ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ストロベリー・フィールズ in NY
ストロベリー・フィールズ in NY_b0053082_223790.jpg

何年ぶりでしょう。
久しぶりのニューヨークは、相変わらず活気にあふれエキサイティングです。

今回はミッドタウンからアッパー周辺オンリーの滞在。
五番街のブランドはすでにセールを開始していますが、忙しいとお買物モードの
スイッチがはいらないので、いつになく心おだやかに歩けます。

今日は早めに撮影が終わったので、セントラルパークへ。
ジョン・レノンが住んでいたダコタ・ハウスのすぐ目の前にあるのが、
この、ストロベリー・フィールズ。
常に見物客と献花が絶えませんが、美しい木立に囲まれ、とても静かな場所。
一説にはジョンの遺灰はヨーコによって、
セントラル・パークのどこかにまかれたと言われています。

ところで、気になるのがお天気。
ニューヨークを含め北東部一帯に強い暴風雨、サンダーストームが来ているのです。
地域によっては洪水も発生しています。

木曜日にアムトラックでボストンに移動する予定なのですが・・・・。

公園を歩いていても、ちょっと心配な様子の曇り空です。
by naoko_terada | 2006-06-28 12:29 | トラベル | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/5133387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by koharu827 at 2006-06-30 21:56
こんばんは~
NYなんですね! いいな、憧れの地です。
それにそれにストロベリーフィールズも行ってみたい場所です。
NYのお友達が、「寒い日もある」って言ってましたが、まだ夏っぽくないですか?
強い暴風雨が!?  心配ですね。
スムーズに移動できるといいですが・・・。
Commented by carambola at 2006-07-01 12:53
今度はNYですか~.忙しいですねぇ.
お仕事の合間に
少しでも多くの楽しみがありますように♪

Commented by kaneniwa at 2006-07-03 02:08
お久しぶりです。この場所、訪れたことがあります。
偶然ですが、11月のニューヨークシティマラソンの前日でした。
ジョンの遺骨が、セントラルパークのどこかにまかれているという
のは初耳でした。ニューヨークの街は、このセントラルパークが
あるということだけで、奥深い感じがします。東京や大阪にも、
このセントラルパークにあたる場所があればと思います。
京都だと、京都御所の一部が、市民にとってちょっとセントラルパーク
てきですけれど・・・

BYマーヒー
Commented by naoko_terada at 2006-07-03 22:07
こはるサマ

サンダーストームはどうやら通過。
NY、ボストンの周辺は曇りではありましたが、暴風雨にもあわず。
明日は7月4日、そう、アメリカの独立記念日。
今週はすでに祝日気分ですね。
Commented by naoko_terada at 2006-07-03 22:10
carambolaサマ

こんにちはー。
ボストンに来ました。
京都と姉妹都市だけあり、文化と歴史かおる、とても好きな街です。

そして、ここの名物といえば、そう、ボストン・クラム・チャウダー!
クラム(はまぐり)入りのクリームシチュー。
日本人好みのお味であります。
Commented by naoko_terada at 2006-07-03 22:13
マーヒーさま

ご無沙汰してます。
草野球には楽しい季節になりましたね。
梅雨さえ明ければ。
ジョンは火葬にされ、遺灰の一部はセントラルパークにまかれ、残りはまだヨーコが持っていると、言われています。
真相は定かではありませんが。

ジョンとヨーコらしいエピソードですね。
Commented by ノン at 2006-07-17 01:26 x
ビートルズの歌に出てくるストロベリー・フィールズ(リバプールにある孤児院)には行ったことがありますが、ダコタハウスの前にもストロベリーフィールズがあることを初めて知りました。美しい場所のようですね。私もNYに行く機会があれば、ぜひ訪れてみたいです。
Commented by naoko_terada at 2006-07-18 01:07
ノンさま

ダコタハウスの向かいから、セントラルパークに入り歩いていくと、
看板が出ています。
美しい木立の中に、写真のようにImagineと記された美しいモニュメントが地面に。それを囲むようにベンチが置かれ、思い思いの様子で訪れた人が静かに過ごしています。

ぜひ、訪れてみてください。
<< アメリカ、独立記念日のボストン ドイツといえば、やっぱりビール >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム