ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
グランド・ハイアット東京でカリスマシェフと朝食
グランド・ハイアット東京でカリスマシェフと朝食_b0053082_14484160.jpg
グランド・ハイアット東京でカリスマシェフと朝食_b0053082_1446797.jpg


ベージュ東京でのステキな夜の翌日は、
気分を変えて、六本木ヒルズのグランド・ハイアット東京での朝食会へ。
今回は、オーストラリア最大の都市シドニーをかかえるニューサウスウェールズ州によるご招待で、
テーマは「Discover Sydney Style」。
場所は、6階にあるオークドア。通常はランチとディナーのみなので、朝の9時にうかがうのは初めて。テラス気分の6階での朝食もさわやかでいいもの。まさにシドニーらしい開放的な気分の中でのスタートです。

しかも、朝食とはいえメニューはとっても豪華(カッコ内は一緒にサーブされたワイン)。

オークドア特製フレンチトースト サマーフルーツ添え
(1999年 ダリアンス スパークリングシャルドネ)
クルマエビ、アボカド、ルッコラとベーコンのサラダ(2004年 フィッシュケージ ソーヴィニヨンブラン・セミヨン)
オーストラリア産サーロイン ポルタベッロ茸のプレゼ 赤ワインソース
(2004年 フィッシュケージ シラーズヴィオニエ)

これに自家製サワードゥブレッドと、オーストラリア流ブレックファーストに欠かせない
ベジマイトが各テーブルに!

また、今回はシドニーから特別ゲストの方々も招かれさらに華やか。その中でも、ひときわ注目を浴びていたのが、シドニーにある名レストラン「テツヤズ」のオーナーシェフ和久田哲也氏。
今では国際的なシェフとしてご活躍されるテツヤさん。世界を舞台に自分の夢をかなえた方として、以前からその生き方に興味を持っていました。
今回は光栄なことに、なんとテツヤさんの隣の席に!久しぶりにお目にかかれ、そのパワフルさとチャーミングな魅力を再認識させていただきました。

ご自分のスタッフ、素晴らしい食材を作り上げる生産者、テツヤズの料理を愛して通い続けるゲストたち。周囲すべての人々に常にリスペクトの心を忘れないテツヤさんの職人としての真摯な姿勢は感動的で、尊敬します。
朝食最後のスピーチにもその人柄があらわれていて、オーストラリアを愛するひとりとして、とても誇らしく、うれしく思いました。

みなさんも、シドニーを訪れたらぜひ、「テツヤズ」へ。
ただし、世界でも予約が取りにくいレストランのひとつなので、お早めのご予約を。

すばらしい感動が味わえますよ。
by naoko_terada | 2005-06-05 16:02 | TOKYO HOTEL | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/2877571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ~~コラムの王様~~ at 2005-11-06 13:40
タイトル : 【料理の魔術師 和久田哲也~世界が選ぶレストラン「テツヤ..
『料理の魔術師 和久田哲也』 オーストラリアはシドニーの一角にその店は有る。 天才料理人、和久田哲也が育て上げた「テツヤズ」だ。 テツヤズの予約表は、それこそ満員電車の乗車率と同じくらい予約でいっぱいだ。 ハリウッドスターのトム・クルーズでさえ、その満員電..... more
Commented by carambola at 2005-06-06 14:09
うわ~,夜に引き続き朝まで素敵~!
お天気いい日にゆっくりとこんなブランチを頂いてみたい物です.
で,お昼寝,と(笑).
夏も近づいてきたし,早起きしてゆとりのある朝を過ごしたいなぁ…と
思いつつ,いつもバタバタ(^_^;)
素敵,素敵ってあこがれてるだけじゃダメですよね.努力もせねば♪
Commented by naoko_terada at 2005-06-06 23:14
carambolaサマ

そうなのですよー。
体重増加を気にしつつも、ステキな時間はホント、楽しい。

テツヤズはご存知かしら?
今や世界トップにいらっしゃる方。昔、わたしがシドニーに住んでた頃から小さなレストランをやっていらっしゃってて。
お金を貯めてたま~に行くのが楽しみでした。
Commented by chai at 2005-06-15 20:35 x
和久田シェフのごはんが日本でも食べれるなんて、
すてきな時間でしたね。あくまでプロモーションで
一般向けのメニューがあるわけじゃないんですね。
残念。
昔TESTUYAでディナーをいただいたとき、
4時間近くレストランにいたことを思い出し、
あのゆとりのある時間よ、もう一度!と
思ってしまいました。
個人的には、デュカス氏より和久田氏に一票。
やっぱり同じ日本人が考えるフードの方が
口に合うのかな?!?
Commented by naoko_terada at 2005-06-17 13:38
chaiサマ

今回はテツヤさんはゲストだったのです。
ですから、彼の料理ではなかったのです。残念ながら。
でも、オークドアにテツヤズで終業をしたオージーシェフがいらっしゃいました。
テツヤズでは時間と出費は覚悟ですよね。
でも、すばらしい体験ができるからしょーがないかな。
<< 神楽坂でラフロイグ ベージュ東京のステキな夜 >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム