ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
バリ島 10年前のあの日を思い出して

バリ島で、テロによる爆破事件が起きてから、今日で10年。

それから3年後の2005年、事件の3周忌セレモニーがバリ島で行われる予定だったが、再び、集まった人を目標にテロが起きるかもしれないということで、日本や、最も多くの犠牲者を出したオーストラリア政府は、バリ島への渡航自粛を出していた。
10日前に、ジンバランのビーチとクタで自爆テロがあり、犠牲者が出ていたからだ。


リスクがある場所へ行くのは旅のライターがすることではないし、怖さもある。
それでも、結局、わたしはバリ島へひとりで向かった。
一度目の事件から立ち上がり、バリ島の観光客が戻ってきたところでの二度目のテロ。そんな状況だからこそ、現地へ行き、セレモニーに参加したかった。

そのときの記事が、これ


このときもそうだし、スマトラ沖地震・津波の際にも、そして、昨年の東日本大震災のときにも感じたのは、自分の非力さ。
どうしようもない、やるせなさと罪悪感と哀しみ。

でも、10年経ってみると、バリ島はリゾートとして今でも健在だし、
先日、行ったプーケットもみごとによみがえった。
東北も、絶対に。


必ず、その先には再生がある。
それだけは、今までの中でわかっている。


本日、バリ島では10周年の追悼セレモニーが行われる予定。
7年前と同様に、テロ攻撃の可能性があるということで、厳戒態勢が取られているようだ。
それでも、多くの人が今日、バリ島を訪れるはず。
今回、わたしは行くことがかなわなかったけれど、
何もなく、心おだやかにセレモニーが行われることだけをただ、願っている。


b0053082_1245654.jpg

by naoko_terada | 2012-10-12 01:28 | トラベル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/19204819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フラウ FRAU 九州、沖縄が... 楽園プーケットの魅力をキャッチ... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム