ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
2012年 12月 29日 ( 1 )
富士をのぞむ新ラグジュアリー ラフォーレ修善寺 「山紫水明」
b0053082_2141070.jpg

終日、修善寺、天城を満喫したわたしたちが訪れたのは、
ラフォーレ修善寺。
新しいコンセプトの上級クラスの客室として誕生した山紫水明で、ひとあし早く、冬のプランを体験させていただくという趣向です。

山紫水明は、コテージ1棟を使った特別室。
部屋に通されると、落ち着いた和の空間が出迎えてくれます。

b0053082_101557.jpg

和のテイストですが、寝室スペースにはベッド。
このあたりは、最近のラグジュアリー系お宿のスタンダードですね。

b0053082_1025515.jpg

ステキなのが外のテラス。
贅沢にも、温泉露天風呂付き。

b0053082_1035531.jpg

そして、上の写真ではちょっとわかりにくいので、アップで。
そう、露天風呂から富士山が眺められるのが、山紫水明の最高のおもてなしです。
すでに日が暮れた薄暮の中、端正な姿が見えます。
こんな美しい日本の象徴を眺めつつ、温泉三昧。
ラフォーレ修善寺の温泉は、アルカリ性単純温泉。万人に心地よい柔らかなお湯に癒されながら、ホッとなごみます。


b0053082_18332422.jpg

スッキリ、ほわんと温泉浴で癒されたら、お待ちかねの夕食。
ホテル内の和ダイニング「櫻」でいただきます。

今回は、2013年2月28日までの冬のプラン、「山紫水明~冬あかり」の料理を味わいます。前菜は、チーズ豆腐、生ハム、さざえ磯煮、川海老、それに伊豆鹿山葵味噌、富士宮ジャンボ落花生。
訪問したのがまだ秋の季節だったので、演出に色づいた葉があしらわれていますが、このあたりはこれからの季節にあわせて変わっていくことでしょう。

b0053082_20241553.jpg

次に登場したのが、下田産の伊勢海老のお造り。
テーブルにいた全員は、思わず「おおっ!」と声をあげます。
まだ動いている新鮮な身は、「さくり」と感じるほどの歯ごたえ。添えてあるのはもちろん、天城の生ワサビ。自分でおろしたばかりのフレッシュな辛みのワサビをつければ、伊勢海老の甘味がぐっと引き立ちます。

b0053082_20304767.jpg

焼き物は、富士の聖水で育った富士宮鱒(マス)のネギ巻き焼きです。
適度に脂がのった淡泊な身が、ネギの甘味と合います。

b0053082_20355849.jpg

蒸し物は、フォアグラ大根。
柿田川湧水群クレソンを添えてあります。
柔らかく煮含めた大根と濃厚なフォアグラとの組み合わせは、いつ食べても感じ入ります。

b0053082_2040755.jpg

ちなみに、料理のお伴には日本酒をチョイス。
地元、伊豆の蔵元である万大醸造さんのお酒をちょうだいしました。

b0053082_20461647.jpg

コース後半も、おいしいものが続きます。
肉料理には、国産和牛の富士溶岩石焼き。自分で、富士の溶岩の上でジュウジュウと豪快に焼きます。西浦産柑橘ポン酢が用意されていましたが、シンプルに塩やワサビでいただくのもいいです。

b0053082_2051315.jpg

最後に、白米と香の物。留め碗は、先ほどの伊勢海老のおかしらを使った伊勢汁。お腹いっぱい、でも、炊きたての白米と伊勢海老のダシが効いたお椀の美味しさは別格。
しっかり味わっていただきます。
ふう。


b0053082_20542473.jpg
b0053082_2054439.jpg

さらに、女性が喜ぶデザートは、2種類。この夜はグランデザートとしてチョコケーキと柑橘シャーベット。アバンデザートとしてオレンジマカロン、苺チョコ。


うーん、お腹いっぱい。
でも、かなり計算されているようで、残さず美味しくいただけるような量バランス。女性同士なら、おしゃべりをしながらゆっくり食べれば完食できるでしょう。
たっぷり、伊豆の海の幸と里山の幸を季節感を味わいながら、楽しませていただきました。



b0053082_2141187.jpg

そして翌朝は、みごとな晴天!
テラスからは雪をかぶった富士山がくっきり。
空気も澄みわたり、爽快です。

b0053082_2155398.jpg

もちろん、朝風呂は欠かせません。
富士を眺めながら、ザブンと湯船に浸かり極楽気分。


b0053082_218271.jpg

そして、また食べるわけですね。
朝食は、ホテル棟のレストランでブッフェです。

b0053082_21103475.jpg
b0053082_21104781.jpg

b0053082_21111837.jpg

洋食、和食はホテルメイドのパン、卵料理から、コトコト煮込まれたポトフや、ワサビ漬けなど伊豆の食材も。お茶碗の柄が選べるのがいいですね。

b0053082_2116591.jpg

わたしは洋食スタイルにしてみました。
朝から、たっぷりいただきます。


1泊ですっかりリフレッシュした修善寺のプチ週末旅行。

この、「山紫水明~冬あかり」プランは、2013年2月28日まで(一部、適用外日あり)。
料金は、1部屋4・5名利用の場合で2万5100円~、2名利用で3万2000円~。

さらに、ラフォーレを福利厚生施設として法人契約している企業、法人にお勤めの方なら、法人会員料金で利用できます。これだと、上記の1部屋4・5名利用の場合で1万8100円~に、2名利用で2万5000円~とかなりお得。

お正月明けのリフレッシュにでも、企業にお勤めの方は、ラフォーレと法人契約されているかチェックして、ぜひ、このプランを体験してみてください。



さて、わたしはエナジーチャージしたところで、
ラフォーレ修善寺のホテルチェックへとまいります。
お伴は、みごとな富士山!


b0053082_2142511.jpg

by naoko_terada | 2012-12-29 21:57 | 日本 | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム