ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ホテルブランド物語
ホテルブランド物語_b0053082_2020411.jpg

9月10日、角川書店から新書「ホテルブランド物語」が出ます。

一流と呼ばれるホテルのホスピタリティ、哲学とはどういうものか。
ペニンシュラ、ザ・リッツ・カールトン、フォーシーズンズ、アマンリゾーツなど世界トップクラスのブランドを含めた18のホテルブランドを誕生、歴史、ビジネスマインド、人材教育などさまざまな角度から丁寧に紹介しています。
サービスの原点といえる「おもてなしの心」はどうやって生まれるのか。
ビジネス書として読んでいただくのはもちろん、自分好みのホテル選びの参考書としてホテル好きな方にもぜひ、手にとってみていただきたい一冊だと思っています。

企画からほぼ一年、多くの時間を取材にかけてきました。
トップクラスのホテルのGM(総支配人)とのインタビュー、スタッフとの出会い。
仕事とはいえ、多くの魅力あるホテルマンたちとの一期一会は、とても心に残る思い出であり、貴重な経験を与えてくれました。

今回、なかでもこだわったのが、ホテルの裏側の取材。
キッチンやランドリー、GMのオフィス、社員食堂など。普段見ることのないホテルの内側にこそブランドごとのこだわり、職場環境への取り組みがあることも実感しました。

カラー新書らしくビジュアル的にも力を入れ、43軒のホテルをカラーで紹介。ホテルカタログとしても役立つように考えてみました。

自分の本、というよりも多くのホテル、ホテリエたちの「一流」としてのこころざしの高さがこの本を作りあげたのだと思っています。
新しい外資系ホテルが続々、誕生して「東京ホテル戦争」などと言われていますが、そんなネガティブな発想は必要ありません。
より、ホテルとしての高みをめざすすばらしいチャンスが訪れたのだと思ってほしい。
そして、我々ゲスト側も世界の一流ホテルブランドを選ぶ楽しさを心から満喫したいもの。

ますます、ホテルが好きになる。

そんな思いをこめた、一冊です。
by naoko_terada | 2006-08-27 21:41 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/5567898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by daniella at 2006-08-29 21:09 x
秋のプチヴァカンス先で読む本をちょうど探していたのですが・・・。
まさに、列記されているリゾートに泊まろうとプランニング中です。
行く前に読んだ方が楽しめるのか、現地で読むべきか・・・。
でも、旅行に持って行くとヨレっとしちゃうから行く前かしら?!
う~ん。
Commented by naoko_terada at 2006-08-30 03:20
daniellaサマ

秋ヴァカンスは何処へ。

ぜひ、読んでいただき感想をお聞かせください。
ホテルラヴァーのみなさまの意見は貴重です。

本日、バリ&ジャワの取材にまいります。
今回の最大の楽しみはやっと9月にオープン予定のブルガリ・リゾート。
ブログでも情報アップできるようがんばってみますね。
Commented by FlowerSupplemen at 2006-08-31 19:16 x
ヴァカンスに出かけたいのに、なかなか行けず、気分だけヴァカンス気分(涙)でも楽しんで拝見しています。
Commented by stutiyi at 2006-09-02 12:46 x
うぉーーー(ぁ、思わず・・・失礼しました)、買います買います、発売後すぐ買います!

ホスピタリティって、サービス業に従事していなくても、生き方に通じる大きなテーマだと思います。
一流ホテルの志を、感じられそうで、楽しみです!
Commented by carambola at 2006-09-02 12:48
裏側までのぞけるとは興味深い本ですね~.
是非,チェックしてみます!

で,teradaさん,インドネシアですか?
鯔も中旬に渡バリたくらみ中.
エアーが取れれば…ですけどね(^^;)
Commented by naoko_terada at 2006-09-03 19:20
FlowerSupplemenサマ

最近は国内でもヴァカンス気分のホテルやリゾート、温泉宿なども増えてますよね。海外が無理でも近場でリゾート気分もいいのでは。

これからもみなさんに楽しんでいただけるような記事を更新しますね。
よろしくお願いいたします。
Commented by naoko_terada at 2006-09-03 19:23
stutiyiサマ

うぉーーー!
と私も叫びたい気分。
自分の著書本が出ることは物書きにとってはとても大きな意味があります。ぜひ、ひとりでも多くの方に読んでいただけると嬉しいです。

おっしゃるとおり。
ホスピタリティはサービス業だけではなく、生きかたそのもの。
この本に登場するGMをはじめ多くのホテリエたちからそのココロザシの高さ、気高さを教えてもらいました。

読んだらぜひ、感想を!
Commented by naoko_terada at 2006-09-03 19:24
carambolaサマ

ぜひ、チェックお願いします。

そうです。
実はただいまジョクジャです。
明日、ジャカルタに移り、その後、バリにまいります。

エアー、取れるのではないかなぁ。

バリが鯔を待ってますよー。
Commented by MK at 2006-09-06 07:35 x
なるほど・・・と思いました。
こちらのブログを初期から拝見している私は思っていたのです。

「寺田さん、ホテルに相当詳しそうだし、取材にも力をお入れになっている。
これは、ひょっとすると・・・。」

と・・・!
ここ最近は高級ホテルから遠ざかっている私ですが、興味はシンシン。
チェックさせていただきます。

楽しみ♪
Commented by carambola at 2006-09-06 16:36
>明日、ジャカルタに移り、その後、バリにまいります。
あら~,ウブドには来られませんか?
もしかしたらニアミスするかも.
…ホテルでお会いすることは絶対無いと思いますが(^_^;)
Commented by rissa at 2006-09-07 23:10 x
あー楽しみですね。
すてきなホテルの本。
ホテルの裏側なんて絶対に分からないので、
興味津々です。

タヒチもいかれたんですね。
タヒチの石鹸を探していて、
すごーくいいにおいがずっと残るものなんですが、
ご存知ないですか?!

ご存知でしたら教えてください。

ではでは、
また楽しみにしてます。
Commented by naoko_terada at 2006-09-14 23:43
MKサマ

いつもご覧になっていただき本当にありがとうございます。
コメントのお返事、遅くなってしまいゴメンなさい。

ぜひ、読後の感想をお願いいたします。
今後、このブログでも取材裏話でもしていこうかと思っております。

これからも楽しんでいただけるようなブログとしてがんばりたいと思ってます。どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by naoko_terada at 2006-09-14 23:46
鯔サマ

ウブド、行っていたのですよー。イブオカあたりでニアミスしてそうですね(笑)。今後、今回の取材内容もアップしていきます。

最近はバビもいいですが、ナシチャンプルの食べくらべ。
あるいはクタのミーTipTopの麺にはまってます。

やっぱりバリはいいですねー。
Commented by naoko_terada at 2006-09-14 23:48
rissaサマ

こんにちは。

タヒチの石鹸。
モノイ、ティアレなどでしょうか。
具体的な商品名はわからないですが、いろいろとありますよ。

ちょっと調べてみましょうね。
<< Thanks エイビーロード! ゴーギャンの、タヒチ >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム