ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ベルリン発、ドイツ鉄道でバルト海へ
ベルリン発、ドイツ鉄道でバルト海へ_b0053082_21363471.jpg
ベルリン発、ドイツ鉄道でバルト海へ_b0053082_21365116.jpg
ベルリン発、ドイツ鉄道でバルト海へ_b0053082_2137643.jpg
ベルリン発、ドイツ鉄道でバルト海へ_b0053082_21373240.jpg
ベルリン発、ドイツ鉄道でバルト海へ_b0053082_21374760.jpg
ベルリン発、ドイツ鉄道でバルト海へ_b0053082_213801.jpg

実は、わたし、結構、鉄道好きであります。

今回、バルト海へ行くのに利用したのが、ドイツ鉄道DB
通称、デーベー。
ベルリンから、ドイツ北東部シュトラールズントへ向かう特急で所用約3時間。

ベルリン中央駅(Hauptbahnhof)は、2006年サッカーW杯開催の際に誕生した新しいもの。ガラス張りの近未来的な姿が、モダンアーキテクトで知られるベルリンらしく、ショッピングセンターやドラッグストアなどがありとても広い。
ただ、ヨーロッパの古い中央駅のような情緒がないのがちょっとさびしい気も。

1等車両は、平日だからでしょうか、利用客はほとんどなし。
コンパートメントを占領してゆったりくつろぎます。
車掌のおじさんが、コーヒーやスナック類のオーダーも受け、座席までデリバリー。
真っ赤なDBのロゴと、線路をイメージ(?)したようなマグカップも愛らしく、濃いめのミルクコーヒーを味わいながら流れゆく風景を堪能する時間は鉄道ならでは。
この路線周辺には大きな街はないようで、大半がのどかな牧草地帯。
途中、かなりの数の風力発電があり、牧歌的な風景との対比がなかなかシュール。

東西冷戦時代、ドイツの鉄道は旧西ドイツ鉄道(Bundesbahn)と、旧東ドイツ鉄道(Reichsbahn)に分かれていました。
それが1989年、ベルリンの壁の崩壊を契機にドイツ鉄道(Die Bahn)として新しくスタート。今では主要都市を結ぶドイツ観光には欠かせない交通機関です。

我々の列車はみごとオンタイムで、終着シュトラールズント駅に到着。
ここは世界遺産に登録されるバルト海の古き都市。
旧東ドイツ時代から保養所として人気のリューゲン島へのゲートウェイでもあります。

旧西ドイツ側に位置する新しいベルリン中央駅からわずか3時間。
かつては壁にはさまれ、不可能だったことはこんなにも簡単なことだったのか、とあらためて思う。

シュトラールズント駅に掲げられたDBの赤い文字が、印象的だった。
by naoko_terada | 2007-08-12 22:39 | トラベル | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/7284612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pandemic at 2007-08-13 21:20
寺田さま、大変ご無沙汰しております。

Die Bahn

昨年の" ドイチュ "ワールドカップで大変御世話になりました。

カイザースラウテルン駅から40㎞離れた小さな町に

滞在していたんですが、そこで同宿だった御夫妻はお二人で

アウディB6という、高級車をレンタしてアウトバーンを旅していました。

(その御夫妻にとってはワールドカップはおまけなんですね。)

僕も鉄道旅行大好きです。

鉄道での旅は、日本よりもEUの方が快適で親切だと思っています。

ホント、テラダさんがうらやましい〜
Commented by naoko_terada at 2007-08-15 19:36
pandemicサマ

ご無沙汰してます。
暑いですねー。

さすがに「鉄モノ」のコメントは少ないなぁ、と思っていたら。
pandemicサンがひっかかりましたね(笑)。
欧州の鉄道の旅は楽しいですよね。レイルパスを買えばとても気楽だし。ボーダーレスな旅が楽しめます。
”ワールドカップ”、次回も行かれますか?
南アもおもしろい国ですよ。
Commented by hiyoko at 2007-08-16 09:59 x
まさに「世界の車窓から」の世界ですねー。
それぞれの風景が目に浮かびます。
経験は少ないですが、私も海外の鉄道の旅、好きです。
ドライブ旅行とはまた違う良さがありますよね。
世界の「駅」を見るのも楽しみであります。
鉄道の旅って、その国その土地の空気をすごく感じられる気がするんです。
中国とロシアで受けた一番のカルチャーショックは、どちらも鉄道内で、でした。
Commented by naoko_terada at 2007-08-17 17:26
hiyokoサマ

hiyokoサンも、鉄分あるのですね。
中国とロシア。
考えただけですごそう。
インドも凄いですけどね。
駅はやはり、クラシックなヨーロッパの中央駅が好きです。
最近はどこもモダンで新しいものになりつつありますが。
Commented by nagisa23127 at 2007-08-25 22:02
わあ~あ、鉄道の旅、大好きです。駅、列車、風景、いいですね。3時間の旅。私は流れいく風景を眺めながら、時間があるので、色んな事を考えます。浮かんでくるんで
す。列車に乗ってる時間は癒しの時間です。
teradaさんの体験されている世界を想像しています。本当にゆったりとした時間だったでしょうね。
Commented by naoko_terada at 2007-09-03 01:24
nagisaサマ

3時間ってちょうどいいと思いません?
列車の旅では。
2時間じゃ旅情を味わうには短いし、4時間ではちょっと長い。

ぼーっとする時間がいいのですよね。
<< ドイツ、バルト海へと続く道 1000円で、「のだめ」気分を >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム