ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
トラベルジャーナリストがヨーロッパ1週間をデイパックひとつで旅した理由&中身公開!洗濯編
b0053082_18594415.jpg

先日、ご一緒した取材先のコーディネータのR君に、
「一回目の「トラベルジャーナリストがヨーロッパ1週間をデイパックひとつで旅した理由&中身公開!」の最後に「Tシャツも下着も一晩で乾かすコツがあるのです(これは追って紹介します)」ってなっててずっと待ってるんですが、違うコンテンツばかり更新されてモヤモヤしてます!」と。

はい、すみません。。
わかっていたのですが、そのまんま放ってしまっていました。
なので、今回はご紹介します!
といっても実はそんなに大したことではないのですが。。

一回目はコチラ→トラベルジャーナリストがヨーロッパ1週間をデイパックひとつで旅した理由&中身公開!

二回目はコチラ→トラベルジャーナリストがヨーロッパ1週間をデイパックひとつで旅した理由&中身公開!服装編

b0053082_196792.jpg

シャツ、下着、時にはボトムなど旅先では持ち物を少なくする分、まめに部屋のバスルームで洗濯をします。使うのはアメニティに備わっている石けんを使用。
ガシガシ、洗ったらギュギュっと絞りますよね。でも、まだまだこのままだと翌日も乾いていないことがあります。そこで、部屋にあるバスタオルを活用。洗濯物をこのように広げます。

b0053082_1985577.jpg

バスタオルの大きさ、洗濯ものにもよりますが、まずはこんな感じで。

b0053082_1992920.jpg

もう一辺もかぶせます。

b0053082_1995736.jpg

そうしたら巻き寿司の要領でタオルで巻いていきます。

b0053082_19102444.jpg

ぐるぐる巻きに。その後、これを体重を利用してぎゅーっと押しつぶします。タオルに水分を吸収してもらうためですね。

b0053082_19112879.jpg

その後、開くとこんな感じ。つまり、バスタオルに可能な限り余分な水分をとってもらうというワケです。実にシンプルでしょ。

b0053082_19135763.jpg

それを室内で乾かすだけ。これで翌日にはまず乾いています。部屋が乾燥しているときは夜中には乾いていることも。あ、バスタオルもフックにかけておけば乾いてしまいます。


以上。待たせたわりにはとっても簡単すぎてスミマセン。^^
でも、効果があるのでぜひ、お試しください。


もうひとつ、お洗濯TIPSとしてひとつ。

日本でクリーニングに出すと高額になるイブニングドレスなどは、クルーズの際、あえて持参、船内ランドリーに出すことがあります。クルーズはドレスのクリーニングのニーズが多いため技術もあり、日本よりも安い場合が多いのです。スパンコールやレース、ビジュウの付いた繊細なドレス類もキレイに仕上げてくれます。船内で着まわした後、ランドリーへ。で、戻ってきたらそのままスーツケースへ。帰国後はキレイなままクロゼットへしまえばいいのでラクちんです。


ぜひ、次回の旅行にお試しください!
by naoko_terada | 2015-10-18 19:33 | トラベル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/25005604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オウプナーズ「美食大陸オースト... Nespresso 「コーヒー... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム