ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
倉敷・大原美術館 世紀のコレクション東京へ!国立新美術館にて「はじまり、美の饗宴展」1月20日から開催
倉敷・大原美術館 世紀のコレクション東京へ!国立新美術館にて「はじまり、美の饗宴展」1月20日から開催_b0053082_17265952.jpg

先日の岡山・倉敷旅の途中、
うかがったのはやはり、こちら。愛すべき大原美術館です。

今回は特別なご配慮で、撮影を許可していただきました。
営業ご担当マネージャーのM様、ありがとうございます。

おごそかな雰囲気のイオニア様式の本館は薬師寺主計の作。たおやかな倉敷美観地区の風情との対照が際立ちます。

倉敷・大原美術館 世紀のコレクション東京へ!国立新美術館にて「はじまり、美の饗宴展」1月20日から開催_b0053082_1735091.jpg

エントランスを入ってまず目に飛び込むのが、児島虎次郎の『和服を着たベルギーの少女』。

大原美術館は、倉敷の実業家であり篤志家であった大原孫三郎が1930年に創設。そのもととなったのが同じく岡山県出身の画家・児島虎次郎がヨーロッパ各地で収集した充実の美術コレクションでした。
倉敷という日本の歴史・文化に欠かせない場所で、古典から西洋近代美術、さらには日本の近代洋画、民藝など国内外の名品・逸品をあらゆる人に提供する。そして、そこから豊かな感情、美意識を創造すること。それこそが使命との思いから、今も孫三郎と虎次郎の意志を引き継ぎ、良質なコレクションを拡充し、若手アーティストの支援などを積極的に行っています。

倉敷・大原美術館 世紀のコレクション東京へ!国立新美術館にて「はじまり、美の饗宴展」1月20日から開催_b0053082_17461529.jpg
倉敷・大原美術館 世紀のコレクション東京へ!国立新美術館にて「はじまり、美の饗宴展」1月20日から開催_b0053082_17462320.jpg
倉敷・大原美術館 世紀のコレクション東京へ!国立新美術館にて「はじまり、美の饗宴展」1月20日から開催_b0053082_17463116.jpg

セガンティーニの『アルプスの真昼』、レオン・フレデリックの大作『万有は死に帰す、されど神の愛は万有をして蘇らしめん』、モネ『睡蓮』など、珠玉の作品が並び圧巻です。ピアノのあるギャラリーでは定期的にコンサートも開催されます。

倉敷・大原美術館 世紀のコレクション東京へ!国立新美術館にて「はじまり、美の饗宴展」1月20日から開催_b0053082_17495014.jpg

ゴーギャン『かぐわしき大地』は、大原美術館を世界にしらしめたコレクション。

倉敷・大原美術館 世紀のコレクション東京へ!国立新美術館にて「はじまり、美の饗宴展」1月20日から開催_b0053082_17503651.jpg

私がこよなく愛するエル・グレコの『受胎告知』。この作品を観るためだけに倉敷に来たこともありました。

倉敷・大原美術館 世紀のコレクション東京へ!国立新美術館にて「はじまり、美の饗宴展」1月20日から開催_b0053082_17524635.jpg

建物の空間も秀逸。春にはここから除く満開の桜がきれいなんですよ、とMさん。ご自身も美術志望だったというだけあり、芸術と大原美術館を愛する情熱が伝わってきます。

大原美術館は本日12月24日から年末年始のおやすみに入りました。
そして、アートを愛する人に朗報。この大原美術館のコレクションが来年1月から六本木の国立新美術館で開催されます。
題して、「はじまり、美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション」

なんと、今まで門外不出の作品も今回は堂々の展示とのこと。ピカソもモネもポロックも棟方志巧も岸田劉生も大集合。2013年に東京都美術館で開催された国内最大級のエル・グレコ回顧展でさえも出品されなかった、『受胎告知』も今回は六本木で観ることができます。

ぜひ、珠玉の大原コレクションを堪能したいものです。

と、思っていたら、Mさんがひとこと。

「うちのコレクションがほぼ出そろいますので、逆にその期間に倉敷に来ていただけると、通常とは異なる展示作品が観れますので、それも興味深いですよ」

なるほど。
それもまた、愛好家には気になります。

「はじまり、美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション」は2016年1月20~4月4日まで。
場所は六本木の国立新美術館

年始の芸術観賞はじめとして、まずはこの展覧会からスタートされてはいかがでしょうか。
私も楽しみにしています。


※作品・館内は特別な許可を得て撮影させていただきました。
by naoko_terada | 2015-12-24 18:13 | 日本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/25206909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< サムイ島 インターコンチネンタ... DIME ダイム 2016最新... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム