ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ヒルトン・プレゼンツ カリフォルニア三都市グルメツアー④
b0053082_4541778.jpg
b0053082_4543329.jpg

このところ、日本の旅ネタが続きましたが、
カリフォルニアの続きをゆるりと、再開します。

今年、12月2日にはJALが待望のサンディエゴ線を就航し、話題上昇中のサンディエゴから、空路、サンフランシスコへ。
初めてヴァージン・アメリカを利用しましたが、さすが、オシャレな感じ。

そして、お出迎えのバンに乗り換えて、向かったのはツアー二都市め。
ワインで有名な、ソノマです。

そこにある、ダブルツリーbyヒルトン ソノマ ワインカントリーにまずは、チェックインです。

ダブルツリーは、ヒルトンのホテルのブランドのひとつ。
都市部や、リゾート地、レジャースポットなど、多彩なロケーションに点在するカジュアルスタイルのホテル。今年、4月には沖縄・那覇に日本初のダブルツリーとなる、ダブルツリーbyヒルトン那覇が開業しています。

カリフォルニアのミッションスタイルの建物は、テラコッタピンクに新緑が映えて美しい。
抜けるような青空で、この日も快晴。
取材日和です。

b0053082_529072.jpg
b0053082_5291163.jpg
b0053082_529249.jpg

客室は、こんな感じ。
全部で、6部屋のスイートルームを含めて245室。

正直、かなりの年季が入っています。
きちんと清掃が行われ、広めのスペースに、外にはテラスとリラックスできる空間になっていますが建物はクラシックな感じ。

b0053082_5445250.jpg

ということで、お薦めはこちらの改装を施したスタジオ・スイートルーム。
スッキリとモダンな印象にアップグレード。
こちらも、とっても広い。
もともと都市部ではないので、お値段も控えめなうえ、円高の恩恵もあり、日にちにもよりますが、先ほど10月頭あたりで調べたら2万円台でした♪

b0053082_547268.jpg
b0053082_5472722.jpg

大理石のジャクジー付きのバスタブは、カップルで入れる大きさ。
ベッドは、「ダブルツリースイートドリーム® ベッド」。
低反発で振動を最小限におさえ、夢ごこちの快眠に特化して作られています。

b0053082_5572646.jpg
b0053082_5581169.jpg
b0053082_5581093.jpg
b0053082_5584624.jpg

それにしても、緑が美しい。

敷地は22エーカー(約9万㎡)で、すぐ横には2つの18ホール・チャンピオンシップコースが広がります。
日差しは強いものの、木陰に入るとひんやりとするほど。
乾燥した独特の気候は、カリフォルニアならでは、です。

b0053082_63399.jpg

b0053082_732964.jpg

ソノマらしく、ブドウが植えられた一角も。
「バッカス」とはレストランの名前。
外からのゲストはこちらのエントランスから入ることができます。
テラスで、のんびりとグラスを傾けるのもいいでしょう。

b0053082_652752.jpg

b0053082_76684.jpg

b0053082_655545.jpg

ロビー周辺も、ミッションスタイルを思わせる雰囲気。

ご存知のように、カリフォルニアはかつて、スペインの植民地だった場所。
18世紀には、フランシスコ派がキリスト教布教のため21ヶ所のミッション(伝道所)をソノマを含めたカリフォルニア各地に建築。その様式が「ミッションスタイル」と呼ばれ、さまざまな場所で再現されています。

b0053082_6424180.jpg

そして、ダブルツリーの一番ユニークなサービスが、この手のひらサイズのチョコチップクッキー
チェックイン時に、ゲストに手渡されるもので、
これは、1986年から始まったサービス。
当初は、VIPのみに配っていましたが、「ゲストはみな、VIP」である、ということで1995年からはすべての宿泊ゲストに配っています。
ホテルからの「温かいウエルカム」を表現したゲストケアとして、世界中のダブルツリーで行われ、なんと今までに2億5000万枚が手渡されています。
全ダブルツリーがまったく同じシークレットレシピを用いて、毎日焼き上げています。
すごいのは、チェックインカウンターの後ろに、クッキー専用のウォーマーがあり、そこから温かいものが手渡されること。3時間以上、ウォーマーに入れることは厳禁で、常にフレッシュな焼きたての味を楽しむことができます。

袋には、"Stressed spelled backwards is desserts"の文字。

「ストレスのスペルを後ろからつづるとデザートに」。

ダブルツリーに滞在しているすべてのゲストが、この1枚のクッキーに象徴される、
心からのゲストサービスによって、くつろいでもらいたい。


そんな願いが込められています。
by naoko_terada | 2012-09-08 03:56 | トラベル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/18956802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2014年冬、開業。フォーシー... ご縁に感謝!山形経由 秋田・大... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム