ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.5
b0053082_21153936.jpg

プリンセスクルーズ記事、最終回です。

船はクアラルンプール郊外のポートケランに朝9時に着岸。この日の出発は18時。
ポートケランはマラッカ海峡に面した港湾で、マレーシアの貿易の重要拠点です。ただ、港周辺にはなーんにもありません。なので、乗客はエクスカーションに参加します。

マレーシアが初めての人はやはりクアラルンプール(KL)見学のツアーに参加する人が多かったです。これも自由行動のものから、KLを代表する名所、ツインタワーのペトロナスタワーなどの見どころをたっぷりまわるフルツアーまでいろいろ。わたしはKLはすでに行ったことがあるので、「リピーター向け」となっていた、「古都ケラン、リトルインディアと家庭訪問」ツアーに参加。所要約5時間半。料金はひとり$79。

b0053082_21203838.jpg
b0053082_21204778.jpg

わたしが参加したツアーは全部で十数名。現地のマレー系の英語ガイド氏が我々専用のバスに同乗して、まずはケランの街について解説をしてくれます。それを聞きながら窓の外を流れる景色を楽しむ。住宅や商業ビルなどがあちらこちらで建設中で、マレーシアの活気が垣間見られます。

b0053082_21224832.jpg
b0053082_2123188.jpg

途中、渋滞もあり約1時間半ほどバスにゆられて、到着したのがこのおうち。どうやらゲストハウスをしていらっしゃるよう。家の周辺にはこれもお仕事でしょうか。みごとなオーキッドガーデン。

b0053082_21242751.jpg
b0053082_21243785.jpg
b0053082_21244769.jpg

ぞろぞろとバスを降りたゲストたちも、ランの庭に「ワオ」と感嘆。日本では高価なコチョウランもたわわに咲いています。

b0053082_21255788.jpg

出迎えた家のお父さんが、「のどが渇いたでしょ」と、ささっと庭になっているココナッツの実をとって、パカンと割ってフレッシュなココナッツウォーターをふるまってくれます。

b0053082_2127564.jpg

おうちの中には紅茶とマレー風のお菓子が用意され、ここでティーブレイク。カップの脇にあるのはピサンゴレン(揚げバナナ)。素朴な甘さでおいしい。

b0053082_2128476.jpg
b0053082_21281476.jpg
b0053082_21282455.jpg
b0053082_21283317.jpg

「好きに見ていいよー」というお父さんの言葉にあまえて2階にあがってお部屋をチェック。質素ですが、きちんと手入れがされて心地いい空間。こういうところで何泊かしてマレーシアの家庭に触れるのもいいですね。

b0053082_2130588.jpg

こちらは毎年、KLの日本人学校のこどもたちを預かっているとのこと。そのペナントをおとうさんとおかあさんが見せてくれました。

b0053082_21311727.jpg

家庭訪問を終えたわたしたちが再びバスに乗って向かったのが、インド系マレーの人が多く住むリトルインディア。ここで1時間ほどショッピングも兼ねたフリータイムとなりました。

b0053082_21324486.jpg
b0053082_21325546.jpg

両脇にはサリー、アクセサリーを売る店、スパイスや日用品を並べる店がズラリ。インド人街らしくキラキラです。

b0053082_2134420.jpg

途中、お店をのぞいていたら、店員のおにいさんたちが、「オレたちを撮ってくれ!」というジェスチャー。インドの人って写真大好きですよね。なので、大サービスでパチリ。

b0053082_21343252.jpg
b0053082_21344491.jpg

店の前ではお寺にたむけるチューベローズの献花をせっせと作る女性の姿。できあがったものを売る露店も見かけます。日々の暮らしに信仰が欠かせないことがわかります。

b0053082_21431828.jpg
b0053082_21433011.jpg

占いも大切。緑色のインコがいるのわかりますか?このコが占い希望者があらわれるとおじさんの合図でカードを一枚ひきます。それを見て占います。とってもやってほしかったのですが言葉がわからなかったので、断念。

b0053082_21464592.jpg
b0053082_21465787.jpg

このほか、ブルーモスクが有名なシャーアラム、この地方セランゴールのスルタン(王様)の宮殿などに記念写真で立ち寄って、ツアーは終了。観光スポットとは異なる素顔のマレーシアを見られてとてもよかった。

そして夕方、ポートケランを出港したサファイアプリンセス号は、翌朝7時にシンガポールに帰着。楽しかった3泊4日のクルーズを全行程、コンプリートしました。

この手軽さとお値ごろプライス。わたしもまた家族と一緒に行こうかと思っているほど。本当に楽しかったです。ぜひ一度、みなさんにもお気軽クルーズ体験をしてみてほしいと思います。同じルートのクルーズ、次回は12月11日(金)。マイルかLCC利用でシンガポールへ。そこからの週末クルーズ。いかがですか?
by naoko_terada | 2015-06-14 22:01 | トラベル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/24587817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「本物を楽しむ大人のWEBマガ... クレアトラベラー×キャセイパシ... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム