ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
今、考えていること
今、考えていること_b0053082_12305513.jpg
東京は自粛アラートが解除され、休業要請も段階的に解除となり、少しづつ経済が動きだしてコロナ以前へとシフトをしようとしています。また、国内の観光も政府によるGo toキャンペーンを筆頭に各自治体による旅行や宿泊の補助などが立ち上がり、旅行需要を喚起しつつあります。

そんな状況の中で、いまひとつこの流れに乗り切れない自分がいます。

本来ならば職業柄、率先して観光産業や宿泊業、さらに飲食業界のために情報を発信していくべきなのでしょうが、今回の新型コロナ感染というそれまでにない経験を前に、それでいいのかという疑問がぬぐいきれないのです。この数か月、ジャーナリストとして発信をほとんどしなかったのも、このもやもやがあったから。今もまだ悩んでいます。

悩んでいることの原因はふたつ。

まずひとつは、再び感染が拡大した際の対処が不透明なまま、経済をまわしはじめていいのか、ということ。ただ、休業要請を解除していかないと倒産する店舗、企業がいるのも事実。実際、すでにさまざなま分野で店をたたむ、廃業するというニュースが出てきているのはみなさんもご承知のこと。旅行業界にしてもこれまで応援してきたホテルや旅館、地域、関係者、生産者のみなさんの危機的な叫びがわたしのところにも届いています。彼らをサポートしたい気持ちはもちろんあります。そのうえで、自粛解禁になったからと、何もなかったかのようにこれまでのような旅情報を発信する気もちになれないのです。

もうひとつは、コロナ以前の旅行スタイルを戻すことにもどこか疑問を感じています。社会問題にもなったインバウンドによるオーバーツーリズムや、民泊の台頭や新規参入ホテルによる宿泊施設の過剰供給と底打ち感からの料金のゆるやかな下降など。また、開発による自然環境への憂慮など。課題・問題となっていたものは多々、ありました。その時点に戻ることは正しいことなのか。旅行需要キャンペーンを行うことは理解しますが、今のタイミングだからこその視点、方向性が必要ではないのかと考えてしまいます。

思えば、民泊やLCC、マイレージなどが一般的になり海外も含め旅は身近で、タイミングを選べば激安で行けるアトラクションになっていました。「弾丸」というキーワードも生まれましたが、わたしもそれを面白がっていたひとりです。旅系メディアもそんな消費マインドを刺激するための記事や最新情報を発信してきました。それは新しい旅のスタイルとして定着していきましたが、結果として旅という行為が軽いものに思えるきっかけでもあったようです。

2019年、日本人は2000万人以上が海外へ出国しました。国内での旅行消費は22兆円近く。
withコロナかwithoutコロナか。
未来はわかりませんが、その数を戻すことは、はたして正しいのか。

わたしにはまだ答えがありません。




by naoko_terada | 2020-06-15 07:30 | 新型コロナ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/30101418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 25ans 世界中どこへでも ... 大人のための趣味サイト「シュミ... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム