ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
台湾・鹿港をおさんぽ resort2008
台湾・鹿港をおさんぽ_b0053082_17425296.jpg

中国語で「ルーガン」。
鹿港は台中の、九份ともいえるおもむきのある町。
台北から日帰りで訪れることのできるローカルに人気の場所です。

台北から特急列車で約3時間。
彰化駅で下車し、そこから鹿港行きのバスに乗って40分ほど。
話題の台湾の新幹線「高鉄」がいずれは彰化駅にも停車するらしいですが、
列車の旅は適度なローカル色があったほうが、旅情をかきたてる気がしますね。

台湾・鹿港をおさんぽ_b0053082_17444385.jpg

台湾・鹿港をおさんぽ_b0053082_17495791.jpg

台湾・鹿港をおさんぽ_b0053082_17453097.jpg

鹿港の最大の魅力は、路地。
一時、路地裏の魅力にはまっていたことがあったのですが、世界に点在する路地の中でも鹿港の路地はかなりおもしろい。
地元の人の生活に根づいていながら、位置を示す標識や歴史概要を伝える看板があるなど観光客のための利便性もある。
町もそんなに広くはないので、バスを下車した後はのんびりおさんぽがお薦め。

まずは観光名所でもある、九曲巷へ。
強い風とほこりが舞う土地柄、それを避けるために路地が九回ほど曲がりくねっているのがここ。まるで、迷路のような路地と民家の間を通り抜けるのはなかなか楽しい。
生活の匂いのする路地裏は、どこか懐かしさを感じさせます。
おもしろいのは入口。
市場の中にあり、わかりづらいため一枚目の画像の、この看板が目印に。

台湾・鹿港をおさんぽ_b0053082_17461419.jpg

このほか、台湾最古の海の守り神をまつった「天后宮」や、珍しい建築様式の龍山寺など見所が点在。路地裏散策と組み合わせ、途中、市場や商店をひやかして歩くのが鹿港の楽しみ方。

台湾・鹿港をおさんぽ_b0053082_17465397.jpg

また、鹿港は名前のとおり、港町なので新鮮な海鮮料理が名物。シャコが有名らしいけれど、茹でたてアツアツの殻つきエビをチリ醤油につけて、ポイっと口へ。そこに冷え冷えのビールを流し込むのもたまりません。
それから、これを食べずして鹿港を去ることなかれ。
鹿港名物「振味珍」の肉まんです。
小ぶりの肉まんにかぶりつくと、こぼれんばかりの肉汁が口いっぱいに。弾力のある皮もおいしく、これだけを食べに再訪したいほど。
美食の台湾でもトップクラスの美味しさです。

台湾・鹿港をおさんぽ_b0053082_1748917.jpg

by naoko_terada | 2008-09-10 00:39 | トラベル | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/9371816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiyoko at 2008-09-08 23:45 x
こんばんは!
怒涛のアップと思ったら、なんだか凄いことになってますね。
どの記事にコメントしようかウロウロしてしまいました。
で、9月10日の記事にただ今コメントしています。(笑)

世田谷通り沿いに「鹿港(ルーガン)」という肉まん専門店があります。
多分、この街で修行をして来たと思われます。
ちょっと甘めで柔らかめの皮が特徴の肉まんでしたが、本場もそんな感じですか?
店頭に「・・・・ 日本人小林先生 日本東京開業成功」(前半が読めず・・・)とありますが、これって世田谷のお店のことかも???
Commented by naoko_terada at 2008-09-11 09:28
hiyokoサマ

あ、そうです。
それ、まさに本店の看板に書かれている店です。
一度、行ってみたいと思っているのですがねー。

今月は、わたしもよくシステムがわかっていません(笑)。
ブログtoメディアの期間限定企画「アジア楽園時間」とのコラボなのであります。

なので、今月はアジア記事が中心となりそうです。

よろしくどうぞ♪
<< 歌舞伎メイクにインドで遭遇 サムイ島で、いちばんステキなバ... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム