ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
野生のオランウータンが待っている!カリマンタンでエコ体験
野生のオランウータンが待っている!カリマンタンでエコ体験_b0053082_23393198.jpg
野生のオランウータンが待っている!カリマンタンでエコ体験_b0053082_23401495.jpg
野生のオランウータンが待っている!カリマンタンでエコ体験_b0053082_23402784.jpg
野生のオランウータンが待っている!カリマンタンでエコ体験_b0053082_23404396.jpg

昨日までインドネシア・カリマンタンに。

カリマンタンはボルネオの別名。
上はマレーシアとブルネイ、下がインドネシア。

今回はガルーダ・インドネシア航空がWWFなどと共同で行っている植林プロジェクトの視察と、エコクルーズ取材。

不法伐採や開発による森林の減少、それに伴うオランウータンの保護活動など、
カリマンタンの自然環境とエコツーリズムとの共存を探る、とても興味深い旅となりました。

めちゃくちゃ可愛い、オランウータンたち。
地元ダヤック族の美少女たち。

これから少しずつ、紹介していこうと思います。
by naoko_terada | 2008-06-12 23:52 | トラベル | Trackback(2) | Comments(10)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/8780142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from エコツアー 長野県の場合 at 2008-07-28 19:18
タイトル : エコツアー 長野県の場合
「エコツアー」とは、「エコ」を実践する「ツアー(旅行)」のこと。体験を通して得た自然や歴史、文化の学習、観光を総称した呼び方です。その精神を「エコ...... more
Tracked from エコツアー 長野県の場合 at 2008-07-28 19:18
タイトル : エコツアー 長野県の場合
「エコツアー」とは、「エコ」を実践する「ツアー(旅行)」のこと。体験を通して得た自然や歴史、文化の学習、観光を総称した呼び方です。その精神を「エコ...... more
Commented by ぽち at 2008-06-13 20:35 x
同じボルネオでもコタキナバルへは二度行きました。
ラサリアで森へ帰るトレーニング中のオランウータンの子供を見学しましたが、とても可愛かったです。
罪無き彼らが生きる場を奪われる・・心が痛みます。

ダヤック族の少女(ですよね?)、いい笑顔ですね。
澄んだ笑顔と言うのでしょうか・・素敵です。

今回の旅のお話も楽しみにさせていただきます。

そうそう、SIRROMETワインの名前の由来。
現地のセラーツアーで聞きましたよ^^
チーム・モリスのレースカーも置いてありましたね^^
Commented by carambola at 2008-06-14 11:48
今春,ボルネオの方でフタバガキ科植物の植樹をやってきましたよ.
炎天下,30本の苗木を足場の悪い,しかも粘土質の土に
植えていくのはちょっと大変でした(^^;)

カリマンタン側でもそういったプロジェクトが始動してるのですね.
カリマンタンは10年前に一度渡ったきりです.
ダヤック族の少女には会えませんでしたが,
ダヤック族の長老には会ったなぁ(笑)
Commented by naoko_terada at 2008-06-15 13:06
ぽちサマ

ボルネオでもマレーシア側に比べ、インドネシア側はアブラヤシの栽培エリアがまだ少なく手つかずのジャングルが残されています。
ただ、開発や不当伐採、焼き畑などの問題があり、早急に自然保全を行う必要があります。

ダヤック族。
知る人ぞ知る、「首狩り族」でもあるのです。

今はもうやっていないと言ってましたが。。。。
Commented by naoko_terada at 2008-06-15 13:10
鯔サマ

マレーシアのほうは高地ですが、我々が行ったのは南なので植生は微妙に異なっていました。

エコツーリズムも南部はまだまだこれから。
今回のエコクルーズはまさに、初めてのアクティビティだと言っていました。

なのでオペレーションもキチンと機能していません。
でも、モチベーションとポテンシャルは高く、とても勉強になりました。
Commented at 2008-06-17 10:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by naoko_terada at 2008-06-19 20:26
Dear  鍵コメさま

カリマンタンとはインドネシア語です。

また、東京へいらしたら次回はぜひ、Pバーへ行ってみてくださいませ。
Commented by hiyoko at 2008-06-21 01:07 x
GWに行ったバリ島のショップで、一目で気に入った白い器があって、お店の人に聞いたらカリマンタンのアンティークだと言われました。
二つ買って、具の多い汁や麺などに使っていますが、すごくいいんですよー、素朴で、品があって。
現地の人たちが、現在はどんな器を使っているのか見てみたいです。
Commented by naoko_terada at 2008-06-30 01:00
hiyokoサマ

返信遅くなってすみません。。。

白い器。
木製なのですか?
ダヤック族の「隣の晩ごはん」はちょっとノーチェックです。

たぶん今ではプラスティックものが主流かと。
Commented by hiyoko at 2008-07-01 01:13 x
おお、ほぼ同じ時間にパソコンの前にいますねー。
白い器、陶器ですです。
韓国の白磁にちょっと似ていますが、かなり素朴で、それでいて垢抜けていて、ほんと、すごくお気に入りです。
今絵、見に来てください。
Commented by naoko_terada at 2008-07-01 07:04
hiyokoサマ

今度ぜひ、ブログで公開してくださいませー。

本日から取材です。
ちょっと長いのですが楽しんできますね。
<< これは、ワインと募金のお話 ミャンマー・サイクロン&中国・... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム