ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
台風15号後の伊豆大島へ。
b0053082_19010398.jpg
竹芝桟橋から高速ジェット船で1時間45分。伊豆七島で最も都心に近い伊豆大島。
千葉県と同様に先日の台風15号の被害を大きく受けました。このほか伊豆七島では新島、式根島も被害がありましたが、現在は伊豆大島も他島もライフラインは復旧。観光施設もごく一部を除き通常営業をはじめています。

以前から大島が好きで通っていました。
島内に暮らす友人たちも多く、島の状況を知りたく9月中旬にたずねてきたときのことをつづります。

ちなみに来年1月24日まで東海汽船が創立130周年記念として通常より最大約62%オフの伊豆大島往復きっぷ を販売中なのでかなりお得です。
また、東京都の助成による8000円で1万円分の電子マネーが利用できるしまぽ も活用度大です。

伊豆大島観光。結果からお伝えするとまったくもって問題ありません。
被害の大きかった南部は窓ガラスが割れ、屋根や瓦が飛んだりした店舗や家屋もありましたし、島をぐるりとまわる一周道路も山沿いの道は枝が落ちていたりといった様子は見られましたが、観光で行っても問題ないレベル。いつもどおりの島時間がゆるやかに流れています。現在、利用できないのは波浮(はぶ)にある「旧港屋旅館(踊り子の里資料館)」、 「旧甚の丸邸」と「トウシキキャンプ場」、それに三原山に向かう道路「御神火スカイライン」。ホテルや旅館、民宿、飲食関係も大半は通常営業を行っています。

今後、アップデートした情報は伊豆大島ジオパーク のFBかツイッター、大島観光協会 の公式サイトで確認してください。

b0053082_19004108.jpg
まずは伊豆大島のアイコン、「御神火さま」こと三原山へ。
展望スポットからはみごとな姿を見ることができました。いつもと同じのびやかさ。山頂までは展望台からならば1時間弱。お子さん連れでも登れる気軽さです。

b0053082_19005000.jpg
そして日本で唯一、「砂漠」の呼称がつけられている裏砂漠へ。展望台への道の途中にある大島温泉ホテル脇からのびる温泉ホテルルートを途中まで歩いてみました。「こもれびトンネル」「再生の一本道」「ジオロックガーデン」などのネーミングがつけられているように途中から植生、地形がドラマチックに異なり飽きません。まさにジオパーク(伊豆大島は日本ジオパークに登録)ならではの風景。台風が通ったあとは若干、痛々しい場所もあったようですが歩くのに支障はありません。

b0053082_19004526.jpg
トレイルを楽しんだらぜひ、大島温泉ホテル で自慢の源泉かけ流しの温泉に行くのもお忘れなく。樹海越しの三原山ビューを満喫できる露天風呂があるのは大島でもここだけ。絶景です!

b0053082_19002437.jpg
ジオパークらしいもうひとつの絶景スポットが、大島一周道路沿いにある「地層大切断面」。
別名「バームクーヘン」。うねるように隆起した地層は島の噴火史と地球の胎動をダイナミックに伝えます。目の前にバス停があるほか、レンタカーを停めるスペースもあるのでゆっくり見学してください。

b0053082_19001053.jpg
b0053082_19003628.jpg
フォトジェニックなポイントで人気の「泉津(せんづ)の切通(きりとおし)」は必見。台風で倒木や階段がゆるんでいるため私が行ったときは奥への通行は禁止となっていましたが、これもそのうち整備され解消するはずです。一周道路の旧道にあるので小さな標識サインを見落とさないように。また、すぐ近くの波治加麻(はじかま)神社はちょっと怖いほどのスーパーパワースポット。
アクセスと詳細はここ をチェックしてください。

b0053082_19005863.jpg
さて、小腹がすいたので目指すは波浮です。
今回の台風15号が最も激しく猛威をふるった島南部の素朴な港町。私が愛してやまない場所です。
そんな波浮にあるのが古民家を活用したカフェと民泊を運営する島京梵天(とうきょうぼんてん)さん。台風直後は少しおやすみしていましたが、今は元気に営業中。
人気はハネ付きたい焼き。アシタバやカスタード、ハムチーズマヨなど味のバリエーションが豊富。私はシンプルに粒あんをチョイス。

b0053082_19005425.jpg
島京梵天さんからすぐの場所に、今年春にオープンしたゲストハウス青とサイダー があります。
地元出身のめちゃくちゃ明るくナイスなKくんがオーナー。人柄のよさもあり海外からのゲストも含めとても評判がよかったのですが、今回の台風で2階の屋根がすべて吹き飛ぶという島内で最も甚大な被害にあってしまいました。最初はぼーぜんとして何も考えることができなかったKくんですが多くの友人、仲間たちの励ましもあり現在、再建を試みています。おまけに同じように屋根や外壁が飛んでしまった昔から馴染んできたお隣の商店も再開することを決断。現在、クラウドファンディングで両方の再建支援を試みています。


自分たちのためだけでなく島の活性化、未来のために拠点となる場所を再生する。
それが彼のチャレンジです。
リターンには再開後のペア宿泊券なども含まれています。来年あたり遊びに行きたい、と思っている方などぜひ。どうぞ応援をよろしくお願いします。

b0053082_19001402.jpg
b0053082_19001907.jpg
b0053082_19003183.jpg
b0053082_19002836.jpg
最期にとっておきの場所を。
椿ガーデンに隣接した大島公園動物園 。ここなんと無料なんです。
にもかかわらず見ごたえありすぎるほどにあるのです!(断言)。とはいってもキリンやゾウやライオンなど花形の動物たちはいません。ラクダ、フラミンゴ、ロバ、ワオキツネザル、ゾウガメといったところ。でも、ここがスゴイのは、

動物たちが人間に近寄ってくるんです!

つまり来場者が少ないため、人間が来ると動物のほうが興味津々で見にくるのです。
しかも距離感がめちゃくちゃ近い。そしてじっとこちらを観察するという。今回はお昼ごろに行ったのでちょうどエサをもらっている時間で食事風景を楽しむこともでき、もう幸せ。いつもたっぷり癒されるマイベストスポットです。
※以前行われていたエサあげは動物保護から禁止になっていました。

台風15号は大きな被害をもたらしました。いまだに復旧・復興でご苦労されている方々も多く元に戻るにはもう少し時間がかかるでしょう。そんな中、日常を取り戻しつつある場所へ観光で訪れることは私たちにできることのひとつだと思っています。楽しんでおいしいモノを食べ、おみやげを買って思い出を刻んで帰る。

まずは伊豆大島から。
私の場合は長年かよってきたこの島から応援をしていこう。
そんな思いをこの記事にこめました。

b0053082_19000531.jpg
ぶらっとハウス の大島牛乳ソフトクリームもぜひ!


by naoko_terada | 2019-09-25 08:00 | トラベル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/29655594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヤフーニュース記事「愛する故人... 18年前の9月11日を想う >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム