ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
飛鳥、そしてオペラハウス@シドニー
飛鳥、そしてオペラハウス@シドニー_b0053082_0251335.jpg

あんまりいい写真じゃなくて、ゴメンなさい。

これは、昨日、早朝のシドニー湾。
フォーシーズンズ・ホテル1809号室からのビューです。

右に見えるのはご存知、オペラハウス。
そして左には日本が誇る豪華客船「飛鳥」。
この時期はオセアニアクルーズのシーズン、世界中の大型客船がシドニーを訪れます。

シドニー滞在は、わずか2日間。
ですが、テツヤズでの美食ディナー、真夏のオペラ鑑賞、
1億5000万円(!)の最高級南洋パールとピンクダイヤモンドのジュエリー撮影など。
シドニーのラグジュアリーライフを体感する取材を堪能。
充実した時間を過ごさせていただきました。

そして、今はメルボルン
こちらのゴージャスライフもなかなか。
シドニーとは異なる大人な空間が、実にエレガント。

オーストラリアというと、
コアラにビーチ、そしてウルル(エアーズロック)と、大自然のイメージ。

ですが、実はとてもハイクオリティのシティライフが満喫できる国でもあるのです。

オーストラリア好きなわたしとしては、そんな魅力もぜひみなさんに知ってもらいたく。
今回はとっておきの場所を厳選、
今までにないオーストラリアの秘めたる表情を切り取っています。
これらは4月発売の雑誌に掲載予定ですので、
どうぞお楽しみに。

真夏のオーストラリア。

とってもステキ、ですよ!
by naoko_terada | 2007-02-04 15:17 | トラベル | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/6431916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 感謝する事の意味 at 2007-03-12 23:51
タイトル : 『飛鳥』で行く豪華クルーズ・・感謝!!
人は人に頼って、助け合って生きています。... more
Commented by daniella at 2007-02-05 23:05 x
FSにTetsuya's・・・なんてゴージャスなオーストラリア!
あ~Tetsuya'sに行ってみたい!!
我が家の前を優雅に旅立っていった飛鳥は
オペラハウスを見ながら羽を休めているのですね。
寺田様がご紹介くださるオーストラリア、
楽しみにお待ちしています。
Commented by hiyoko at 2007-02-06 08:50 x
シドニーは、もうウン十年前(直行便がなかった!!)に行ったきりですが、海外で初めて「ここに住みたい!」と思った土地です。
葉山と丸の内が凝縮されたような雰囲気でありながら、住宅のお値段は田舎並(当時の相場)で、しかもプール付きもあったりして興奮した記憶があります。
「ここに住みたい!」と思う場所はその後も増え続けていますが(笑)、シドニーに出会った時のあの衝撃は、今も忘れてはいません。
んーーー、迫りつつある老後、いったいどこに住むんでしょう??
Commented by 元マイスコスタッフ at 2007-02-06 14:37 x
あいかわらずワイン&海外ですなー
お元気そうでなによりです^^
インドに旅立つ際、寺田さんに頂いた「メメント・モリ」が現在も愛読書です。
Commented by ayhk at 2007-02-11 14:38 x
2年前の旧正月シドニーに少し滞在した時FSに泊まりTetsuya'sで
食事を楽しみました。
部屋も同じような眺めで懐かしく写真を見せていただきました。
前の船着場からシドニー湾の観光船に乗ったのも楽しい思い出です。
シドニーで食べた牡蠣は香港やケアンズで食べる牡蠣とは比べ物になりません。
シドニーはグルメの水準がかなり高い素敵な街ですね。
Commented by naoko_terada at 2007-02-12 00:28
daniellaサマ

実はこの「飛鳥」。
メルボルンでも遭遇。
今回、一緒に取材同行の女性カメラマンのお知り合いが乗船中。
わずか30分ほどでしたが、内部を見学させていただきました。

かな~り、興味深かったです。
「飛鳥」。
Commented by naoko_terada at 2007-02-12 00:30
hiyokoサマ

そう、あの頃、買っていれば今や億万長者でした。
今のオーストラリアは空前のバブル。
家もホテル宿泊代もレストランも、東京に負けないほどの高さ。

でも、シドニーのあの開放感は変わりません。
Commented by naoko_terada at 2007-02-12 00:32
元マイスコスタッフさま

おお、ご無沙汰ですねー。
お元気ですか?
「メメント・モリ」は今の時代こそ読みたい本かもしれません。

旅は続けてますか?
Commented by naoko_terada at 2007-02-12 00:35
ayhkサマ

ご無沙汰しております。
お元気でいらっしゃいますか?

今回、テツヤズでいただいたカキのクリーミーさが忘れられません。
この時期、カキの産卵期にあたりなかなか良質のものがない、
とのことですが、メルボルン、タスマニアでも味わい尽くしました。
<< オーストラリアン・グルメの寵児... NOBU(ノブ)@インターコン... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム