ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
トラベルジャーナリストがヨーロッパ1週間をデイパックひとつで旅した理由&中身公開!服装編
b0053082_2356597.jpg

さて、服装編です。

この旅の時期はちょうどゴールデンウィーク。日本では春の気配ですが、目的地としたフランスのミディピレネーやバルト三国、ゲートウェイとするヘルシンキなどはまだまだ寒そう。ということで、持参したのはその頃ヘビロテして着ていたダンガリーのシャツとユニクロのダウンベスト、そして、海外旅行には常に持参するストール。今回は唯一のさし色的にピンク系を選んでみました。これはバリ島ジンバランにあるバリクカフェに併設されたブティックで購入、というか取材用の物撮りしたものを買い上げました。

b0053082_0142359.jpg

アウターは好きすぎて手放せないエディバウアーの超ロングセラー商品のユーティリティ・パーカ。これは二代目。初代はロスバゲしたスーツケースに入れていたため泣く泣くあきらめました。内と外にいくつもポケットがあり、いろんなものを入れることができます。やや長めの丈とフードは風や雨除けなど防寒対策にもなって便利(防水ではないので自分で軽く防水スプレーをかけています)。機内やバスなど移動の際にはくるくるとまるめて枕がわりにもしています。
ホント、大好きですっ!←しつこい
ボトムは、これもエディバウアーのカーゴタイプのブラックジーンズ。カーゴタイプなのでもものところにポケットがあり、ここにi-phoneを入れるのが習慣に。スキニータイプなので落とすこともなく便利です。ちなみにボトムはこれ1本のみ。冬で汗をあくこともまずないだろうということと、キチンとしたドレスコードのある場所に行かないこともあり、これで乗り切りました。途中、洗濯を2回ほど。


私の旅での服装の基本は「自己完結」することにあります。

暑かったり寒すぎたりといった環境をたとえばエアコンの温度を下げてくださいと頼んだり、ブランケットを持ってきてとお願いするよりは自分で調整したほうが手っ取り早いですし、いつまでもやってくれなかったりでイライラすることもなく精神衛生上もいい(笑)。

となると何をするかといえば、洋服を脱ぎ着して自分のほうが環境にあわせることを目指します。保温性の高いダウンジャケットひとつではなく、Tシャツにセーターにストゥールといったように微調整することが大事。機内での温度調整ができず汗をかいた後に、急に寒い場所で行動すれば風邪をひくことにもなる。ベストな体調管理は旅を楽しむうえで最も重要なこと。多少、面倒ではありますがこまめに着るものでベストな体感温度にすることはとても大事だと思っています。

さて、続きです。

当初、ダウンベストを持っていくのをやめようかとも思ったのですが、このときは持っていって正解でした。エストニアのタリンもヘルシンキもミディピレネーも思っていた以上に寒く、朝晩は1、2℃といったところ。このダウンベストのおかげで助かりました。前回で紹介したネイビーのポロシャツの上にダンガリーシャツ、さらにダウンベストをはおり、その上にユーティリティパーカ。首回りにはしっかりストールを巻きつけて完璧。日中、気温が上がってきたらダウンを脱ぐ、あるいはダンガリーを脱ぐなどしてあわせます。

このときの旅は「どこまで荷物は減らせるのか」という実験的なものでした。ですので普通はこんなに極端に荷物を少なくする必要はないと思います。逆にいろいろと持っていって異国でのシチュエーションを楽しむのも旅の醍醐味です。

そして新しい洋服を新調するのもいいですが、何枚かは自分がとっても気に入っている大好きな洋服や小物を持っていくことをお薦めします。
愛すべき洋服は、似合っているのはもちろん自分に自信をもたらすと感じています。これはアウェイな海外で精神的に自分を助けてくれます。セキュリティブランケットのような存在でしょうか。大好きな洋服を身に着けることでおのずと自信が生まれ、弱みを見せることがなくなるように思うのです。これ結構、大事。


大好きな服と一緒に旅をすれば
きっと自分らしさも演出できるはず。

ぜひ、お試しください。
by naoko_terada | 2015-08-10 01:03 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/24773850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< AneCan 姉キャン 今すぐ... トラベルジャーナリストがヨーロ... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム