ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
2011年 09月 11日 ( 1 )
にほんのろうそくプロジェクト

にほんのろうそくプロジェクト_b0053082_14464532.jpg


にほんのあかりを灯そう。

4月11日から、静かに続いているプロジェクトです。


始めたのは、私が心から尊敬し、大好きな友人。
実に、彼女らしい企画です。



以下が、そのメッセージ。



1本は、空の上の仲間たちのために。

1本は、私たちがつくる未来のために。




9月11日は
にほんのあかりを灯そう。

あの日まで、そしてあの日から。
3月11日に失ったものがあります。得たものがあります。
大きなあかりの代償と、小さなあかりの幸福感と。
それぞれに想いをはせながら、2つのあかりを灯しましょう。
これからの暮らし方を、静かに考える夜に。
日本と世界の未来を、確かに変える夜に。

毎月11日を、そんな記念日にしていきましょう。



***


「にほんのろうそくプロジェクト」は、本当に “ 提案だけ ” のプロジェクトです。
2011年3月11日に起きたことを、きちんと記憶にとどめて、これから暮らすために
毎月、毎月、確認していきたい。そんな思いだけの、提案です。

月命日(つきめいにち)という概念があります。
4月も5月も、10月も12月も、11日はこの震災でなくなった方たちの月命日。
そう思ったら、11という数字が2本のろうそくに見えてきました。
天国が安らかな場所であるように、まずはその想いをこめます。

そしてもうひとつの意味。それは、わたしたち自身に課せられた課題です。




2 本 の ろ う そ く

に ほ ん の あ か り


日本にこれから必要なあかり、それは勇気かもしれないし、友情かもしれない。
電気なのかもしれないし、太陽かもしれないし、星のあかりかもしれない。

この日は、わたしたちがこれから、どう暮らしていくのか。
その答えを探す日でもあります。
忘れずに、毎月、毎月、考えるのが、わたしたちの役目だと思うのです。

仲間とキャンドルナイトにするも、よし。
ひとりでたき火をするも、よし。
家でごはんを食べながら、電灯の下で考えるのも、またよし。
大切なのは、ろうそくを灯すことではなく、「忘れずに考え続けること」でいきましょう。
それなら無理せず、どんな状況でも、誰でも、できるもの。


そのための“提案”。
毎月、11日にむけて、発信し続けてみます。
よい “ 提案 ” があったら、よい “ 11 ” があったら、ぜひ教えてください。


ここにアップした、ロゴも自由にアレンジして、遊んで、使いまわしてください。
そうしてどんどんいろんな形になって広まって、いつか提案など必要なくなって
みんなが考えるようになったら、確実に世界は、変わるような気がします。


にほんのろうそくプロジェクト

タグ:
by naoko_terada | 2011-09-11 14:57 | 日本 | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム