ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
カテゴリ:トラベル( 279 )
オークランドから日本を想う
オークランドから日本を想う_b0053082_1652298.jpg

今週は、秋まぢかのニュージーランド・オークランド取材に。
夏も終わりとはいえ、日中は22、23℃で快晴・快適。クリアな青空は開放感たっぷりで心を癒してくれます。

オークランドは約5年ぶり。この間にかなりファッショナブルなスポットが増え、モード感あるドメスティックデザイナーたちのブティックも、登場。ニュージーランドというとヒツジに大自然(最近では『ロード・オブ・ザ・リング』の撮影場所としても有名ですね)、という牧歌的なイメージが強いですが、最近はちょっと気持ちのいいスタイリッシュ・シティとしても注目できそうです。
郊外には人気急上昇中のNZワインとスパが楽しめる女性好みのリゾートも誕生。こちらもなかなか。
このあたりの取材結果は、近々ガルボでお届けする予定ですので、おたのしみに。

それにしても気になるのは日本。
九州の地震はこちらのニュースでも放映され、取材先でも「地震、だいじょうぶだった?」とみんなが気にかけてくれます。
新潟、スマトラ、そして九州。天災とはいえ、被災した人たちを想い、心を痛める気持ちは世界共通。遠く日本を離れているほどに、家族、友人たち、そして日本を想う気持ちはつのります。

ぬけるような南半球の青い空のした、この美しい景色がみんなの心に届きますように。
by naoko_terada | 2005-03-21 16:22 | トラベル | Trackback | Comments(2)
完全復活!プーケット、期間限定お得情報お教えします
完全復活!プーケット、期間限定お得情報お教えします_b0053082_813101.jpg

ごく一部のホテル、店舗を除き以前と変わらない美しさを取り戻したプーケット。
唯一、戻ってないのは日本人観光客の姿。

そんなプーケットを助けようと、旅行業界も復興支援のプロモーションやキャンペーンを始めました。タイ国政府観光庁、エアライン、ホテル、現地旅行会社と官民一体。ひとりでも多くの人に元気なプーケットを実感し、ベストシーズンの「今」を楽しんでもらいたい、という気持ちがこめられています。

まずいち早くキャンペーンを始めたのが●HIS。料金の5%を寄付にあてるという復興キャンペーンを行っていましたが、これは予定の200名を完売。今はタイ航空利用で行く4万9800円の5日間コースを実施。ヒルトン・アルカディア、ダイヤモンド・クリフとどちらも人気のリゾート滞在でこのプライスは、さすがHIS。
また、現在独自に50%オフ(10月31日まで)を行っているアマンプリを含めプーケットの人気リゾートもスペシャル料金(特典付き!)でラインナップされています。

●JTBはプーケット復興支援企画として5日間コース5万9000円~。期間は3月31日まで。ちなみにJTBでは「プーケット親善大使募集ツアー」として羽田発のチャーター機による3万8000円~のツアーを募集したところわずか1日で完売しています。

●エスティーワールドのアイランドコレクション(通称アイコレ)はネット限定商品として5日間コース、なんと3万8000円というお値打ちツアーを催行中。

タイ航空関連ツアー会社、●ロイヤルオーキッドホリデイズの4、5日間コースはホテルが選べます。期間は3月31日まで。

エアラインでは●タイ航空ハピネス・アンダマン・エアパスを実施。プーケット、クラビ、トランへの国内線クーポン2枚でUS99(6月30日まで)。

ホテルクーポン会社●アップルワールドではかなりお得なキャンペーン料金を実施。1泊2600円~とバリエーション豊富でお好みで選べます。

プーケットの●マリンクエストダイバーズは、日本人に人気のシミランダイビングクルーズ4泊5日を通常9万円のところ7万5000円で提供。●カタダイビングサービスも4泊5日のダイブクルーズをひとりU$630~のところをU$504にプライスダウン。●ブルーマリーンサービスでは現地発のアイランドツアーが3月限定で割引のキャンペーンを実施。

復興キャンペーンの情報も含め、プーケットの最新インフォメーションはプーケット日本人会による●プーケット復興委員会公式サイトが随時更新、有益です。

今、プーケットはカラリとした絶好のバカンスシーズン。この時期にこのプライスで旅行に行けるチャンスをぜひ活用してください。
会社にお勤めの方なら、上司に有休をもらうためのきめ言葉は、ぜひこちらで。

「プーケット復興のために遊んできます!」
by naoko_terada | 2005-03-14 17:34 | トラベル | Trackback(2) | Comments(0)
憧れの桃源郷、ブータン
憧れの桃源郷、ブータン_b0053082_2118549.jpg

ブータンは、我がトラベルジャーナリスト人生の中でもハイライト的な存在。
一度は訪れてみたい、憧れの地。
その想いがかない、春間近のブータンへ。

日本からはバンコク経由。バンコクからはブータン国営のドルゥク航空で唯一空港のあるパロへ。途中、カルカッタで給油を行うのでちょっとインドの風も感じたり。
直行便の利便性はないけれど、少しずつ目的地へと向かう時間の流れが旅心をいやおうなしにかき立ててくれます。

ブータン。
まさに桃源郷。ほんの30年ほど前までは鎖国状態。深いチベットの山々に囲まれた小さな国はひっそりと静かに独自の生活を営んできました。
近年は観光にも力をそそぎはじめていますが、アクセスの不便さ、ひとり1日U$200の観光固定価格を設けるなどのハードルがあり、まだまだ旅行者の数は少ない。

でもねー、ホント、すばらしいです。
日本人の心の琴線にふれる人々の笑顔、素朴な風景。男性は「ゴ」、女性は「キラ」と呼ばれる着物のような合わせ方をする民族衣装に身を包み、はにかみながらカメラに向かって微笑んでくれる。よく生きるということは「物」の豊かさではなく、「心」の豊かさに比例するのだと、つくづく思わせてくれます。

そんなブータンですが、今回の目的は「隠れ家リゾート」の伝説的存在アマンリゾートが手がけるアマンコラを取材すること。昨年登場、アマン初のブータンリゾート。
こちらもかなり興味ある存在。

次回のブログでは、そちらの詳細をお伝えいたします。
お楽しみに!
by naoko_terada | 2005-03-03 22:20 | トラベル | Trackback(3) | Comments(4)
ルフトハンザの機内から快適ブログアップ
ルフトハンザの機内から快適ブログアップ_b0053082_21504922.jpgルフトハンザの機内から快適ブログアップ_b0053082_21511612.jpg

夜23:00、熱帯のバンコクを離れ、ルフトハンザ ドイツ航空で一路、ミュンヘンへ。
ルフトハンザが誇る最新鋭のビジネスシートはフルフラットになる優れもの。最近、欧州路線はこのタイプのフルフラットシートが定番となりつつあります。なにしろ体長2mの人が足をのばせるのだからスゴイ。微妙なシートの角度はすべてコンピュータ制御でお好みの角度に調整可能。しかもそれを記憶するメモリー機能も完備。日本人にはちょっと物足りないもののマッサージ機能も付いているのです。

しかも、ルフトハンザのもうひとつの優れものが、FlyNet。機内でのブロードバンドによるインターネットサービスで、これはエコノミーでも使用可能。機内からデータやブログが送れるのだから恐れいります。
ということは機内でも仕事をしろ、ということなのでしょうね。わたしは飛行機の中は睡眠の場所だと思っているのであまり働きたくないのですが、これからはそうもいえないかしら。そのうち機内にもビジネスセンターや商談ルームなんかができたりして・・・・。

バンコクから飛び立ちおよそ12時間。早朝のミュンヘン空港は雪。気温は-6℃との表示。昨日までは真っ白な光輝くプーケットのビーチにいたのに、今は白銀のミュンヘン。世界は小さくなってきた、といわれるけれど実際に旅をしてみれば地球がいかに大きく偉大であるかを実感します。

ああ、早くドイツ名物の温めたワイン、グリューワインでぬくもりたい!
by naoko_terada | 2005-02-21 22:39 | トラベル | Trackback(3) | Comments(6)
プーケットへようこそ!
プーケットへようこそ!_b0053082_17122068.jpg

ひさしぶりのプーケットは快晴。
空港を降りたった途端、どこか甘くけだるい熱帯の空気に包まれ、気持ちが少しずつアジアンモードに。
この感じが、とても好き。

今回の取材の目的はツーリズムの復活。すでにプーケットの観光産業はごく一部を除き、すべて元に戻っているということはわかっていたのですが、きちんとそれをこの目で見ておきたかったため。

結論。
プーケット、まったく問題なし!
すでに大勢のヨーロピアンたちが遊びに来てますし、一部、建物の修復をしているところはありますが、あえてそういう視点で見ないかぎりわからないほど。海はさらに透明度を増し、砂もまぶしいほどにピュアホワイト。以前と変わらない美しいプーケットが出迎えてくれて、感激ひとしおです。

わたしも全然、情報不足だったのですが、いわゆるプーケットとしてガイドブックなどで紹介される中心エリアから最も被害が大きかったカオラックまでは車で1時間半ほど離れています。だからプーケットとは別のリゾートスポットと認識するのが正しい。さんざんテレビなどで流された惨状はプーケット中心部では起こっていません。当日の夕方には通行規制も解除され、2日後にはインフラもすべて回復。
やはりこういうものは直接見て、確認しないとわからないものですね。

そんなプーケットの観光にかかわる人たちの悩みが日本人観光客の激減。ホテル、ツアー会社、ダイビングショップなど日本人を対象にしていたところは津波直後から集客がかぎりなくゼロ。今後の予約も入っていないのが現状です。
プーケットの観光産業において日本はベスト5に入る大きなマーケットです。今、津波では無事だった方々の心痛となっているのは生活の基盤を失うのではないか、という思い。
犠牲になった方々、そしてご家族の方々の気持ちを思いやることもとても大切ですが、これから生活をしていく人たちのことを考えることも重要です。

カタビーチのマッサージのおばさんは、「いつもなら5、6人のお客を取るのに今はゼロか1人。ノーグッドよー」と言い、パトンビーチのビーチボーイ君も、「ニホンジンいないネー、ゼンゼンダメ」などと嘆く。でも、そんなことを言いながらも最後はニッコリと微笑む。
このしたたかさ、強さにアジアンパワーを感じて、逆に元気をもらうから不思議だ。

へんな同情心なんかいらない。
堂々と「観光旅行」でプーケットへ行ってほしい。遊んで楽しんでお金を使って、おもいっきり元気をもらってきてください。
これから雨期に入る5月まではまさにベストシーズン。ビーチにダイビングにスパにショッピング、そしてナイトライフとアジアンリゾートの醍醐味を堪能しましょう。

プーケットは元気です。

※プーケットの日本人会がサイトを立ち上げました。ここに観光に関する最新情報があります。行く前にぜひチェックを!
by naoko_terada | 2005-02-14 18:17 | トラベル | Trackback(5) | Comments(7)
今日からプーケットへ
今日からプーケットへ_b0053082_3203546.jpg

以前にお話したように、本日からプーケットへまいります。
タイ国政府観光庁大阪スタッフが、およそ100名のメディアを引き連れてプーケットの視察を行います。
視察といっても観光復興がいかに急速に進んでいるかを確認するため。
すでにプーケットのホテルの9割以上は通常営業を行っています。それを多くの日本のみなさんに知っていただきたいのです。
わたしも自分の目で見ておきたい。

これから卒業旅行や春休みシーズンの海外旅行を考えている方も多いと思います。
行き先はやっぱり暖かい南の島ですか?
だったらプーケットへぜひ!
プーケットのあるアンダマン海周辺は3月頃までが乾期で、最も旅行に適したシーズン。毎日さわやかな快晴が続く時期です。地震後のキャンペーンでホテルや旅行会社も格安の料金を出してきているのでかなりお得。みずみずしいトロピカルフルーツに、美味なるタイごはん。そしてキリリと冷えたシンハービール!
これはもうパラダイス。現地からもそんなハッピーなブログをアップしたいと思います。

プーケットの後はバンコクへ行き、そこでタイ側の観光庁の方々と記者会見。それが終わった足で、バンコクから一路ミュンヘンへ。今年は日本におけるドイツ年。ミュンヘンでは2006年ワールドカップのキックオフ会場となるアリアンツ・スタジオとFCバイエルンのクラブハウスを訪問。夜はオペラ鑑賞とシャレこみます。
そして18日朝には、新しく誕生したセントレア中部新空港へ到着。

ふー。さてさてうまく日程をこなせることができるでしょうか。
とりあえずマイペンライ! でいきましょう。
by naoko_terada | 2005-02-11 03:47 | トラベル | Trackback(3) | Comments(2)
ドバイのラクダ
ドバイのラクダ_b0053082_19582528.jpg

砂上を遊牧する、誇り高きベドウィン族の生活になくてはならない存在。
足であり、荷役であり、そして緊急時には水源や食料にもなる。
ここドバイ(アラブ首長国連邦)では観光用のラクダツアーがたくさんあり、キャメルライドが人気です。

顔がカワイイのですよ、実に。
砂から眼を守るために長くのびたまつげや眉毛も愛らしい。まぶたと角膜の間にはさらに瞬膜(しゅんまく)と呼ばれる別のまぶたがあり、砂嵐の中でも眼をあけていることができるのだそう。
すばらしい!

ラクダに乗る際は、ちょっとしたコツが必要です。
なが~い足を折って座った状態から立ち上がるとき、まず後ろ足からのばすので上に乗っていると思いっきり前に傾斜、その後、前足がのびると今度は後ろに傾く。
だから片手は自分の前方に、もう片方は後方にしてガッチリ背中の毛か、鞍につかまっていること。乗りごこちは・・・・。
う~ん、あんまり良くないかな。

ドバイの冬は意外に寒い。
特に砂漠地帯は朝晩0℃になることも!日中でも14℃程度で、太陽はかなりまぶしく暑いのですが、木陰に入ると一気にひんやり。
でもそれも真夏になるとなんと50℃以上になるのだとか。

こんな過酷な環境を物ともせず、のほほん顔で暮らすラクダたち。
かなりカワイイです。

そうそう、エキサイトがブログ1周年記念プレゼントを行ってます。
http://blog.excite.co.jp/expresent
ぜひぜひ応募してくださいませ!
by naoko_terada | 2005-02-03 20:24 | トラベル | Trackback | Comments(8)
凍ったナイアガラを見る
凍ったナイアガラを見る_b0053082_14392264.jpg

といってもすべて凍るワケではないのですね。
わたしはそう思っていたのですが、そんな浅はかな知恵よりも自然のフォース(力)のほうがはるかに凄い。

この時、-8℃。冬は水量が少ないといわれましたが、ゴオゴオと音をたてて流れるダイナミックさは圧巻。周辺にはつららが下がり、真冬ならではの美しさを見せつけています。
ちなみにこの写真はヘリからの空撮。現在のナイアガラの様子が見たければこちらのライブカムでどうぞ。

ナイアガラは観光地なので、周辺はかなりアメリカン。今回、わたしが気に入ったのがナイアガラから車で30分ほどのナイアガラ・オン・ザ・レイク。可愛らしいB&B(ベッド&ブレックファースト)、ギフトショップなどが並んだ自然に囲まれたレジャースポット。またここは、カナダ名物アイスワインの名産地でもあり、今週末までは恒例のアイスワイン・フェスティバルも開催されています。
ワイナリーのお薦めは、ぺラー・エステート。ここのアイスワイン(リースリングがお薦め)も人気ですが、併設されたレストランでいただくナイアガラ・キュイジーヌが美味!可能なかぎり地元の食材にこだわった料理は奇をてらうこともなく、濃いめの味付けでワインとのマッチングもすばらしい。今回はスモークド・チキンとゴート・チーズのリゾットを前菜に、ビーフシチューがメインという冬らしいチョイス。次回は野菜が豊富な夏にぜひ訪れてみたいものです。
by naoko_terada | 2005-01-21 14:58 | トラベル | Trackback | Comments(0)
マイナス10℃のトロント
マイナス10℃のトロント_b0053082_12474688.jpg

ただいま、トロントは朝7時。
外はまだ暗く、気温はマイナス10℃(らしい)。

冬のトロントは初めてですが、すてきなブティックタイプのホテルには暖炉がたかれ、その前でアフタヌーンティーなどをぬくぬくと楽しむのはちょっと幸せ。

今回、滞在しているのはまだできたばかりのLe Germainホテル。
これがなかなかステキ。コンテンポラリーなのですがとてもくつろぎ感のある雰囲気で、トロント市内にあり使い勝手もいい。スタッフ、ゲストともにスタイリッシュな人たちが多く、まるでNYにいるような気分になってきます。

さて、今朝はこの快適なホテルをチェックアウト。次なる目的地ナイアガラへと向かいます。今日は、「ナイアガラ・アイスワイン・フェスティバル」の初日。今年10回目のアニバーサリーを迎えた恒例の人気イベント。名物のアイスワインをたっぷりと味わって、極寒のナイアガラを楽しんでまいりましょう。
by naoko_terada | 2005-01-15 21:38 | トラベル | Trackback | Comments(2)
2月のプーケットへ
2月のプーケットへ_b0053082_234225.jpg

来月、タイ国政府観光庁の依頼でプーケットに行くことに決めました。
まだ1ヶ月ありますが、その間にどれだけ復興ができるか。ツーリズム再開という視点から、現実を確認し、テレビや新聞、雑誌が伝えないプーケットの現状を見てこようと思っています。

現時点でプーケットのホテルのおよそ8割は営業を再開しています。
タイの観光庁総裁からはこんなメッセージも出ています。

もちろん、これはひとつのオプションであり、行くか、行かないかは個人の判断です。
でも、その判断のひとつの目安になるようなものを私なりにみなさんにお伝えできればいいな、と思っています。

それがトラベルジャーナリストの仕事。

話はがらりと変わって。
本日からカナダ・オンタリオへ行ってまいります。ハイライトは凍ったナイアガラ。
真冬のオンタリオの魅力を体をはって体験してきます(笑)。
もちろん、ブログも現地から更新予定。

どうぞお楽しみに!
by naoko_terada | 2005-01-12 02:55 | トラベル | Trackback | Comments(15)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム