ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
今が旬!香港で、上海ガニを
今が旬!香港で、上海ガニを_b0053082_21383078.jpg今が旬!香港で、上海ガニを_b0053082_21402397.jpg


今が旬!香港で、上海ガニを_b0053082_21393588.jpg今が旬!香港で、上海ガニを_b0053082_2140258.jpg


香港在住の友人Kに連れられて、
向かったのは湾仔(ワンチャイ)の、ノボテル・センチュリー香港
ここの地階に、地元では安くて美味しい上海料理の店として知られる
老上海飯店(ラオシャンハイ・レストラン)が。

特に凝ったインテリアでもない、ごく普通の店。
でも、入口にはこれぞ旬!
といった風情に、上海ガニが冷蔵ケースにズラリ。
お値段は、いたってシンプル。
大きいモノが高い。
時期などにより、オスが美味しいとき、メスがおススメのときがあるようですが、
銀縁メガネでカタコト・早口のニホンゴを駆使するマネージャー氏が、
「オス、ゼッタイ、オスがオイシイよ。ミソがイッパイダカラ」と、断言。
ということで、やや大きめの1匹280香港ドル(約4000円)のオスを所望。

温めた紹興酒をちびり、ちびりと楽しみながら待っていると・・・・。

みごとに蒸しあがった上海ガニは、艶々と色ぽっくも美味しそう。
さっそくスタッフのお姉さんが手際よく、ハサミで解体。
食べやすいようにサーヴしてくれます。

上海ガニの真骨頂は、断然、ミソにあり。
蒸したての黄金色に輝くミソの濃厚にして甘みをたっぷりと含んだ味は、
三ツ星シェフでも決して表現できない美味しさ。
二人とも言葉も交わさず、ひたすら上海ガニと格闘。
意外なところに身がたっぷりとつまっているので、
それを知らずに捨てようとする私たちを見かねて、お姉さんがヘルプ。
「好吃ハオチー(おいしい)!」を連発する、
我々を見て満足げ。
思わず日本語で「おいしいっ!」と言うと、「それ、日本語で好吃って言ってるの?」
と聞くので北京語が話せる友人Kが、にわか日本語レッスン。
「オイシイ、オイシイ」とつぶやきながらカニをほぐしてくれる彼女。
「ほ~ら、おいしいからねー、たくさん食べなさーい」と、
母親にごはんをよそってもらっているような気分になって、ちょっと幸せ。

そして、最後は温めた紹興酒をミソが残っている甲羅にたらしてみる。
ああ、これぞ口福、至福のひととき。

フィニッシュは、
これもお約束のショウガを入れた甘いホットドリンクを。
カニは体を冷やす食べ物とされ、中国では必ず最後に体を温める
このドリンクを飲むのが習慣。

でも、コレ、あまりおいしいものではない。
イヤな顔をして飲んでいる我々を見て、店のマネージャー氏は、
ニッコリ笑顔で、
「カラダ、アタタマレバOK、ワタシコレ、ノミマセン、いつもコレ、ノミマス」
と、紹興酒のボトルをさす。

なんだ、そうなの。
早く言ってよ。それなら、全然ウエルカム。
次回からは、そちらをさらにいただくことにしましょう。
by naoko_terada | 2005-10-29 23:02 | ワイン&ダイン | Trackback(1) | Comments(13)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/3696051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from アジアの片隅で@香港、大.. at 2006-02-20 11:49
タイトル : 香港、灣仔、老上海飯店
今日のランチ 元の老正興で、サーズで会社がつぶれた後、従業員がまったく同じメニューで再開。 上海蟹で有名です。蟹味噌麺や酔蟹は冷凍にして年中食べれます。 今日の飲み物は青島ビール、缶入りは不味いが瓶入はいけます。 まず酔鶏、白蒸鶏を紹興酒に漬けた物、美味しい 小籠包、まあまあ。これは台北の鼎泰豊がピカ一。 名物の蟹味噌麺。2800円ほどで高いが美味い。 味噌をかけた所 サービスが混ぜてくれます。 ... more
Commented by こはるびより at 2005-10-30 15:21 x
こんにちは~寺田さん!
『今が旬! 香港で、上海蟹を』のタイトルを読んで、そのまま
その下の写真の男性に目がとまりました(笑)アフレコみたいで。
食べたことないんだけど、やっぱり美味ですか、カニ。
紹興酒もいいですね!
ショウガを入れた甘いドリンク、風邪に良いって感じかな?


Commented by amamori120 at 2005-10-30 17:54
なかなか上海蟹を頂くチャンスがないのですが、 いったいに蟹を食べる時って 何故か、みんな寡黙になりますねw
Commented by naoko_terada at 2005-10-30 18:22
こはるびよりサマ

は~い、こんにちは。
そう、彼がマネージャー氏。ナイスなキャラだったので、
思わず載せちゃいました。
右手に持ってるのは青のボールペン。
これでオーダー表に注文を殴り書きしては、厨房にばちーんと、
たたきつける。
友人との北京語、日本語まじえての丁々発止のオーダーも
かなり、おもしろかったです。

ショウガドリンクは、たぶん黒砂糖で甘みをつけてる。
風邪にはゼッタイ、効きそう。
でも、香港の人は風邪のとき、レモンをいれた温めたコーラを飲みます。
お味は・・・・。
わたしは結構、好きかも(笑)。
Commented by naoko_terada at 2005-10-30 18:31
amamori120サマ

帰国後、有名中国料理店、六本木飯店に行きましたら、
「1匹4000円から」、とのこと。
香港とあまり変わらないですねぇ。
サイズはどうでしょう。
老上海飯店では、豆苗(とうみょう)、小龍包なども美味。
ちょっと濃いめの上海料理らしい味付けです。

でも、ホント、カニは人を寡黙にさせますね。
Commented by yoraku at 2005-10-30 22:32
ちょうど去年の今頃、横浜中華街で上海蟹を初めて食べました。
やっぱりオスのほうが美味しかった!本当にミソが絶品ですよね。
香港でも4000円くらいするんですね。横浜では1ぱい2500円ぐらいで、それでも高いわぁと思ったのですが・・・
Commented by naoko_terada at 2005-10-30 23:56
yorakuサマ

こんばんは。
手の具合はいかがですか?

香港でも、160ドル(約2400円)前後のモノもあったのですが。
せっかくだから、と奮発してしまいました(笑)。
香港は現在、経済が好調でバブルな雰囲気。
ホテルは高く、いつも満室状態。物価もとても上がっています。

今、一番高品質なサービス、商品を楽しめるのは、
東京、ですよ。
Commented by carambola at 2005-10-31 23:06
お帰りなさい,っていったと思ったら今度は香港ですか.
忙しいなぁ(笑)
そして美味しそうですねぇ.

カニはね~,どうしても寡黙になります.
あと親しい人とじゃないと落ち着いて食べられませんよね(笑)
「オイシイオイシイ」の呪文でますます美味しくなったのでは?

Commented by naoko_terada at 2005-11-01 08:24
carambolaサマ

すみません・・・・(笑)。
実は今回、深センにも行ってきました。
普段にも増して、年末に向けて猛チャージ、かけてますの。

上海ガニ。
できればオス、メス両方にトライしたかった。
カニだけならそれも可能。
他にいろいろ頼んでしまったので。

甲殻類はホント、親しい人と、ですね。
Commented by baby-you at 2005-11-01 10:47
おいしそうですね。今がシーズンですものね。
カニは大好きなので、よだれがでそうです。

私は、先週までいたサンフランシスコでタンジネスクラブを
食べてにこにこでした。
Commented by naoko_terada at 2005-11-02 21:13
baby-youサマ

タンジネスクラブも美味しいですよね。
シンプルにギュッとレモンをしぼっていただくのが好き。
あと、ソフトシェルクラブ。
ちょっとスパイシーな衣をつけ、クリスピーな揚げたてを
甲羅ごとバリバリと威勢よく食べる醍醐味。
ビールとの相性もいい。

日本人はホント、カニ好きな国民です。
Commented by ayhk at 2006-02-20 11:54 x
TBさせていただきました。
私はここの年中食べれる蟹ミソを使った麺が大好きです。
日本では法律で生きた上海蟹の持ち込みが禁止になり
美味しい上海蟹が食べれなくなってしまいました。
Commented by salondeshanti at 2010-10-01 17:11
私も老上海酒店の上海蟹大好きです♪こちらのカニみそラーメンも懐かし~です。香港に遊びに行くお友だちには、みんなに薦めているお店で嬉しくなり、思わず、コメントさせていただきました。
Commented by naoko_terada at 2010-10-01 18:13
salandeshantiサマ

コメントありがとうございます。
この記事、もう5年前なのですが、あの味は健在でしょうか。
上の記事のスタッフもまだいたりして(笑)

上海蟹の季節になってきましたねぇ~。
<< 新宿の秋の一夜、幽玄なる薪(た... たまには近況報告、など >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム