ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験
沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験_b0053082_23591378.jpg

リゾナーレ 小浜島、二日目。
たっぷり睡眠をとった翌朝。

ビーチハウスで、モーニングコーヒーのサービスがあるということで、
自分でカートを運転してビーチへ。

南の国の生命力あふれる太陽の光を浴びながら、
目覚めのストレッチに参加されていたのは、仲の良いご夫婦。
数週間の長期滞在のようです。
そういう楽しみ方ができる、ご年配のカップルってステキ。
羨ましいですね。

沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験_b0053082_095523.jpg

朝食は、クラブハウスと呼ばれるダイニングで。
およそ50種類と、驚くほどバリエーション豊富なブッフェ。

でも、この日は軽めに。
というのは、このあと、併設の「琉球スパ」でたっぷり130分のトリートメントを受ける予定なのでした。

カートに乗って、隣接するゴルフ場に面したスパへ。
まずは、ハイビスカスのウエルカムドリンクでリフレッシュ。

沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験_b0053082_0172712.jpg

スタートは太陽(ティーダ)の足浴。
長寿の薬草といわれる「長命草」、抗酸化作用やポリフェノールが赤ワインの約34倍あるという「月桃」、沖縄の言葉でぬちぐすい(命の薬)ともいう「泡盛」を入れたお湯で、ゆっくりと足の温浴。
泡盛が入っているからでしょうか、じんわり温まる感覚があります。

沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験_b0053082_023252.jpg

そして、沖縄のミネラルたっぷりの塩でスクラブ。
指先のスクラブは、いつも、くすっぐたいけど、我慢(笑)。


沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験_b0053082_0244310.jpg

スパスイート仕様のトリートメントルームはリゾートらしく、解放感たっぷり。
窓の外にはゴルフコースと、その先に広がるブルーオーシャンがきらめき、まぶしい。

この日、お願いしたのは、「ハイビスカスの微笑み(バラッシュン)」という乙女なネーミングのコース。
たっぷり130分かけて、バスタイム、アロマボディマッサージ、フェイシャルを体験するもの。

沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験_b0053082_0295127.jpg

このコースの目玉が、トリートメントルームの外にあるバスタブでの、露天ハイビスカスジャクジー!
純度の高いハイビスカスエキスを、セラピストが注いでくれます。
お湯の中には、フレッシュなハイビスカス。
乙女チック♪

用意ができ、入浴タイム。
最初、視界は開けていて、目線に建物などはないのですが、外にあるのでパレオを巻いて入るように言われましたが、ひとりになったら、はずしちゃうのが正解(笑)。
ジャクジーバスに入っている分には、誰にも見えません。

スパスイートは二人で利用できるので、ここはやっぱり、ロマンチックにカップルで受けたいですね。

その後、室内でアロマオイルトリートメントを全身、入念に。
フェイシャルには、クチャと呼ばれる海底粘土を使用。
このクチャ、沖縄ではおばあたちの美の秘訣でもあります。市場やスーパーでも買えるのですが、洗顔や髪のトリートメントなどに利用。保湿成分とミネラル成分などで、艶やかにうるおいます。

今回はおすすめ、ということでシグネチャー的なこのコースを受けてみましたが、時間がない人には、ショートメニューもいろいろあるので、まずはお試しで体験するのもいいでしょう。

日に焼けて、紫外線にさらされたボディや髪の毛のケアに、
あるいは、天気の悪い日のチョイスに。

やっぱり、リゾートにスパは欠かせません。
by naoko_terada | 2012-08-11 00:49 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/18815829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 絶景スカイツリービュー!ザ・ゲ... 沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リ... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム