-03 21:45 | その他 | Trackback | Comments(0)
2017年もハッピー・トラベルデイズで
2017年もハッピー・トラベルデイズで_b0053082_1625959.jpg

2017年になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

年末年始は静かに過ごしていました。
SNSのうっとうしさにわずらわされることもなかった反面、さまざまな情報が遮断されることで社会へのコミットがなくなることも実感しました。

そんなことを思いつつ確実に変えない、代えられないものは「自分らしさ」なのかもしれません。
情報社会の中でゆるぎない考え、スタイルを持つこと。ときにそれは無謀であり、不安をおぼえることもあるでしょう。でも、ひとりひとりが考えて決めたことであれば尊重されるべきであり、自分とは異なる考え、感情も受け入れる柔軟性を社会そのものが持つべきだと思っています。

つまり、答えはひとつではない、ということ。

ネットのニュースや週刊誌のスクープ、SNSでの情報やクチコミ。それらを吸収しながらも、事象にはさまざまな側面があるということを感じるセンス(感性)。それはなによりも自分のためになります。複雑すぎる世界でとまどったとき、情報にまどわされず一歩を導くのは自分自身。そのためにも自分らしさ、自分のスタイルを持つことは大切です。

わたしは「自分らしさ」を海外を旅することで身につけてきました。
国によって異なる習慣、考え方。
そして、必ず聞かれる、「で、君はどう思うの?」。
世界と対峙するためには自分の意見をはっきりと伝えることが求められます。
イエスなのかノーなのか。

そして、旅を通してさらに学んだことは、自分とまったく違った考えもつ人たちとも友だちになることができ、理解しあえるのだという驚きと喜び。

意見をはっきりと示さず、八方まるく収めるという日本人らしい思いやり、美徳も理解しています。
そんな優しさを持ちながらも自分らしさを上手に表現し伝えること。これが新年の抱負(New year's resolution)になりそうです。


2017年もハッピー・トラベルデイズで。
どうぞよろしくお願いします♥
by naoko_terada | 2017-01-03 23:00 | その他 | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム