ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪
フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_23301179.jpg

ボキューズドール取材の合間に、リヨンの観光も楽しみました。
この日は、ガイドさんと一緒に世界遺産でもある旧市街のウォーキングツアーです。
真ん中のステキなマダムがガイドさん。
さすが、フランスはガイドもおしゃれです。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_23494262.jpg

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_07145.jpg

リヨンはローヌ・アルプ県の県庁所在地で、パリに次いで2番目に大きな都市。
ローヌ川とソーヌ川が並行して南北を横切る地形です。
古来から交易で栄え、商人、職人たちが権力を持ち、優れた建築、工芸品が誕生していきます。
その中には、今でも特産品である絹織物がありました。

※詳細はリヨン観光・会議局(日本語)へ。←音が出ます。

旧市街には今でもその頃の面影が残り、散策をするにはちょうどいい規模。
絹織物で豊かになり、イタリアからも多くの資産家たちが移り住むようになったリオンはルネッサンス期、華麗な文化を築きます。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_06325.jpg

リヨン名物のひとつが、人形劇のギニョール。
かつての庶民の暮らしを面白おかしく、ブルジョワ階級には風刺を効かせたものを。
一世を風靡し、今でも多くの人形劇団があり、博物館もあります。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_0234178.jpg

旧市街を歩いた後は、ケーブルカーに乗り込み。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_0241421.jpg
フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_0243044.jpg

たどり着いたのは、フルヴィエール・ノートルダム大聖堂。
19世紀に建てられたロマネスクとビザンチン様式を持った美しい大聖堂です。
小高い丘に立ち、リヨンのあらゆる場所から見ることができる、アイコン的存在です。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_0352044.jpg

眼下にはリオンの旧市街と、その先の街並みを一望に。
さらに、その奥にはフレンチアルプスの山並みも。
フランス第二の都市とはいえ、のびやかな雰囲気と、歴史を刻んだ面影がリヨンの魅力です。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_3214341.jpg

これは、リヨンを去る日に、別の場所からの眺め。
大聖堂と、そのうしろにはTV塔のタワー・メタリークが。
神々しい眺めです。


そして、リヨンのもうひとつの魅力が食。
ここは美食の街としても有名です。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_040977.jpg

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_0443926.jpg

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_0403881.jpg

リヨンで欠かせないのが、ブション。
簡単にいうと、庶民的な定食屋。
ボリュームたっぷりの定食メニューを出して、市民の胃袋を支える店です。
夜、旧市街の路地を入り、我々が目指したのが、カフェ・デ・フェデラシオンズ Cafe des Federations
リオン在住の観光局のスタッフ、推薦のブションです。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_0524587.jpg

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_0533466.jpg

中に入ると、「これぞブション!」とでも言いたくなる、下町風情の店構え。
何度も洗濯がされ、使いこまれたナプキンには、愛くるしいブタくんのイラスト。たっぷり食べさせます!といった意志表示のようでもあり、頼もしい。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_051507.jpg

使いこまれた食器、容器の数々もいい味を出しています。
カウンターでいただくのは、アペリティフ。
実は、我々は別のブションでディナーを取るため、ここでは食前酒を味わうだけ。。。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_1112151.jpg

そんなわたしたちに大盤振る舞いをしてくれたのが、オーナー。
日本の飲み屋にもこういうおやじさん、いるよなぁ~、と思わせる気さくさ。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_1122988.jpg

観光客の人間はもちろん、今回はカナダ・ケベックからの食ジャーナリスト氏などもいて、フランス語が話せる人が多く、活気ある会話が飛び交います。
こういうとき、やはり語学は大切だな、と痛感。彼らも英語は話せますが、やはりポンポンとカウンターでやりとりするようにはいきません。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_1143055.jpg

最後にお店の前でポーズをとってもらって、オーナー氏とはさよなら。


フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_1151472.jpg

再び、旧市街へ。
外はすっかり夜の気配。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_1223097.jpg

ブション・リヨネーズと堂々と看板が掲げられているのは、ダニエル・エ・ドゥニーズ Daniel et Denise

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_1414952.jpg

でも、先ほどのCafe des Federationsよりは高級なムード。
それもそのはず、ここは2008年の「リヨン・ベスト・ブション」に輝いた名店で、オーナーシェフのジョセフ・ヴィオラ氏はMOF(国家最優秀職人賞)にも選ばれた著名なシェフ。店内にはセレブと一緒のお写真がずらり。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_149434.jpg

店内はびっくりするほど超満員。
しかも、男性陣がほぼ占めるという、オフィス街の居酒屋状態。
みんながっつり食べて、飲んでいます。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_151217.jpg
フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_1513140.jpg

となれば、こちらも負けるわけにはいきません。
まずは、リヨン名物、ポットと呼ばれる上げ底ビンのワインを。このポットは、昔からの名残だそう。テーブル、ドカンと置かれても安心。つまみは、豚の脂を揚げたもの。これをポイっと口に入れては赤ワインをぐびっ。メニューを決めるまで、こんな感じで続きます。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_20899.jpg

観光局の方にお薦めしてもらったのは、伝統的なブションのメニュー、クネル。
これは、魚のすり身に、小麦粉、バターをまぜてオーブンで焼き上げたもの。美しい黄金色のソースは、エクルビス(ザリガニ)の旨みを閉じ込めたソース・ナンチュア。これが、た~っぷりとかかっています。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_224475.jpg

中はこんな感じ。
ふわっとさせたすり身は、はんぺんのような食感。
練りもの好き、甲殻類好きの日本人としては、結構、好みの味です。

しかし、何ぶん量がはんぱじゃなく、多い。
さらに、これだけだとやはり、飽きてくる。

ということで、残念ながら半分も食べられずギヴアップ。
さすが、庶民の味方、ブション。
ボリュームはぴか一です。

フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_2114766.jpg

後は、食後のエスプレッソで十分。
と、思っていたのですが、観光局の方が、「デザートもおいしいのでぜひ!」とオーダーしたのが、リンゴのタルト。コクのあるクリームと酸味のあるリンゴのタルトを一緒にいただくと、確かにおいしい。でも、これも完食はムリ。

リヨンの美食を味わうには、まず巨大な胃袋を用意しないとダメ、ということを実感しました。
でも、仲間とおおぜいでワイワイやりながら味わう食事は、何より楽しいもの。
ブションは、リヨンの人たちには欠かせない食文化なのだと、感じいった夜でした。


フランス ローヌ・アルプ グルメ旅④ リヨン散策&ブション探訪_b0053082_2205372.jpg

by naoko_terada | 2013-02-25 02:25 | トラベル | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/20063170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by クラ at 2014-08-09 09:16 x
 ブログみました。自分もリヨンへ行ってきました。フルビエールの丘からの眺めや旧市街でのランチ 素晴らしい思い出ができました。パリからTGVで2時間程度で着くのも良かったです。また 行ってみたくなりました。ありがとうございます。
Commented by naoko_terada at 2014-08-10 17:44
クラさま
コメントありがとうございます!リヨン、街(旧市街)も歩きやすい広さですし、美味しいもの好きな日本人にはお薦めですよね?また違ったフランスの都市のネタがあるのでそれもおいおい公開します。そこもものすごくユニークなんです!お楽しみに!
<< 食在有趣 台湾、美食めぐり ホテル好き、映画好きにうれしい... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム