ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ようこそ!ザ・リッツ・カールトン東京
b0053082_19554410.jpg

b0053082_19555951.jpg

b0053082_19562179.jpg

b0053082_19563657.jpg

b0053082_19564942.jpg

b0053082_1957589.jpg

b0053082_19572069.jpg

2007年3月30日。

この日をずっと期待をこめて待っていました。
わたしと、そして多くのリッツ・カールトンの紳士淑女たちが。

冷たい春の雨と風の中、
8:30にテープカットが行われ、ザ・リッツ・カールトン東京が正式に開業。
新しい東京のホテルが誕生しました。

テープカットの後は、ご招待ゲストと共に45階のレセプションフロアへと。
エレベータを降りるとスタッフ全員がお出迎え。
拍手を受けつつ、奥のラウンジへと導かれます。
サ−ヴされるのは、ハウスシャンパンとなるドン・ペリニヨン。
レセプション横の壁には数億円と言われるサム・フランシスの巨大アートが。
招待ゲスト、今晩宿泊されるリッツ・カールトン・フレンズの方々。
そして国内外のメディアと、華やかさと高揚感あふれるフロア。
残念ながら外のパノラマは雨に曇って遠く富士山までは見えませんが、
コンクリートむき出しのこのフロアをヘルメットをかぶり、
作業中の工事関係者たちとすれ違いながら歩きまわった数カ月前を考えると、
本当に感無量。
ずっと取材に同行していたこれもまたホテル愛にあふれた編集のK嬢とふたり、
今までの過程を振り返りつつ、感動ひとしお。

新しいホテルはどんな高級ブランドでも未熟です。
歴史と伝統を持つホテルも、すべては一からスタートを切ります。

そんなホテルを一流へと導くのはホテル自身の絶対的な努力と、
豊かな経験と品格を持ったゲストたち。
東京のホテルが世界トップクラスになる要素は揃っています。
それを嬉しく、そして心から誇りに思います。

ザ・リッツ・カールトン東京の紳士淑女のみなさん、開業おめでとう。


ようこそ東京へ。
by naoko_terada | 2007-03-31 20:29 | TOKYO HOTEL | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/6674131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from HAPPY笙ェ POWE.. at 2007-04-29 09:05
タイトル : THE RITZ-CARLTON TOKYO ザ・リッツ..
3月、東京ミッドタウンにオープンしたホテル、ザ・リッツ・カールトン東京。 落ちついてからいこうと思いつつ・・なんだかんだ理由をつけて行ってきました(^◇^;) 52・53Fにある"ザ・リッツ・カールトン・クラブフロア"に宿泊です~ エントランスから45Fにあるレセプションへ。最上階の53Fにはクラブフロア宿泊者のみ 利用できるクラブラウンジがあり、そちらでチェックインができるそう。 ゆったりとしたプライベートラウンジのような部屋に通され、窓側のテーブル席に座ると、 眼下には宝石箱のよう...... more
Commented by shima at 2007-04-02 19:09 x
いつも寺田さんの美しい文章を拝読していますが、はじめてコメントします。このニュースで、このブログに初参加できることを心から嬉しく思います。
ようこそ東京へ、リッツ・カールトン!
あいにく、責任ある取材が入り、オープニングには間に合いませんでしたが、取材が終わり次第、ミッドタウンにかけつけました。
前日、プレス発表で館内をまわったときも感激しましたが、
一般のゲストが入って命をふきこまれ、桜が舞う喧騒のミッドタウンを歩いていると、また違った感慨がわきました。
『“職人”以外の作業員は入場をお断りします』の心意気で、新しい街をつくった現場の方たち。
『紳士・淑女』であれ、というリッツ・カールトンのスタイルもまた、職人の心意気に通じるものだと思います。
東京に必要なのは、その心意気、そして職人のプライド。
大きな期待をこめて、新ホテルと新しい街の行く末を
見つめていきたいと思っています。
これからは寺田さんの真似をして、クレドを手帳にはさみます(笑)。
Commented by naoko_terada at 2007-04-03 00:17
shimaサマ

初コメント、ありがとうございます。
嬉しいです。

ホテル、工事現場、そして編集者。
どの世界も「職人」と呼べる人たちがいてこそ一流の仕事が完成するのですね。今回は本当に貴重な経験ができたことに感謝しています。
ミッドタウン工事中、マイヘルメットに"紳士淑女をおもてなしする我々も紳士淑女です"と書いていた若い現場の職人さん。
忘れられない想い出です(笑)。

まずは宿泊しないと、ですね。
Commented by carambola at 2007-04-04 08:11
さすが日本!
スタッフに着物姿の人がいますね.
女将(笑)?

宿泊は無理でもゆったりとお茶くらい
しに行きたくなりました.
Commented by TUTU at 2007-04-10 06:00 x
なんか、リッツ・カールトンばっかりですね。
まわし者ですか、なんて・・・。
やっぱり、お金がないと旅は堪能できそうにないですねぇ。
つらいなぁ。
Commented by naoko_terada at 2007-04-14 17:48
鯔サマ

女将はいませんが、日本料理の「ひのきざか」のスタッフが淡いピンクの愛らしい着物を着ています。
アフタヌーンティーがいいですよ。高いけれど(笑)。昼間もいいし、トワイライトタイムも最高。あのロケーションは絶品です。
Commented by naoko_terada at 2007-04-14 17:50
TUTUサマ

こんにちは。
まわし者かもしれませんねー。何しろ10人に満たない開業準備室の時代から半年以上、ホテルができる瞬間に立ち会ってきましたから。思い入れはタップリです。
お金がないともちろん堪能できませんが、コーヒー一杯でも十分に楽しめますよ。1杯1600円もしますが、その価値を実感すると思います。ぜひ、お試しください!
Commented by ibayima-ma at 2007-04-29 09:17 x
こんにちは。新しいホテルが誕生するのに立ち会えるなんて、ほんとうに
素敵ですね~ 楽しみにしていた東京リッツ、さっそく泊まりにいって
きました^^ これから5年後10年後・・どんなホテルになっていくか
楽しみです。また泊まりにいけるよう、がんばろー♪
香港リッツもますます期待が膨らみます~
TBさせていただきました^^
Commented by naoko_terada at 2007-04-30 00:14
ibayima-maサマ

こんにちは。
お泊まりになられたのですね。さぞかしご堪能されたことでしょう。私はもう少し落ち着いてから、と思っております。
そう、新しいホテルはこれからどう育っていくか。
それを見守る楽しみがあります。
「ああ、この方にお仕えできてよかった」とホテル側に思ってもらえるような素敵なゲストになることも大事ですよね。
香港ももうちょっと。
楽しみですね。
<< 美味しいトムカーガイ、知りませんか? オーストラリアの世界遺産から、... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム