ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
シドニーで一番の、名物ミートパイ
シドニーで一番の、名物ミートパイ_b0053082_1301622.jpg

シドニーで一番の、名物ミートパイ_b0053082_1303847.jpg

すみません。
もう、シドニーに来ちゃいました。
南オーストラリア州のレポートは、また後でお伝えしますね。

ということで、シドニー、といえばこちら。
ハリーズ・カフェ・ド・ホイール Harry's cafe de wheels

24時間オープンの名物屋台で、
オーストラリアの国民食と言われているミートパイで有名。
40年代から、その美味しさで目の前の海軍基地に勤務する水兵や、タクシードライバー、
近くのキングスクロスの夜のご商売の方たちの口コミで一躍、人気に。
店の外側にはエルトン・ジョンの大きな写真をはじめ、
ヴァージン・レコードのリチャード・ブランソン、ブルック・シールズ、
ケンタッキー・フライドチキンのカーネル・サンダースおじさんなどの来店写真が。
ほかにもフランク・シナトラ、マレーネ・デートリッヒなど往年の名スターたちもご来店。
今ではガイドブックにも紹介される、知る人ぞ知る名物屋台なのです。

数あるメニューの中でも、最も有名なのが「タイガー」と名づけられたパイ。
ミートパイの上にマッシュポテト、
さらにその上には、青々としたグリーンピースのマッシュ。
これにグレービーソースをかけ、プラスチックのフォークをずぶりと刺して出来上がり。
お値段は4.80豪ドル。
サー・エルトンも実に美味しそうにほおばっています。

食べ方はいたって簡単。
ポテトと豆のマッシュをつき崩しながら、下のミートパイに到達したら、
それらをグチャグチャにかきまぜていただくだけ。
お好みでさらにソースやチリ、ペッペーをかけるのもいいでしょう。

お味はですねぇ・・・・。
個人的には、そーんなに美味しいものではないなぁ、というのが本音。
日本のベーカリーのミートパイとは違い、ドロリとした大味のビーフシチュー、
といったテイストで、とにかくマッシュの量の多さで胸が焼ける(笑)。

でも、みなさんはとても幸せそうに食べてます。

では何故、訪れたかといいますと、
実はこの屋台のすぐ隣が、今晩のお宿だから。
かつてはWシドニーとして、
現在はインドの名門ホテル、タージが「ブルー」という名前のスタイリッシュなホテルとして
今年2月1日にリオープン。
その取材を兼ねての宿泊です。
下の写真で屋台の奥に見えるのが「ブルー」。

明日は、日曜にもかかわらずGMを引っ張り出してのインタビュー(ゴメンなさい!)。
古い埠頭を利用しているため外観は木造のクラシックさ。
でも、中は実にクールでヒップ。
シドニー湾のブルーの水面に浮かぶ、ステキなホテルの魅力をお聞きします。

ちなみに、ハリーズ、ブルーがある地区の名前は、woolloomooloo。
アボリジニの言葉で、発音はウールームールー。

昔、この近くに住んでいたわたしには、懐かしい響き。

ハリーズ・カフェも、その頃からある風景なのです。
by naoko_terada | 2006-03-18 20:28 | トラベル | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/4275482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by seashell at 2006-03-18 20:54 x
はじめまして!
シドニーに住んでいながら、まだこれ、ためしたことがありません。
アデレードで、ピースープに浸っているパイなら食べたことありますが、
シドニー名物の方がボリュームありますね。

Commented by naoko_terada at 2006-03-18 21:15
seashellサマ

はじめまして。
早々のご訪問ありがとうございました。
ビーフスープに浸かったパイは食べたことがありません。
食べたくない。
ハリーズ・カフェにはいろいろとメニューがあるので、ぜひ、
試してみてくださいませ。
Commented by amamori120 at 2006-03-18 23:41
食い物の匂いにつられてやってきました。
韓国人風に食べるんですねwww
Commented by こはる at 2006-03-19 00:26 x
こんばんは、寺田さん♪
もう シドニーに行っちゃいましたか。 笑
24時間オープンの屋台っていいな~。。
タイガー!!  
「そーんなに美味しいものではないなぁ、というのが本音」なの?
食べてみたいなぁ~。 笑


Commented by naoko_terada at 2006-03-19 07:19
amamori120サマ

下の写真、よく見ると左側に背中をこちらにむけて座ってる人たちが見えませんか。これ、みんな海を見ながらパイと格闘している人たちなのです。また、フタ付きの大きなゴミ箱もマストアイテム。
残りを目当てにするカモメたちがいるからなのです。

これも食物連鎖、でしょうか。
Commented by naoko_terada at 2006-03-19 07:24
こはるサマ

タイガーというネーミングは、たぶん、海軍の船のニックネームあたりから来ているのでは、と推測します。
わたしはここから歩いて20分ほどの場所に住んでいました。
味、グリーンピース好きなら、OKかもしれません。
隠れたシドニー名物なので、どうぞ一度食べに来てくださいませ。
Commented by carambola at 2006-03-19 10:50
ひ~,フォークが突き刺さっています!

さすがという感じのボリュームですね.
パイの上にポテト!というところがさすがです~.
Commented by seashell at 2006-03-19 11:40 x
私のブログにもコメントをいただき、ありがとうございます。
アデレードのパイはグリーンピースのスープの中に浸っているんです。
スープは流れないくらいしっかりとドロっとしているのですが、パイ皮が浸ってしまうと、せっかくのサクサク感がなくなってしまうんです。
写真から見ても、シドニーの方がおいしそう。
夫はこれが好きで、シティに住んでいた頃、しょっちゅう食べていたと言っていました。
Commented by daniella at 2006-03-19 16:36 x
寺田さん

こんにちは。アボガド!と激しく反応しましたが、グリーンピースのマッシュ
だったのですね。半分ぐらいの量でしたらトライしてみたいかも・・・。

さて、いつかWシドニーに泊まってみたいと思っていたのですが、
クローズしてしまったのですね?!でも、タージのオペレーションなら
またまた気になるホテルの登場!
モルディブにもWがOPENするとかで、世界中、気になるホテル
だらけです。
Commented by naoko_terada at 2006-03-20 08:09
carambolaサマ

すごいですよ。
フォークないと食べられないですもん。
ふたりで1個で十分でしょう。

昨日のランチはマレー系ファミリー経営のカフェでラクサを
いただきました♪
Commented by naoko_terada at 2006-03-20 08:10
seashellサマ

ビーフスープではなく、ピースープでしたね。
でも、やっぱり食べたくない(笑)。
そう、パイってあのサクサク感が身上でしょ。
オージーのご主人はやっぱりお好きなんですね。
今度、ぜひご一緒に。
Commented by naoko_terada at 2006-03-20 08:14
daniellaサマ

Wシドニーは残念ながらなくなりました。
でも、同じようなコンセプトでタージが引き継いでいます。
昨日、インタビューしたGMも、Wからのスターウッドのスタッフでした。
モルディブのWも興味深いですよね。
そろそろ日本にも、とのウワサもありますし。
Commented by トモミ at 2006-03-25 08:34 x
こんにちは!
カナダ在住のトモミと申します。
これまでも寺田さんのブログ、密かに愛読していました♪
以前シドニーに住んでいたので、今回のエントリーを読んですっごく懐かしくなりました~。
このミートパイ屋さん、行きましたよ~。

もしよかったら、私のブログにリンク貼らせていただいてもいいですか?
ご迷惑ならお知らせくださいね。

ぜひカナダにも来てくださいね~。
これからも旅行記楽しみにしています☆
Commented by naoko_terada at 2006-03-26 15:49
トモミさま

はじめまして。
こんにちは。

愛読していただき、ありがとうございます。
カナダはどちらにお住まいでしょうか。
ちょっとオーストラリアやNZに似ていますよね。
私も大好き。
人も温かく、ちょっとシャイでおだやか。

ブログへのリンク。
どうぞよろしくお願いいたします。
そのうち、カナダの記事もアップしますね。

これからもよろしくどうぞ。
Commented at 2010-09-20 17:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< カンガルー島でのシアワセな、一日 初秋の、アデレードへ >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム