ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!

エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_23473666.jpg

エアアジアが運営するホテルがある、
と聞いて、昨年のボルネオ取材の後に泊まってみることにしました。

それが、チューン・ホテル

とにかく安く、また宿泊システムがユニークとのこと。
現在、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、そしてなんとイギリスで展開。わたしが泊まったのはクアラルンプールのLCCターミナル、KLIA-LCCT店。羽田からエアアジアでクアラルンプールに来たら利用するのがこの、LCCTですが、クアラルンプール国際空港から微妙に離れているため空港周辺には何もなく、唯一、このチューン・ホテルがあるのみ。

※現在、クアラルンプール国際空港がLCC専用ターミナルKLIA2を新しく建設中で、完成すればエアアジアなどLCCもそちらに移転。チューン・ホテルも400室の新ホテルを開業するようです。KLIA2の完成は今年夏予定だそうですが、アジアのことなので遅れる可能性もありそうです。


エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_0151279.jpg

エントランスはこんな感じ。右奥がホテル入口。左にはコンビニとビストロ風のレストランがあります。ゲストの多くはLCC利用のアジアのみなさんが多く、ホテルも実にローカルな雰囲気。

エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_0161229.jpg

ロビーはシンプルですが、ポップなカラーリングでキュート。スタッフはなかなかフレンドリー。もちろん英語で会話ができます。名前を伝えてさくさくチェックイン。

エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_020683.jpg

エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_0202944.jpg

客室のあるフロアへ小さなエレベータで。
このホテル、既存の建物を利用しているようで、建物自体はかなり古いです。アパートのような作りで廊下は建物を囲むようになっています。目の前に空港施設が広がり、エアライン好きとしてはちょっと嬉しい。


エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_0255097.jpg

カギをあけて中に入ると、おおっと、いきなりベッド。
220室ある客室はすべてダブルルームで、広さは9.6㎡。

エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_030156.jpg

奥にシャワーとトイレ、洗面所。手前の茶色のボードは引き下ろすとミニデスクになります。TV、時計、電話などは一切ありません。クローゼットもないので、ジャケットなどは壁のハンガーを利用。


エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_0183654.jpg
エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_019237.jpg
エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_0191873.jpg

内側に開くドアがベッドぎりぎり。笑
わたしの一番小さなスーツケースでさえ、ジャマに感じるほど。
室内のほとんどをベッドが占領しています。

でも、これこそが、チューン・ホテルの大きな特徴!
ほかのアメニティ、サービスはそぎ落としコストダウンを図る中、宿泊で最も重要となるベッドはゆったり寝心地がよく、清潔感があるものを、というのがコンセプト。
たしかに安いホテルで最もイヤなのが清潔感のないこと。
特にベッド。
チューン・ホテルではベッドこそが真骨頂なのです。

室内で存在感あるベッドは「5スター」と銘打ち、152 x 190cmのダブル仕様。良質なマットレスにピロー、シーツ、そして一流ホテル並みの250スレッドカウントのデュベを完備。たしかに、ベッドに関しては文句なく快適。"5-star sleeping experience at a 1-star price(5スターの寝心地を1スターの価格で)"がモットーというのも納得です。


エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_195959.jpg

バスルームはこんな感じ。
古さは感じましたが、シャワーの出方はよかったです。これもチューン・ホテルのこだわりのひとつ。

エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_1113566.jpg

そして、これがタオルと石鹸、シャンプーのキット。

最初に書きましたが、チューン・ホテルはまさにLCCスタイル。
稼働によって客室料金は変動し、さらに、アメニティ、サービスはなし。必要な場合は追加で購入するというもの。このタオルキットはまさに、追加で購入したものです。これで6マレーシアリンギット(約180円)。チェックアウトの際に返却します。

さらに、エアコン、インターネットも追加で購入します。エアコンは12時間で16マレーシアリンギット(約500円)、24時間で22マレーシアリンギット(約670円)。インターネットは24時間で12マレーシアリンギット(約370円)。これらをパックにしたお得なセットもあります。

宿泊料金は日によって大きく変動します。
たとえば今、5月末で検索をかけてみたら、1泊109マレーシアリンギット(約3300円)。これに、タオルキット、エアコン、インターネットを追加で加えて160マレーシアほど(約5000円)。これで、大人2人、5歳以下のこども1人までがマックスで宿泊できます。

わたしが一番、感心したのはしっかりと掃除がされていること。古くはありますが、室内の壁の鏡は指紋ひとつなく磨きこまれ、ベッドのシーツ、デュベはピンとはって気持ちいいほどに整っていました。宿泊を切り詰める際、さまざまなホテルサイトで手頃なものを探すことと思いますが、清潔感まではわからないのが実情。チューン・ホテルならば、エアアジア傘下ということで信頼度もありますし、このクリーンさなら今後、各地で利用したいと思わせてくれます。ここを拠点に観光、というのはちょっときびしいですが、トランジット用として1泊する分にはありだと思います。

エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_1491524.jpg
エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_1492513.jpg

エントランス脇のレストランもなかなかおしゃれ。
アジアンメニューからパスタ、サンドイッチ、アルコール類も。ラクサはまずまずのお味で、お値段も普通。


エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_158229.jpg
エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_1581653.jpg

アクセスですが、LCCターミナルから歩いて、7、8分といったところでしょうか。上の写真はLCCターミナルから見た様子。手前の建物の先に、チューン・ホテルの看板が見えますが、そんな距離感。小さなスーツケースひとつ程度だったら歩けます。

エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_2212838.jpg
エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_2214170.jpg
エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_2215712.jpg

ターミナルからホテルまでは一部、ルーフのついた歩道がありますが、途中は車道を渡るところも。雨の際は濡れるので注意が必要です。

エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_211917.jpg

おすすめはコレ、LCCターミナルから巡回しているホテルバス。片道1マレーシアリンギット(約30円)で乗れます。

エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_224013.jpg

エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_232213.jpg

エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_23398.jpg

バスの出発場所は、LCCターミナル国内線の入口を出て、正面の横断歩道をわたったところ。

エアアジアが運営!「5スターの寝心地を1スターの価格で」提供するチューンホテルKLIA-LCCT店を体験!_b0053082_275658.jpg

この看板の場所で待っていれば、やってきます。
料金はその場でドライバーに渡します。バスはカラーリングが異なるタイプ複数台でまわっていますが、どれもホテルへ行くものです。所要時間わずか数分。これが、一番楽ちん!

春休み、LCCでアジア旅行を考えている学生さんや、旅慣れたバックパッカーたちの頼りになるLCCホテルになりそうな、チューン・ホテルでした。
by naoko_terada | 2013-03-04 02:26 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/20101631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フェイスブックのファンページを... 食在有趣 台湾、美食めぐり >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム