ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ


憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ_b0053082_17215477.jpg

タヒチ

これほど甘美に、心をゆさぶる響きもないでしょう。

今年の取材の中でもダントツに印象深いものだったのが、
9月に訪れたタヒチでした。

憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ_b0053082_18224398.jpg

今回は、ボラボラ滞在に加えて、究極のラグジュアリー・クルーズと称される、
ノマデ・ヨッティング・ボラボラ
通称、ボラボラ・クルーズ。

ボラボラ島から出航して、タハア島、フアヒネ島、ライアテア島へ。
そして、ボラボラ島へと戻る6泊7日のクルーズです。

最高級メガヨットは、海上のフェラーリ。
ハイスペックの最新設備に、
大型客船では入れないラグーン内に停泊できる小回りのよさが最大の魅力。
静かなラグーン内で、ゆっくりとエクスクルーシヴな時間を過ごします。

憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ_b0053082_17331168.jpg
憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ_b0053082_17335260.jpg
憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ_b0053082_1734753.jpg

まずは、乗船してチェックイン。
ゲストのためのラウンジで、アフタヌーンティーを。
グラニテや、ホームメイドのクッキーなどがきれいに並べられ、
かたわらには今回の航海スケジュールと、手書きのウエルカムメッセージ。

驚くほどにディテールにこだわった、完璧なるサービス力にまず脱帽。

ボラボラ・クルーズのスタッフは、全員、モナコのクルーズマネージメント会社のもとで、
最高級のもてなしのスキルを学んだベテラン揃い。
さらに、一度の航海に乗船できるゲストは最高で40人限定。
そのゲストのために配属されるクルーたちも、40名。
ひとりのゲストにつき、ひとりのクルーということになりますが、
サービスの質が落ちるということで、ゲストを40人乗せることはほとんどないそう。
私たちが乗船したクルーズも、
オーストラリア、フランス、ロシアなど世界各国からのゲストがあわせて5組ほど。
いすれもご年配のご夫婦で、
結婚記念に、というアニバーサリークルーズ。

憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ_b0053082_17385261.jpg
憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ_b0053082_17391451.jpg

憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ_b0053082_17465833.jpg

客室は、ステートルームと呼ばれるキャビンと、スイートルームのタイプが。
リネン類、フローリング、インテリアなど、
どれもクオリティの高いアイテムを使用しているため、カジュアルな雰囲気ながらも、
ラグジュアリーな空間に仕上がっています。
キャビンや、廊下には陰影ある、モノクロームの写真が配され、これもセンスよし。

憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ_b0053082_17502356.jpg
憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ_b0053082_17505182.jpg

憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ_b0053082_17525962.jpg

憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ_b0053082_17511546.jpg

ダイニングは一ヶ所ですが、
ゲストはそれこそ望めばどこででも、
好きな場所、好きな時間に食事をすることができます。
無人島のビーチでの朝食や、ディナーはこのクルーズの定番。
ダイニングも毎晩、テーブルセッティングやデコレーションを変える懲りようで、
ゲストを一瞬たりとも飽きさせません。

また、キャビンのひとつを改装したスパも。
セラピストは一人だけですが、
世界中のクルーズで働いていたというだけあり、技術力は確かです。


クルーズ日程は、6泊7日が基本。
料金は。。。。

恐ろしく高いです。
1キャビンを2名で使用して、ひとり5800ユーロ(2009年1月からは5950ユーロに)。
現在のレートで、約70万円!
これには食事、アルコール以外のドリンク、一部のアクティビティなどが含まれます。

でも、ほんの少し前までのユーロのレートだと90万円ほど。
一気に20万円も下がったから、今がチャンスかも、です(笑)。


実はタヒチは、とても物価が高い場所です。
町中のローカルたちが利用するような、普通のレストランでランチにパスタとローカルビールを頼んでひとり5000円ほど。
高級リゾートでのディナーなら、前菜にサーモンやチキンなどのごくごく手ごろなメインを頼み、ワインを1、2杯頼んでひとり2万円ほどチャージされたことも。
某リゾートでは、日本食レストランで親子丼が6000円ほどでした。
タクシーも10~15分程度の距離でも3000円超。
もちろん、リゾートもかなりのお値段。
水上バンガローなら1泊10万円ほどでしょうか。

そういったタヒチの特殊な事情を考慮すると、
ボラボラ・クルーズは確かに高いですが、コストパフォーマンスはすばらしくいい。
高いけれども、満足感が違います。

今回の取材は、ある高級会員誌のためのもので、
みなさまに見ていただく機会がないのが、とても残念。
取材ということで、恵まれた環境での体験ですが、
ボラボラ・クルーズは、また自分でお金を払っても乗りたい!
と久しぶりに思った最高にすばらしいクルーズでした。



「憧れの旅」というものが、心の中にあるというのはステキなことです。

1泊1万円のホテルに2度泊まるのであれば、
2万円のホテルに1泊してみる。

そうやって、少しずつ本当のラグジュアリーな体験を積み重ねていく。
ボラボラ・クルーズは、その頂点ともいえる至高の旅だといえるでしょう。


私も、再び、本当のゲストとしてボラボラ・クルーズに乗船することを夢見て。
来年から、貯金にはげみます(笑)。


あ、年末ジャンボは買いませんよ。
当たらないから。
by naoko_terada | 2008-11-30 18:52 | トラベル | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/9958074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 預け入れ at 2008-12-03 00:38
タイトル : 預け入れ
預け入れは、コンビニにATMが設置されたことにより、便利になりましたね。出金専用のATMもあるようですが、基本的には預け入れも出来るようです。... more
Commented by hiyoko at 2008-12-01 09:35 x
これですね、直子さんオススメのクルーズ。
んーーーー、確かにスバラシイ。目に毒だわ。
タヒチは行くだけでもかなりの出費。
現地の物価も高いと聞いてはいましたが、これほどとは!
その上でのクルーズですからねー。
これはこれは、何年貯金すれば行かれるのかな、、、。

ちなみに、買っちゃいました、年末ジャンボ。
そして、今回もはずれました、totoBIG。(笑)
Commented by naoko_terada at 2008-12-06 10:48
hiyokoサマ

これ、ぜひ、hiyoko&fukunosukeご夫妻に行っていただきたいです。
絶対、満足するはずです。

あ、でも泳げないから浮き輪持参ですね。

年末ジャンボ。
当たること期待してますよ!
Commented by ぽち at 2008-12-20 13:40 x
直子さま、少々お久しぶりです。
溜息の出るクルーズですね。
これ確か、わりと最近に見たBSの旅番組で、結構詳細に紹介されていて、食い入るように見てました。
見るだけで終わりたくない・・・けれど、とりあえず来週からカオラックに行って来ます。

高級会員誌ではないけれど、某カード会社の会員誌は今月はタヒチでした。
Commented by naoko_terada at 2008-12-25 02:27
ぽちサマ

ご無沙汰ですー。

このクルーズ、絶対、ぽちサン、お好きですよ。
タヒチもフォーシーズンズなどもできましたし、ちょっと変わってきています。

カオラック。
おお、サロジンですか?
楽しんできてくださいね。

何も波乱がないことを願いつつ。。。(笑)
<< ムンバイ、そしてバンコクを思う 松本・浅間温泉、貴祥庵のぬくもり >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム