ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ご用心!スーツケースはこんな目にあってます
ご用心!スーツケースはこんな目にあってます_b0053082_2003210.jpg

この前のスイス&ドイツは、空港の視察が主な目的。

で、空港の内部を見せていただきました。
このバックヤード(裏側)ツアーホント、好きなんです。
空港だけではなくホテルもレストランも、一般ゲストの目に届かない中の部分にこそドラマがあると思っている。
いつもワクワクしながらのぞかせていただいています。

今回はスイス・チューリッヒの空港の裏側をじっくり視察。
空港コントロール施設から、乗客用のラウンジ、滑走路などなど。
おもしろかったのは乗客の荷物を仕分けるラゲージコントロールの作業。

エアラインでは乗客のサービス向上のため乗り継ぎ時間を縮小したい。
そうなると当然、荷物の積込み作業も効率よくしなければならなりません。

チューリッヒでは写真のようなオートメーション化を一部取り入れて、ラゲージの仕分けをしています。これがまるでジェットコースター並みの速さ!
時速30キロ程度で大小形さまざまなラゲージがかっ飛んでいきます!
ポイントごとにラゲージタグのバーコードを瞬時に読み取る機械があり、これによって目的の飛行機に正確に仕分けられるようになっています。

しかし、これじゃあどんなにしっかりパッキングしても破損するかも、ですね。
中身はもちろんスーツケースへのダメージもある。

担当の方が破損やロストバゲージに対するアドバイスをしてくれました。

まず、なるべく外側に突起物がないようにする。
キャスター付きのスーツケースならキャスターが露出しているタイプではなく、スーツケース本体に納まったようなものが望ましい。
また、機械にはさまれる恐れがあるので日本人がよく使用する外側にバンドを巻くのもNG。自分のものだと主張したいならステッカーなどを張ること。
それからネームタグ(名札)は必ず。
日本語だけではなく英文表記で。
そして、ラゲージタグやネームタグが取れていた場合、中身を開けて確認することがあるので、内部にも連絡先を入れておくことが望ましいです、とのこと。

来週あたりからウィンターバカンスの時期。
みなさん、国内、あるいは世界中へと飛び出していくことでしょう。

これだけ一気に旅行者が増えるのですからトラブルに巻き込まれないためにも、
最低限の自己管理は大事。
旅行傷害保険に入る、行き先や連絡先を家族に伝えておく。
また、ここ数年は空港や入国時のセキュリティが厳しくなり、日々、その条件が変わっています。成田空港外務省のサイトなどで簡単にチェックできますから、出発前に確認してください。

旅は安全に戻ってこそ、楽しい思いでになるもの。


元気でいってきてください!
by naoko_terada | 2007-12-22 20:33 | トラベル | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/7851516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 盛岡に遊びにおいでよ at 2007-12-23 02:08
タイトル : 盛岡面白案内
盛岡は城下町なので歩きやすい安心感と安らぎのある街です。遊びに来てください ... more
Commented by amamori120 at 2007-12-22 21:47
色々参考になります。  ありがとうございます♪
Commented by koharu827 at 2007-12-23 08:38
おはようございます。
スーツケースってそうなのかな~(扱いが)思っていました。。
そうなんですね。。。お勉強になりました。。。
Commented by naoko_terada at 2007-12-23 18:59
amamori120サマ

もろいスイーツをいっぱいスーツケースに詰める時はご注意を。
瓶入りの化粧品なども気にしないと、ですね。あ、amamori120サンには関係ないか。
Commented by naoko_terada at 2007-12-23 19:00
koharuサマ

そうなんです。
それに職員の扱いもかな〜り乱暴です(しょーがないでしょうが)。コツは隙間を作らないことだと思います。でもね、難しいですよね。
Commented by hiyoko at 2007-12-25 00:46 x
チューリッヒの乗り継ぎって40分とか普通にあるんですけど、これならなるほど大丈夫そうですね。(笑)
人間だけ間に合って、荷物が・・・、なんてこともないのかも。
でもねー、もう少し丁寧に扱える機械が開発されないでしょうかねー。
日本じゃ考えられませんよね、スピードだけ追求するなんていうのは。
国民性の違い、なかなか面白いです。
Commented by ssd-clinic at 2007-12-26 12:42
はじめまして…
なるほど、勉強になります<(_ _)>。
Commented by naoko_terada at 2007-12-26 17:52
hiyokoサマ

今後は30分以内、だそうです。
ハブ空港の宿命ですかねー。
でも、案の定といいますか積み残しもあるようです。
そう考えると日本人はハードケースがお好きですがソフトケースのほうがいいかも、と考えたりして。
でも、「コレ!」というスーツケースにはいまだ巡りあっておりません。
Commented by naoko_terada at 2007-12-26 17:53
ssd-clinicサマ

はじめまして。

こういう作業を見ると、ホント、パッキングに関してもっと注意しないと、と考えてしまいます。
Commented by carambola at 2008-01-01 21:46
きゃ~!こわい!
そうか,手で運んでいるわけではないんだ…_| ̄|○
鯔の旅行バッグは布製なので
ますます破損の可能性が高いですね.
ここ数年は液体の機内持ち込みが制限されているので
どうしても預け入れにせざるを得ないし…
今までラッキーだったのか一度も大惨事にあたったことはないですが
パッキングの仕方をもうちょっと工夫しないと(^^;)
Commented by naoko_terada at 2008-01-04 07:46
鯔サマ

あ、でもね。
最後は「人力」なのですよ。
これがジェットコースターよりもさらに酷くて。。。
ドスドス落としまくってますから。
アラックとかの液体ものは要注意です。
しかもアジアのやつって、ほら密閉度がゆるいし。
というか密閉されてない。
<< 行列しても食べたい、香港・ソウ... ペニンシュラ東京、開業ガラパーティへ >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム