ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ヒルトン・プレゼンツ カリフォルニア三都市グルメツアー⑦
b0053082_5214755.jpg

ソノマのワインや、食材の魅力を堪能した我々。
ダブルツリーbyヒルトン ソノマ ワインカントリー滞在のディナーは、GMがホストのとってもステキなプライベートダイニングでした。

場所は、レストランの横にある暖炉の前。
外にはブドウの木が植えられたガーデンとテラス。
最高の演出です。

b0053082_5253994.jpg

ちょっと緊張気味に初々しい笑顔で、わたしたちにワインをサーヴするスタッフ。
手にしているのは、もちろんソノマのワイン。
「ワインスペクテーター」誌の「年間トップ100」に6度も名前を連ねたという驚愕のワイン、セゲシオ・ファミリー・ヴィンヤードのヴェルメンティーノです。わお!
セレクションは、前回、ご紹介したこのホテルのワインアンバサダーのシェリルさん。

b0053082_527416.jpg

b0053082_533459.jpg

乾杯をして、大皿の料理が登場したところで思わず歓声。
まさに、この日、見学させてもらったマッシュルームファームで育てられたキノコです。
シンプルにオリーブオイルと岩塩でソテーしただけですが、ぷるっとした食感と弾力に一同、ビックリ!キノコそれぞれの個性が際立ち、生まれたてのキノコがこれほどまでに味わいが良く、美味しいのかと、開眼。
今回は男性カメラマンを除いて、女性たちばかりなので、みんなきゃあきゃあいいながら、味わいます。
いや、本当にこれは感動的でした。
キヌアと呼ばれるアンデス産のクスクスのような穀物を詰めたスカッシュのつぼみ、アスパラガスなど脇役もフレッシュで、どれもおいしい。

b0053082_5372226.jpg

この夜のディナーも、昼間、ワイナリーでのランチと同じように、ファミリースタイル。
前菜に続き、メインのダック・コンフィ、ダック・ブレストも、大皿にドンと盛られてシズル感たっぷり。アットホームなプレゼンテーションもみごと。
供するのは、さきほどと一緒、セゲシオ・ファミリー・ヴィンヤードのシグネチャーといえる、ジンファンデルの2010年もの。最近では、「ジン」などと呼ばれますが、アメリカに来ると飲みたくなるワインですね。

テーブルを囲んで、皿をまわしては食べ、そして飲んで、笑う。

短い滞在でしたが、リゾート、取材先、すべての場所で温かい歓迎を受けたソノマ。
楽しくって、おいしい場所でした。
本当にお世話になりました!


そして、このあとは、いよいよサンフランシスコに移動。

となれば、やっぱりアソコですよね。
by naoko_terada | 2012-10-16 05:51 | トラベル | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/19242112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ほし at 2012-10-21 17:31 x
はじめまして。

サイゾーの記事を読んだのですが、記事が事実であれば、肩書きを広告屋と改めるべきかと思います。

もし事実でないのであれば、名誉毀損で訴えるべきではないかと。。

この問題の本質は、業者と金銭の授受があったかどうかがだけなので真実を明らかにするのは簡単だと思います。
Commented by naoko_terada at 2012-10-23 23:42
ほしサマ

はじめまして。
アドバイス、ありがとうございます。
金銭の授受はありません。
イベント終了後に残っていた、試飲用の青ヶ島の焼酎を1本、いただきましたが。
<< お詫び 旅先での相棒、エディ・バウアー... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム