ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.5

b0053082_20585096.jpg

タイ・サムイ島での最終日。
雨季特有のどんよりとしたくもり空。

b0053082_20594218.jpg

午前中にリゾートをチェックアウトするのですが、その前に念願のアクティビティを。

b0053082_2104256.jpg

そうです。
ムエタイレッスンです。
タイ風ボクシングのムエタイ。最近はエクササイズとして女性にも人気だとか。
今回はスポーツチームのスタッフに基本を教えてもらいました。
お手本をまねてパンチをくりだしますが、普段、使わない筋肉を使うので見た目以上にハード。

b0053082_2123953.jpg

「こうやるのさ」とばかり、ビシバシ、パンチ&キックをきめるスタッフ。
まったく無理。
「しょうがないなぁ」と笑われてしまいました。。

b0053082_213524.jpg

1時間のへなちょこムエタイレッスンを終えて、一度、部屋に戻りシャワーを浴びます。
出発まで時間があったのでリゾート内のヒルサイド部分を散策します。雲間からさす朝の光がリゾート敷地内の木々をきらめかせます。アジアのリゾートのこの瞬間がとても好きです。

b0053082_2174082.jpg

ヒルサイドはこんな感じで熱帯の森に囲まれた中にヴィラが点在します。ビーチフロントのヴィラやメイン棟の部屋がカップルや女子旅向けならば、こちらヒルサイドはファミリーに大人気。理由は2ベッドルームあるいは3ベッドルームのレジデンススタイルだから。今回、お部屋を見せてもらいたかったのですが、まったく空きがないという人気ぶり。

b0053082_21175312.jpg

そして、ここがポイント。
ヒルサイドには5つのプールが点在し、どのヒルヴィラに滞在してもすぐ近くにプールがあるように考慮されています。5つのプールはオレンジ、イエロー、パープル、ブルー、レッドの色分けがされています(風水かしら?)。こちらはレッドとなるSonthaya Pool。

b0053082_2122910.jpg

これは見た通り、ブルーのDara Pool。

b0053082_21245924.jpg

グリーンですが、これはイエローのTawan Pool。

b0053082_21254311.jpg
b0053082_21255499.jpg

一番奥のヒルトップにあるパープルのNapa Pool。こちらは周囲のヴィラ専用になっているようで立ち入り禁止でした。なので、チラ見。なんとなくパープルカラーのような。

b0053082_21274486.jpg

5つめのChantra Pool。ホントはオレンジカラーのはずなんですが、これもグリーンでした。苦笑


このシステム、とても感心しました。
ヒルサイドに滞在するゲストの多くはファミリー。子供たちをプールで遊ばせるためにいちいち長い階段をつかってビーチまで行く必要がないのはありがたいことです。
そして、ビーチフロント周辺に泊まるゲストの多くはカップルやハネムーナー。子供たちの姿が少ないビーチフロントのプールでのんびりと二人だけの世界に浸れるというわけ。
実にクレバー。


さて、あっという間の滞在。
リゾートの車で空港へと向かいます。
久しぶりのサムイ島。開発が進むほかのアジアンリゾートと比べてまだまだ素朴さが残る雰囲気にすっかり癒されてしまいました。リゾートも想像以上に心地よく、女子ひとり旅にも楽しめることを実感。

インターコンチネンタルのスタッフのみなさん、お世話になりました。


次は心機一転、シンガポールでトランジットを兼ねて気になっていたホテルをチェックです!
by naoko_terada | 2016-02-07 21:40 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/25336438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< クラウンプラザ チャンギエアポ... グロー GLOW 「行ってよか... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム