ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ
ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_2332365.jpg

にわかにブームとなってきたブータン。
なんと、政府観光局の日本語サイトもできました。

何度もブログや雑誌でも紹介してきましたが、マスターカードの社会貢献プログラムMasterCard Purchase with Purposeの取材で訪問したのが2010年。
その取材の際のハイライト、タクツァン僧院のことを書いていませんでした。。。

ブータンを紹介する記事には、必ずといっていいほど紹介される、
ブータン最大の聖地。
標高3000m級の急しゅんな山肌に張りつくようにたたずむ孤高の寺院。
仏教を伝えた高僧バドマサンババが建立したと伝えられます。
別名、タイガーズネスト。
パドマサンババがメスのトラの背中に乗って、ここへ来たからとの逸話が由来です。
この驚がくの僧院へたどり着くには、標高差900mの山道をひたすら登っていきます。
900mといっても、スタート地点がすでに2300mレベル。
ある程度、高所に順応してからの登山となります。


ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_23243576.jpg

なだらかだったり、
時に急な石段になったりと、僧院への道のりはなかなかハードです。
それでも、暖かな日差しの中、信心深いブータンの方や、観光客の姿が。

ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_23281462.jpg
ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_23282569.jpg

歩くのがイヤな人には、こんなサービスが。
でも、下山はキケンだからでしょう、登りオンリー。
仕事を終えてふもとに戻るロバたちは、足取りも軽く、
あっという間に駆け下りていきます。


ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_23352942.jpg

実は僧院への登山は二度目です。
前回、2007年(だったかな?)にプライベートで訪問した際に、登っているのです。

ただ、その際は僧院を眼下にのぞむ展望エリアまでで断念。
今回は、院内へ入りお参りをする予定です。
ロバのお世話にはもちろん、なりません(笑)。
頼りになるサポーターは、滞在するウマパロのアクティビティチームのふたり。
私の滞在中のガイドとして、ずっと帯同してくれました。
彼らのうしろの岩肌に僧院があるの、おわかりになりますか?
目指すはアソコ!
日々、地下鉄の階段を使って筋トレしている成果を見せなくちゃ!
所要3時間切りを目指します。

ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_23413769.jpg
ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_2341547.jpg

登山って、あたりまえなんですが、本当に、一歩、一歩近づいていく作業なんですね。
このとき、学んだのは山登りはリズム、ということ。
右足、左足、右足と同じ歩幅で、リズムにのって歩くと疲れないし、ラク。
ところどころに、段差のある石段が出てくるのですが、
そこになるとリズムと歩調が乱れて、一気に足が重くなる。

ツラい、でも、ひとつずつ進んでいく達成感は気持ちいい。
空気は清涼さにあふれ、高地の太陽は痛いほどにまぶしい。
最高の登山びよりです。

ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_2349315.jpg

ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_23491959.jpg

登り始めて2時間あたり。
やっと、前回のゴール地点、展望エリアまできました。
眼下にはパロ郊外の広がりが見渡せます。
おまいりにきたブータンのおばあちゃんも、さすがにこたえたのか
しばしボー然とした様子。

その気持ち、よくわかります。

さて、もうひとがんばりしましょうか。

というところで問題発生。

実は、13:00~14:00は僧侶のランチタイムで、僧院内に入ることができないのです。
この時点で、13:00をわずかに過ぎてしまいました。
十分にそれまでにたどりつく予定だったのですが、
私の登りがゆっくりだったのと、途中で写真撮影などをしていたため間に合いませんでした。

さあ、どうしよう。

この日、ガイドと一緒にもうひとり、ホテルのスタッフも一緒でした。
白人の彼は早いスペースで歩き、展望台へで我々を待っていてくれました。
「残念、間に合わなかったですね。どうしますか?1時間待ちますか」

彼にそう聞かれて、しばし考える。

ここまで来て、寺院に入れないのでは前回と一緒。
ぜひ、僧院をおまいりしたいところ。
でも、午後からの取材アポもあるし、
何よりもホテルのスタッフを拘束して待たせることに心がひける。
特に先に待っていた彼は、
どうやらこの後の予定もあるようで、そろそろ下山したい様子。


やっぱり縁がないのかしら。
さらに考えてから、

「残念。でも、また来いという意味かも。ここで戻りましょう」

そう、わたしは彼らに伝える。


ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_0115849.jpg

そう伝えたものの、名残惜しそうに僧院の写真を撮るわたしに、
ガイドのヤンキが話しかけてきた。

「ミス・ナオコ、これはあなたのツアーです。僧院まで行きたいのであれば待ちましょう。
中に入るための許可も取ってありますし、ブータン人として、ぜひ、このすばらしい僧院を見て帰ってもらいたいです。私たちのことは気にしないでください」

カンのいい彼女は、どうやらわたしの心を読んでいたようだ。

彼女の言葉で、揺らいでいた気持ちがふっきれる。

「わかった、待ちましょう」


ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_019414.jpg
ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_0195732.jpg
ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_0202872.jpg

白人のホテルスタッフは、結局、先に下山。
我々だけが、僧院を目指すことに。

しかし、待とうといったことを思わず後悔したくなるほど。
ここからの石段のアップダウンがキツイ。
写真を見てわかるように対岩になる僧院へは、一度、峡谷の下へ降り、
そこから向こう側に渡り、最後の石段をのぼってたどり着くのだ。

石段がびっくりするくらい急だ。
歩き慣れているはずのブータン人でも、息が荒くなる。
ごうごうと流れる滝を抜け、
谷と谷を結ぶ、タルチョと呼ばれる経文が書かれた旗の下を一歩、一歩、進みます。

ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_03088.jpg

そして、ついに先ほどまでいた展望台を向こうに望む、僧院入口に到着!
ずっと背後から受けていた太陽を、正面で受け止めます。

ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_0315748.jpg

ゆっくり歩いてきても、まだ14時前。
入れるまで、崖のふちに座って持ってきたお茶とクッキーをいただきます。
ドスンと後ろで音がしたので、
ふりかえると、陽だまりの中で気持ちよさそうに眠る犬。

暖かくて、のどかで、目的を成し遂げた清々しさで、
ちょっと泣きそうになるくらいにシアワセな気分。


14時になり、僧院へ。
院内に入るには荷物をすべておいていきます。
撮影も不可。

たどりついた僧院内は、1998年の火災後に新しく建てられたものですが、
驚くほどに質素で、つつましやかなものでした。
堂内は、バターランプのほの暗い明かりにゆらぎ、
そこで僧侶に聖水をいただき、
五体投地で、手をあわせ、ひたいを床につけて祈ります。

一回、二回、三回。。。


ここまで連れてきてくれた、ヤンキをはじめ、すべての人たちに感謝。
すばらしい体験をさせてくれたあらゆるものに。

感謝が届くよう、祈る。


ブータン最大の聖地 タクツァン僧院へ_b0053082_0504551.jpg

by naoko_terada | 2012-02-28 22:48 | トラベル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/17884615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 婦人画報 桜の宿! 2月28日から、クアラルンプー... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム