ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ゴーギャンの、タヒチ
ゴーギャンの、タヒチ_b0053082_022572.jpg
ゴーギャンの、タヒチ_b0053082_0222955.jpg
ゴーギャンの、タヒチ_b0053082_0225777.jpg

タヒチ

これほど、甘美な響きを持った場所はないでしょう。

世界中のハネムーナー憧れのパラダイス。
世紀の美女、ニコール・キッドマンもハネムーンで訪れ、話題になったばかり。
一度は訪れたい、トップクラスのリゾートスポットです。

でも、わたしのタヒチの印象は、「終焉の地」。

なぜなら、わたしが最初に降りたったのは、水上リゾートが立ち並ぶボラボラ島でもモーレア島でもなく、マルケサス諸島。
そう、画家ゴーギャンが晩年を過ごし、今も眠る場所。
首都パペーテからは飛行機で3時間半。
距離にして1300kmも離れたフレンチポリネシア領最東端に近いマルケサス諸島は、その先は、はるかガラパゴス諸島までさえぎるものの一切ない、南太平洋の絶海の孤島群。
リーフに囲まれたボラボラなどの目もさめるような美しいブルーラグーンの代わりに、出迎えてくれるのは急峻な岩肌から落ち込んだダイナミックな海岸線とディープブルーの海。
ドラマチックな秘境の原風景が、タヒチの奥深さを教えてくれます。

そんなマルケサス諸島の中心が、ヒバオア島。
ゴーギャンが眠る共同墓地もここにあります。

わずか数軒の店舗が並ぶだけの村を望む高台。そこを車であがっていくと墓地へとたどりつきます。
正面には島の海岸線と、眼下に点在する村の家々。誰が置いたのか、ゴーギャンの墓の前には枝から無造作に手折ったプルメリアの花が。

波乱万丈とひとことで言うにはあまりにも激しい人生を送ったゴーギャン。
失意と貧困の中で死を迎えた彼ですが、牧歌的で平和な島の風景を眺めていると、この場所こそが彼の人生を物語っているように思えてきます。
故郷を遠く離れてはいるものの、100年以上経た今でも、彼の軌跡をたどるためはるばると訪れる人たちがいる。それほどまでに強烈な印象を人に与えるゴーギャンという生き方。

先日、ボストンへ行った際、ボストン美術館で見たのが、ゴーギャンが遺書がわりに描いたといわれる大作、

『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』

ゴーギャンの大胆にして鮮やかな、でも、苦悩をにじませた作品を見ていると、マルケサスの陰影のある島影と深く濃い海の青さが目に浮かんできます。

現在、ゴーギャンのもうひとつの代表作『かぐわしき大地』が東京国立近代美術館で開催されている「モダン・パラダイス展」に出展されています。
こちらはタヒチ滞在初期のもので、豊穣と生命力あふれる美しい楽園が描かれています。

生と死を描き続けた、ゴーギャン。

いかに死ぬか、ということは、つまりはどう生きたか、ということ。

8月の終わりは、ふと、こんなことを考えさせる時期ですね。
by naoko_terada | 2006-08-23 02:26 | トラベル | Trackback(6) | Comments(10)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/5538591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 飛翔世界 at 2006-08-24 04:02
タイトル : 大希地7 光滑的沙子
走光滑的 沙子上去。 怎么这么 愉快呢!... more
Tracked from きょうの出来事~HP作成.. at 2006-08-26 23:59
タイトル : 旅行
旅行に行きたいな~なんておもっています。 最近全然おもてに出てなくって、なんだか運動不足気味にもなっていまして。 ネットで検索していろいろと空想上で旅をするのも飽きちゃったし(笑) ・・・てなことで、旅行サイトでもつくっちゃおうかな。。。 国内だったら北海道がいいかも。 「札幌駅から程近い、個性派英国調ホテル。キラキラ日が差し込む吹き抜けの庭園、アンティークな調度品で統一された客室、インテリアへのこだわりが人気の秘密…」 いいよね~~~!!! ... more
Tracked from DVDジャンル別リアルタ.. at 2006-09-15 04:38
タイトル : ブルーラグーン
ミラ・ジョヴォビッチの初主演作。サンゴに囲まれた南海の孤島に漂着した男女が綴る、感動と愛の物語。... more
Tracked from タヒチのヒコさん付録 at 2006-11-27 07:05
タイトル : タヒチグッズ探し
インターネットでタヒチのグッズをいろいろ探してみた。 そうしたらどんどんと面白いものを見つけることが出来た。 タヒチに居ながら、日本に居ながら手に入れることが出来るタヒチのグッズとタヒチ関連書籍やDVDなんかの集大成を作ってみた。(なにやら文章がこんがらが... more
Tracked from タヒチ と 日本放浪記 at 2007-08-18 18:29
タイトル : ボラボラ島のタクシー
タヒチのボラボラ島でタクシーを頼んで見ました。こちらのタクシーはホテルで呼んでもらって、前払い制でした。たしかメリディアンからショッピング街(といっても商店っぽいところ)まで3,000パシフィックフランだったと思います。もちろん往復金額です。街についたら運...... more
Tracked from 日帰りガイド at 2008-06-16 13:27
タイトル : 日帰り旅行の情報です
日本各地の日帰り旅行・温泉・ドライブ・デート等の特集です。どうぞご参考にして下さい。 ... more
Commented by MK at 2006-08-23 15:12 x
豊かな色彩で表現されるゴーギャンの作品群、素晴らしいですよね。
鮮やかさの中に独特の深さがあり・・・。

ボストン美術館でかの大作をご覧になったとは、羨ましいです。
まさに、宇宙のごとく広がる彼の脳内世界の究極の姿という感じ。

素敵な記事をありがとうございます。
Commented by amamori120 at 2006-08-23 22:21
タヒチ  憧れの地の一つです。
ご掲出の絵、いま電車内広告に載ってますね。
Commented by daniella at 2006-08-24 00:18 x
寺田さんの旅のテーマはいつも視点が定まっていて
深みがあって素敵ですね。
ボラボラ島でも、ゴーギャンが見た楽園を存分に感じることが
できましたので、マルケサスはもっともっと感じるものがあるの
でしょうね。

METで見た"Iaorana Maria"を思い出しました。

Commented by naoko_terada at 2006-08-24 17:17
MKサマ

「本物はここにはひとつも残っていません」
タヒチのゴーギャン記念館の方が言っていましたが、そのとおり。
彼の作品はすべて海外にあります。
あの鮮やかで大胆な色彩は、タヒチでこそ見てみたいものだと思いました。
Commented by naoko_terada at 2006-08-24 17:19
amamori120サマ

ご無沙汰しております。
お元気ですか?
スイーツねたではないのにコメント残していただき、感謝です(笑)。

「モダン・パラダイス」展のポスター。
あの色調が目をひきますよね。
時間をつくって見に行きたいと思っているのですが・・・・。
Commented by naoko_terada at 2006-08-24 17:24
daniellaサマ

コメントありがとうございます。

「イア・オラナ・マリア」はMETにあるのですね。
ご存知でしたか、あの絵の左側の女性ふたりのポーズはボロブドゥール寺院のレリーフの構図から用いられていること。
ゴーギャンは古代エジプトのフレスコ画や、日本の浮世絵などを参考に多くの作品を描いています。

興味深いですよね。
Commented by foojily at 2006-08-27 20:44 x
寺田さん

お久しぶりな、コメントです。ご無沙汰でございます。

>いかに死ぬか、ということは、つまりはどう生きたか、ということ。

目標が定まらず、悶々としている時に、この表現に出会って考えさせられたこと覚えています。

毎日をしっかりと歩みたいものです。はい。

Commented by naoko_terada at 2006-08-30 03:11
foojilyサマ

メルボルンはそろそろ春めいてきましたか?
Ayaサンはお元気ですか?
東京は少し、秋めいてまいりました。

日々、きれいなココロで生きていきたいものです。
難しいですがね。

メル。
早く暖かくなるといいですね!
Commented by ななせ at 2006-09-01 21:57 x
はじめまして、ななせと申します。
タヒチ・・・私の思いもタヒチの印象は、「終焉の地」だと思います。モルディブやニューカレドニアやフィジーとは違ったまたボラボラ、モーレアとはイメージの違うマルケサス諸島が私が一番にタヒチと言われて思う場所
画家ゴーギャンが生涯かけて愛した場所であり晩年を過ごしたマルケサス。そこに咲くそこだけに咲くティアレ、赤い花のティアレアペタヒその花を見に行くのが私の夢です。
Commented by naoko_terada at 2006-09-03 19:30
ななせサマ

はじめまして。

マルケサスはとても男性的な島。
わたしのタヒチの印象をガラリと変えてくれました。
ティアレアペタヒは残念ながら見たことがありません。

ぜひ、いつの日か夢をかなえてください。
<< ホテルブランド物語 夏は、みうラバ! >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム