ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.3
サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.3_b0053082_1962578.jpg

さて、ごはんの次に楽しみなのが、リゾートでのスパ。

ここ、インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートのスパは、Baan Thai Spa by Harnn(バーン・タイ・スパ・バイ・ハーン)。オーガニックな天然植物由来の上質なスパプロダクトで知られるHARNN(ハーン)の直営。こだわりの空間とトリートメントに期待も高まります。

サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.3_b0053082_181955.jpg
サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.3_b0053082_1811757.jpg

スパがあるのはリゾートの山側のそれも、一番上。
熱帯の森の中を歩いていくのもいいですが、リゾートスタッフにカートで連れていってもらいましょう。
タイ建築のスパ棟に入ると、柔らかなフレグランスが香り、タイ人スタッフがワイと呼ばれる両手を胸の前であわせる歓迎の礼を示してくれます。チークウッドのフローリングにアンティークな調度品、ベンジャロン焼きのオブジェなどムードもたっぷり。

サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.3_b0053082_1851367.jpg
サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.3_b0053082_1852083.jpg

まずはウェルカムハーブドリンクをいただきながら、問診票に記入するいつもの通過儀礼。今日はもう取材もないし、ミディアム程度のプレッシャーでリラックスモードでいきましょうか。

サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.3_b0053082_18104233.jpg

今回、わたしがお願いしたのが180分間のシグネチャートリートメント、トロピカルサムイ・パッセージ。
トリートメントルームは4室のプライベートルームに1室のタイマッサージ専用ルーム、そしてこの写真のカップルスイートが1室。今回は特別にひとりですがこの部屋を使わせてもらいました。その理由というのが...。

サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.3_b0053082_18172672.jpg

こちらのカップルスイートに備わったバルネオバスです。
バルネオとはドイツ語で温泉の意味。ドイツではバルネオセラピー=温泉療法という概念で温浴が健康促進に活かされています。
バーン・タイ・スパのこの施設は、真ん中のブルーの陶器から良質のハーブを加えた蒸気がふきあがります。それをたっぷりと吸い込み、あわせて体を温めるというハーバルスチームをトリートメント前に受けます。時間にして約15分。これが思っていた以上に体を浄化させ、内臓から温められ不思議な爽快感。サウナのロウリュのようなものですね。最高に気持ちがいいです!

サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.3_b0053082_18414493.jpg

シグネチャートリートメントのトロピカルサムイ・パッセージの特徴はココナッツを使うこと。まず砕いたココナッツの実でスクラブ、その後、硬く焼いた殻をくりぬき、そこに温めたお湯を詰めたものでゆっくりとストロークをかけて凝り固まった筋肉をときほぐしていきます。
最後の仕上げに純正のココナッツオイルをつかってじっくりとマッサージ。スチームで温めた体はトリートメント効果の効きめも高く、もうとろとろ。。セラピストもポイントを的確につかみ、緩急いれてのマッサージはかなりのもの。これは連日通いたいレベルです。

サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.3_b0053082_1854958.jpg

たっぷり3時間、とろとろになったボディはふっくらと柔らかく、そして驚くことにまだ発汗。ハーブスチームの効果を実感します。
ラウンジに移動して温かいハーブティ。これはハーンのオリジナル。ホワイトマルベリーをローストしたハーブティーをチョイス。そこにカモミール&ラベンダーのハーブオイルを一滴たらしていただきます。あわせるのは香ばしいバナナチップス。お茶やオイルなどのハーンのプロダクトはリゾートのブティックで購入も可能。私も仕事先の女子たちにあげるためにいくつか買って帰りました。

ほっとひと息ついて、心身のリフレッシュを楽しみながらも時計をちらり。
もう少しゆっくりしていきたいところですが、あわただしくチェックアウト。急いでカートを呼んでリゾートのメイン棟へ行ってくれるように頼みます。

そう、ここでのトワイライトタイムを逃すことはできませんからね。

サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.3_b0053082_19377.jpg

by naoko_terada | 2015-12-28 19:09 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/25218600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2015年の思い出と出会いに感... 倉敷・大原美術館 世紀のコレク... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム