ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
メキシコ、2500mの峡谷で朝を迎える
メキシコ、2500mの峡谷で朝を迎える_b0053082_16424528.jpg

メキシコ・チワワ鉄道。
そのハイライト的存在といえるのが、コッパー・キャニオンと呼ばれる大峡谷。
ダイナミックな山並み、深く切れこんだ絶壁の岩肌。
周辺にはいくつものトレッキングルートがあり、メキシコで本格的なアウトドア体験が
満喫できる貴重なスポットです。

そのゲートウェイとなるディヴィサデロ駅に降りたったのは、夕刻。
駅にはタラウマラ族の人たちがみやげ物や、タコスなどを売る姿が。
子供も犬も、自由きままに線路を横切るのどかさ。
でも、忘れてはいけないのは、ここが標高2500m級ということ。
峡谷の洞窟に居住するタラウマラ族の家を訪問するため、
ゆるやかな自然道を歩いただけで、ちょっと心臓がドキドキし始める。
高山病ではないものの、体が慣れるまでが大変です。

この日の滞在は、駅の正面にあり、絶景の峡谷ビューが堪能できる
ホテル・ディヴィサデロ・バランカス
バランカスとはスペイン語で峡谷のこと。
その名前のとおり、ロッジスタイルの客室のテラスからは感動的な景観が、
パノラミックに広がります。

翌日、朝の5時。
鳥の声がこだまする外の気配に目覚め、テラスに出てみる。
窓を開け放つと、ひんやりとした空気が一気に眠気を覚醒してくれる。
目の前の峡谷はまだ夜の気配を残しながらも、こちらも目覚めはじめている。

やがて、峡谷の先端に朝日があたる。
新しい一日のはじまり。
夜明けの静謐な空間が、鮮烈な朝日によって生命力あふれる空間へと変わる。

毎日、くり返されるあたりまえの、でも偉大なる大自然のドラマ。

その瞬間に立ち会えたことに、素直に感謝!
by naoko_terada | 2005-08-31 17:09 | トラベル | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/3392436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amamori120 at 2005-08-31 19:16
まさに絶景かな、ですね。
標高2500m級というと南アルプス・クラスですか?
大変だけど羨ましい、お仕事ですね。
Commented by gazelle-aw at 2005-08-31 20:37 x
最近このブログを発見して、毎度楽しみにしています。名前のとおりみんなをハッピーにしてくれる素敵なブログです。
さてさて、この写真って映画グラン・ブルーの最初のシーンでヒロインが降りる駅だったりしませんか?とっても雰囲気が似ている!!中南米はまだ行ったことが無いのだけど、是非是非行きたいです!!
Commented by naoko_terada at 2005-09-01 04:54
amamori120サマ

いささか時差ボケ。
こんな時間に目覚めてしまいます。
メキシコシティもやはり2500mほど。周辺のマヤの遺跡に登って、
つらい思いをしたことがあります。
しかし、この大峡谷。
本当にすばらしかったです。
Commented by naoko_terada at 2005-09-01 05:13
gazelle-awサマ

コメントありがとうございます。
みなさんがハッピーな気分になり、旅に出たくるよう。
そんなモノを目指しております。
『グランブルー』。
観ましたが、そんな場面ありましたっけ。
今度、チェックしてみますね。
帰りの空港で購入した「コンデ・ナスト・トラヴェラー」誌に、
"Around the world in 50 films"という記事が掲載されていて、
とてもおもしろかったです。
Commented by こはるびより at 2005-09-01 08:14 x
おはようございます! ステキ~~~~!!
とてもワクワク・ドキドキする写真です! 
景色もキレイだし、ホテルも雰囲気があって、とてもイイですね。
行ってみたいな~~~。


Commented by アリコ at 2005-09-01 14:06 x
メキシコの鉄道は便利ではない、あまり利用されていない、と聞いていたので、チワワ鉄道の話、とても興味深いです。

今月末、メキシコのオアハカに10日程行きます。次の機会には是非私も、鉄道旅行がしてみたくなりました。
Commented by naoko_terada at 2005-09-01 14:59
こはるびよりサマ

鉄道の旅って、旅情を感じさせてくれてスキ。
仕事の場合だと飛行機や車の移動が多くなってしまいますが、
時間があれば、流れる景色を堪能しながら、
ゆっくりと揺られていきたいものです。
Commented by carambola at 2005-09-01 15:00
チワワがメキシコ原産だとは知りませんでした~.
しかもチワワ鉄道って,なんだか響きが可愛いですね.
鉄道の旅,やったこと無いのであこがれです.

火曜日,バリ島から帰ってきました.
ボチボチですが,またバリネタアップしていきますので
また遊びに来て下さいね♪
Commented by naoko_terada at 2005-09-01 15:01
アリコさま

こんにちは。
このチワワ鉄道はエクスプレスとローカルの2種類があり、
エクスプレスはアメリカ人などの観光客が多く利用。
キッチリと時間どおりではありませんが、思っていた以上に
キチンとしたサービスで、とても楽しかったです。

オアハカ。
わたしはまだ、行っておりません。
一度、行ってみたい場所のひとつです。
Commented by naoko_terada at 2005-09-01 15:09
carambolaサマ

おかえりなさいー。
バリはいかがでしたか?
わたしも10月頃に行こうと思っているのですが、どうなるか。
西端のムンジャンガン・リゾートで乗馬、トレッキングでもしてこようかと
画策しております。
Commented by gazelle-aw at 2005-09-07 01:27 x
再び。前回コメントで「グラン・ブルー」の最初のシーン?と書きましたが、これは、ペルーのLake Huachacocha湖での撮影で、駅はLagodel Domonio駅だそうです。中南米の高地の駅という共通点しかありませんでした。お騒がせしました。
「グラン・ブルー」のトランスクリプト発見したので御参考まで。
http://www.hundland.com/scripts/TheBigBlue.txt

「コンデ・ナスト・トラヴェラー誌」はきっとスペイン語の雑誌なのでしょうね(残念ながら読めないなあ)。自分のよく知った街が映画に撮られると違った視点で見えてきて面白いですよね。
Commented by naoko_terada at 2005-09-08 18:01
gazelle-awサマ

情報ありがとうございます。
コンデナスト~は、英語の雑誌なのですよ。わたしもスペイン語はわかりませんもの。
日本の洋書店でも手に入りますが高い。
なので、いつも海外の空港で、帰りに小銭処理も兼ねて雑誌を買って帰ります。
<< 幸せの、おすそわけ メキシコ、チワワのふるさとへ >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム