ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ホテル好き、映画好きにうれしい。85周年記念 リーディングホテルズの「Leading Hotels in the Movies」
ホテル好き、映画好きにうれしい。85周年記念 リーディングホテルズの「Leading Hotels in the Movies」_b0053082_1812275.jpg
ホテル好き、映画好きにうれしい。85周年記念 リーディングホテルズの「Leading Hotels in the Movies」_b0053082_1813860.jpg

先日、リーディングホテルズのワークショップを兼ねたレセプションが。
会場はホテルオークラ。
オークラさんは、バンケットでもお料理が美味しいのでいつも楽しみです。

リーディングホテルズは、正式にはザ・リーディング・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(通称LHW)。
国際規模のラグジュアリーホテルの予約を行う企業です。
わかりにくいのですが、ホテル運営そのものは行いません。「コンソーシアム」と呼ばれる、独自の基準で選ばれたホテル、リゾートを加盟ホテルに認定、その予約代行をするというもの。

加盟するにはLHWの厳しい審査基準を満たすことが必要。
定期的にチェックも行っているので、基準以下のレベルと判断されたホテルは加盟取り消しとなります。
現在、その厳しいチェックをパスしたホテルは世界80 ヵ国430 軒以上。ほかにもホテルのコンソーシアムはありますが、規模的にはLHWが最大級だと思います。

ホテル好き、映画好きにうれしい。85周年記念 リーディングホテルズの「Leading Hotels in the Movies」_b0053082_18203060.jpg

今回、ハイライトとして会場で紹介されたのが、LHWの創立85 周年を記念した映画の舞台となった85 軒の加盟ホテルの紹介。映画好きのわたしには、うれしいトピック!うしろにいましたが、思わずググッとスクリーン前に近寄ります。

会場のスクリーンには、記念して作られたショートムービーが。
時代をさかのぼり、モノクロの場面から。
これは、『空中レヴュー時代』 1933年(米国)、リオデジャネイロのコパカバーナ パレス ホテルが舞台。

ホテル好き、映画好きにうれしい。85周年記念 リーディングホテルズの「Leading Hotels in the Movies」_b0053082_18403513.jpg
ホテル好き、映画好きにうれしい。85周年記念 リーディングホテルズの「Leading Hotels in the Movies」_b0053082_18404760.jpg
ホテル好き、映画好きにうれしい。85周年記念 リーディングホテルズの「Leading Hotels in the Movies」_b0053082_1841124.jpg

オードリー・ヘプバーンとゲーリー・クーパーの『昼下りの情事』 1957(米国)は、パリのザ・リッツ。
大ヒットした『ノッティングの恋人』は、ロンドンのザ・リッツでした。
わたしも好きなホテル、ニューヨークのザ・ピエールは『セント オブ ウーマン/夢の香り』 1992年(米国、英国)でアル・パチーノが若々しいガブリエル・アンウォーを相手に優雅なダンスを披露しました。
最近ではウッディ・アレンの『ミッドナイト・イン・パリ』が、パリのパラスホテル、ル・ブリストルを舞台にしていたのが記憶に新しいところ。

今年、3月にはイタリア映画、『ヴィアッジオ・ソラ(一人旅)』が公開されます(日本公開は未定)。この映画は、なんと、主人公がリーディングホテルズ調査員という設定!高級ホテルの調査員としての仕事と、日常という人生のバランスを主人公がどう取るか。7 軒のLHWの加盟ホテルが登場するそうです。


85周年記念の映画コラボサイトは、こちら
このサイトが、とてもよくできています。各映画と、そこに登場したホテルの映画の中でのシーンや逸話などが日本語で詳しく紹介されています。映画好きの方にもお薦めです。
もちろん、予約も♪

LHWにはリーワードクラブというメンバー制度があります。
年間150ドルの会費が必要ですが、メンバーになると以下の特典が受けられます。

・1カテゴリー上のお部屋にアップグレード(空室状況によります)
・加盟ホテルでの無料宿泊獲得のチャンス
・無料のコンチネンタル ブレックファスト(毎日、2名様分)
・客室内インターネット接続無料(利用可能な場合)
・リーダーズクラブ会員限定の特別料金
・各加盟ホテル独自のウェルカムギフト
・チェックイン・チェックアウト時刻の優遇(空室状況によります)
・各種のリーダーズクラブ イベントのご案内

さらに、5泊すると1泊無料のアワードがもらえます。

正直、年間に高級ホテルを5回利用できることは少ないかもしれません。ただ、2回利用すれば会費以上のメリットがあると思っています。わたしも円安になる前にかけこみで更新、しっかり活用しています。

わたしのリーワードクラブの利用法は、大手ではない個人経営、ブティックタイプの海外ホテルの予約がメイン。大手は独自のホテルメンバープログラムがあるので、そちらを利用。それ以外のホテルを日本語予約でき、何かあれば日本語のカスタマーサービスが受けられることの利点は大きいです。LHWのサイトから予約しても、各ホテルのオンラインと料金は変わらないので、それも安心感があります。
あ、もちろん、リーワードクラブに参加しなくても、一般としてオンライン予約もできますよ。


とまあ、LHWの宣伝のようになってしまいましたが、
こういう組織があること、活用できるということをもっと知ってもらいたいと思っています。

ホテルもステキですが、
まずは、映画を観に行こうか。
そんな気分にさせるサイトなので、ぜひごらんください。
by naoko_terada | 2013-02-19 19:36 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/20029713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 8moon21 at 2013-02-19 21:47 x
LHW リーディングホテルズ。初めて耳にしました。
ラグジュアリーホテルの予約のみを行う、そのような企業があるのですね。

残念ながら私がLHWのお世話になる事はなさそうですが、映画大好きの私はコラボサイトを楽しませて頂きました!
「セントオプウーマン」は特に好きな映画で、あのアル・パチーノがタンゴを踊るシーンは何度観ても胸がジーンとします。
そうですか、あのホテルはザ・ピエールというのですね。
いつの日かNYを訪れる事ができたら是非ともザ・ピエールに宿泊してみたいと思います。夢がまた一つ増えました♪
Commented by naoko_terada at 2013-02-20 13:08
8moon21サマ

ご無沙汰です!
映画好きでいらっしゃるんですね。うれしいです。このとき会場で流されたショートムービーも近々、公開されるそうなので、お知らせしますね。
「セントオブウーマン」。この年齢になって観るとまたよさがわかりそう。久しぶりに観たくなりました。
NYのピエールもぜひ、一度、お越しください。アル・パチーノ気分で♪
<< フランス ローヌ・アルプ グル... フランス ローヌ・アルプ グル... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム