ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
2010年 11月 30日 ( 1 )
目覚めれば、ブータン!
b0053082_5153941.jpg

翌朝は、気持ちいいほどに爽快な青空。
この空気の透明感にブータンに来たことを実感します。

b0053082_517426.jpg
b0053082_5171437.jpg
b0053082_5173465.jpg

朝食後、私専属のスタッフガイドに導かれて、
リゾートの裏山を登ります。
途中、リゾートのレストランで提供するオーガニック野菜の畑が。
松林に囲まれた小高い山は、それほど難易度はありませんが、
なにしろここパロは標高2300メートルほど。
ちょっと歩いただけでも心臓が驚くほどドキドキしてきます。
途中からは、パロの町の眺望が開けてきます。

b0053082_521322.jpg

b0053082_524168.jpg

歩くこと30分ほど。

見たかったのがこの景色。
リゾートの全景です。
手前、松林の中に見えるのがウマパロのメイン棟。
ヴィラは隠れて見えません。
その先にはパロの空港が広がります。
このロケーションをぜひ、撮影しておきたかったのです。

しばらくすると空港から飛行機が離陸。
ドゥルック航空ですね。

b0053082_5251161.jpg

そして、私のお伴をしてくれたのが、
この二人。
アクティビティ担当の女性スタッフのヤンキと、
ドライバーのジャミャン。
どちらもウマ・パロのスタッフです。
会話はすべて英語。
わたしなどよりもはるかに上手に英語をしゃべる彼らには驚きます。
教育のレベルの高さを感じます。
でも、日本人とまったく同じ顔つきにはホント、親しみを感じます。
民族衣装も着物のようだし。
兄弟のように仲好しの二人です。

b0053082_529089.jpg

思っていたよりも本格的なトレッキングになってしまった裏山登山(笑)。
でも、いい運動となりすっきりリフレッシュ気分が気持ちいい。

その後、リゾートへ戻り、
今度は車に乗り込みパロの郊外へと向かいます。

パロの町を抜ける道からは、町の中心でもあるゾンが見えます。
僧院と行政の執務室を兼ねたパロのシンボル。
青い空に映えてみごとです。

b0053082_5332134.jpg
b0053082_5332916.jpg

さて、ドライブだ、と思っていたら急に車が止まる。
通行止めです。
「?」と思いつつ外に出てみます。
ヤンキに聞くと、「飛行機が飛び立つ間は空港脇の道路は一時閉鎖する」とのこと。
軍隊でしょうか、迷彩柄の制服を着た兵士たちがコントロールしています。

b0053082_5363257.jpg
b0053082_5364684.jpg

しばらく待っていると、やがて轟音を響かせて飛行機が飛び立ちました。
谷底から民家や田畑の脇をすりぬけるように飛んでいきます。
なるほどね。
これでは、確かに車が横を走るのは危険です。


あっという間に閉鎖は解除、
なにごともなかったかのように車がエンジンをかけて走り去っていきます。


私たちも目的地へと向かいます。
by naoko_terada | 2010-11-30 05:44 | トラベル | Trackback | Comments(1)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム