ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ヒルトン・プレゼンツ カリフォルニア三都市グルメツアー①
b0053082_352262.jpg

ハワイの途中ですが、先日、取材に行ったカリフォルニアねた、始めます。

この旅は、ヒルトン・ホテル主催のグルメツアー。
わたしのほかに、数媒体のメディアとの同行取材です。

ヒルトン・ホテルというと、日本ではシティホテルのイメージがありますが、実はリゾート気分たっぷりのロケーションも多く、さらに、斬新なスタイルの進化系の物件も増えています。
そのあたりの情報をブラッシュアップしましょう、というのが今回のテーマ。
加えて、ホテルが提案するグルメねたも仕入れる予定。


ということで、久しぶりのデルタ航空に乗って、ロサンゼルスへ。
ひゅ~ん。

b0053082_48018.jpg

LA到着後、空港からバンに乗り込み、ハイウェイを約3時間。
カリフォルニア第二の都市、サンディエゴに。
まずは、ヒルトン・サンディエゴ・ベイフロントにチェックイン。

b0053082_4122922.jpg
b0053082_4125893.jpg

b0053082_4521478.jpg

b0053082_4162875.jpg

b0053082_4131311.jpg

水をイメージしデザインは、ホワイト&ブルーを基調にさわやか。
サンディエゴにはもうひとつ、ヒルトンがありますが、
ベイフロントは4年前にオープンした新しいスタイルのアーバンリゾートホテルです。

軽いランチをいただき、さっそくホテルの中を見せてもらいます。

b0053082_4222510.jpg
b0053082_4224310.jpg
b0053082_4225379.jpg

ホテルご自慢のスイートのひとつ、シースイートは、リビングルーム付き。
マロン、ブラウンといった温かみのあるカラースキームは、洗練されたムード。
「ヒルトン・セレニティ・コレクション」と呼ばれる、プラッシュトップベッド、リネン、5つのジャンボ羽毛ピローのベッドも完備です。

あ、そうそう。
お部屋の写真を撮る場合、ぜひ、ライトをつけて撮ってみてください。
上のように、点けないときよりも柔らかく温かい雰囲気になります。

b0053082_4343595.jpg

ヒルトン・サンディエゴ・ベイフロントの客室数は、なんと1190室。

それほど客室数が必要な理由が、こちら。
目の前にサンディエゴ・コンベンションセンターが横たわります。

業界用語で、MICE(マイス)と呼ばれる大きなマーケットがあります。
Meeting(会議・セミナー)、Incentive(報奨・招待旅行)、Convention(大会・学会・国際会議)、Exhibition(展示会)の頭文字。
数千人規模のグループを一度に扱うので、ビジネス的に大きい。
いかに、大きなMICEマーケットを獲得するかが、ホテルだけでなく、観光業、エアライン、サービス、行政としての課題です。
その頂点といえるのが、オリンピックですね。

そして、今年、12月2日から、JALが最新造機、ボーイング787を使って、
成田からのサンディエゴ直行便を就航。
ビジネスにも観光にもサンディエゴが身近になり、期待が高まります。


b0053082_4483087.jpg
b0053082_4484761.jpg

b0053082_4485881.jpg
b0053082_4491233.jpg

そんな背景があるものの、
ホテルのゲストルームからは、のびやかなサンディエゴのベイフロントの風景が心をなごませ、リゾートらしいリラックスさに包まれます。

カラリとした空気に、高く、青い空。
言葉では、表すことができない、レイドバックした解放感とクリスピーな空気感。
この感覚は、カリフォルニアならでは。


いい気分です。
by naoko_terada | 2012-06-25 05:04 | トラベル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/18488452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヒルトン・プレゼンツ カリフォ... From Farm to Ta... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム