ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで
サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_0511054.jpg

こちらの続きです。

ソノマから、車でサンフランシスコ(SF)に移動。
名物ゴールデンゲートブリッジを渡り、ダウンタウンへ。

サンフランシスコといえば、ご存知、坂道の街。
この風景は、やはり印象的です。

サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_11473.jpg

よ~く見ると、車が縦列ではなく、横列駐車。
あまりにも急な勾配のためのルールです。
すごい。

サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_1111618.jpg

実は、上の眺めは、部屋からのもの。
今回のツアー最後のステイ先、ヒルトン・サンフランシスコ・ユニオンスクエアです。
名前のとおり、サンフランシスコの観光の中心ともいえる、
ユニオンスクエアから歩いて数分というロケーション。

サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_294949.jpg

1900室超えという、SF最大級の規模のホテルなので、
レセプションも、圧巻のロングカウンター。
観光客、ビジネスマン、エアラインクルーと終日、チェックイン&チェックアウトのゲストでにぎわいます。

サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_222644.jpg

サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_2293388.jpg

これは、私が滞在した部屋。
2008年の改装後、モダンな印象のデザイン性のある雰囲気になっています。
広いスペースにカウチスタイルのソファとオットマン。
眺望は、上記の写真そのままにSFの街並みと高層ビル群をのぞみます。

サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_2315978.jpg

ベッドは、全米売上No.1というサータ社による、ヒルトンオリジナルの、「ヒルトン・セレニティ・ベッド」。スイートドリームマットレス、羽毛のコンフォーターと枕、250スレッドのシーツと、極上の眠りを追及した仕様。確かに快適な眠り心地でした。

サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_2385167.jpg
サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_239534.jpg

ベッドサイドテーブルの上には、こんな茶色の紙袋。
リサイクルをうながすメッセージが印刷され、ここに回収可能な紙、ボトル、缶類を入れる仕組み。
こういうことをキッパリと行うところが、アメリカらしくて好きです。

さらに、水の使用量の削減のためのメッセージカード。
ヒルトンでは、滞在中、4日に一度のリネン換えを行うのがスタンダードということで、このカードを朝、枕の上に置いておくとその都度、リネンを取り換えてくれます。

サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_31526.jpg
サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_323542.jpg

バスルームはコンパクト。
アメニティは、ピーター・トーマス・ロス。
バスタブがない部屋でしたが、忙しいエグゼクティブたち向けでしょうか。わたしもシャワーだけで問題ないほうなので気になりませんが、バスタブがマストな方は予約時に確認したほうがいいですね。

サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_39627.jpg
サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_393558.jpg
サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_393497.jpg

他の客室も見せていただきました。
トリプルは、簡易ベッドを入れるのではなく、3つとも備え置きというのが公平でうれしい。
また、落ち着いた感じのクラシックエレガンスな客室もあり、こちらはご年配の方などにいいかと思います。

サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_3315829.jpg

客室に囲まれた空間には、こんなプールも。
ジャクジーも備わっています。

サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_3354015.jpg
サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_336918.jpg
サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_336572.jpg

帰国前、とっても役にたったのが、こちら。
オンラインチェックイン&ボーディングパスの印刷ができるすぐれモノ!
各エアライン対応で、名前と予約番号を入力してチェックインすれば、その場でスルスルとボーディングがプリントアウトされます。
利用は無料で、ロビーエリア周辺に3台設置。
オンラインチェックイン以外にもマップ検索、天気予報など、さまざまなインフォメーションを無料で入手可能。有料であれば、インターネットやメールもできるよう。
実に便利でした。

こういったスマートなサービスを導入しながら、老舗らしいファミリーライクなゲストへの対応も継承。
そんなところが、ヒルトンの魅力ですね。

サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで_b0053082_3471173.jpg

by naoko_terada | 2012-11-24 04:02 | トラベル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/19551411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< サンフランシスコ散策と、ゴール... クリスマスに。あの人が選んだ、... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム