ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
バンコクからドゥルック航空でブータンへ


バンコクからドゥルック航空でブータンへ_b0053082_1234234.jpg
バンコクからドゥルック航空でブータンへ_b0053082_12343348.jpg

バンコク発ブータン・パロ行きのドゥルック航空は、早朝の06:50分出発。
04:30にホテルを出て空港へ向かいます。


新しいスワンナブーム空港Wカウンターでチェックインします。
Wは、一番端のカウンターで、すぐ横にはコンビニ、両替所などがあります。
この時間帯はコンビニのみ営業中。
ドゥルック航空はブータン国営の航空会社で、ブータンへ行くには実質、このエアラインしかありません。だから、お値段はかなり強気。
チェックインにかなりの列ができていますが、11月はブータンの観光シーズンで、
欧米からの観光客が多い様子。
あと、途中、ダッカで給油をするのでそこで乗降する人たちもいます。

バンコクからドゥルック航空でブータンへ_b0053082_12415917.jpg

ホテルを出発するときはまだ、暗かったバンコクの空も、搭乗時には朝日が差し込む頃。
まずは、ダッカまで2時間半ほどのフライト。
時間通りに離陸した後は、朝食がサービスされます。
写真はビジネスクラスの朝食です。
そう、今回はありがたくもビジネスクラスを利用させていただきました。
これはオムレツですが、もう一種類ベジタリアンメニューがありました。
でも、ブータン料理ではないのがちょっと残念。
赤いテーブルクロスは初めてでした。

バンコクからドゥルック航空でブータンへ_b0053082_1249677.jpg
バンコクからドゥルック航空でブータンへ_b0053082_12491467.jpg

食後、うとうとしている間にダッカに到着です。
ここで、40分ほどの給油タイム。
ブータンまでの乗客は外に出られません。
バンコクではクリアな感じの空気も、ここダッカではモヤがかかったようで、重い。
「インドだなぁ」と意味もなく思います。笑

バンコクからドゥルック航空でブータンへ_b0053082_12522923.jpg

ダッカからの乗客が乗り込んだところで、いざパロへ。
ダッカからパロまではおよそ1時間。意外に近いことに驚きます。
ここで、軽食が。
お腹は空いていませんが、仕事柄いただきます(笑)。
今回は紅茶と野菜のサンドイッチを。
味は悪くないです。
ブータン人のCAも完ぺきな英語を話し、こまごまとサービスをしてくれて印象はとてもいいです。

このドゥルック航空、私が搭乗した時期はバンコクを6時台の出発でしたが、冬のスケジュールにはそれが7時台に変更されます。先月から羽田深夜発のJAL、ANA、TG(タイ航空)が早朝の5時、6時台にバンコクに到着するので、それによりうまくつながる可能性が出てきます。そうなれば、バンコクで前泊する必要がなく、ブータンがとても身近なデスティネーションになってきます。
深夜に羽田を経ち、翌日の午前中にはブータン。
すてきです!
そんな旅行をぜひ、エアライン相互で実現してもらいたいと思います。

バンコクからドゥルック航空でブータンへ_b0053082_125855.jpg
バンコクからドゥルック航空でブータンへ_b0053082_1258231.jpg

ダッカから飛び立ち、しばらくすると窓の外がまぶしい。
目をやると、純白の雪山。
ヒマラヤの最高峰カンチェンジュンガの雄姿です。
雲の上にそびえる神々しい姿は圧巻です。
さきほどまでの湿度を感じるインドの空とは大違い、ブータンに近づいたことを実感します。
ちなみに私が座っていたのは進行方向左側の窓席でした。

バンコクからドゥルック航空でブータンへ_b0053082_1310213.jpg
バンコクからドゥルック航空でブータンへ_b0053082_13103165.jpg
バンコクからドゥルック航空でブータンへ_b0053082_13104392.jpg
バンコクからドゥルック航空でブータンへ_b0053082_13105120.jpg

機体は徐々に降下を開始。
眼下の山並みがぐんぐんと近づき、それに伴い、急峻な山肌に点在する棚田や民家が小さく見えてきます。しかし、山合いのほんの少しの平地を活用したパロ空港へのアプローチは恐ろしいほどにチャンレンジング。よく作ったなぁ、と感心します。

オレンジにイエローのカラーリングが特徴的な伝統的なゾン(寺院)、峻烈な清流の川のきらめき、民族衣装のゴやキラを着たブータンの人たちの姿が見えてきた。
ブータンです。

軽い衝撃と共に機体はみごとにランディング。
標高2300メートルの町パロに到着。

ここから、3年ぶりのブータンの旅がはじまります。



バンコクからドゥルック航空でブータンへ_b0053082_13214660.jpg

by naoko_terada | 2010-11-11 12:27 | トラベル | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/14391878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yarrariver at 2010-11-12 17:24 x
ブータンは確か国民の幸福を基準とした国作りをされているところですよね。窓から流れる景色は素晴らしいですね。陸続きに他国があるブータン、この自然が壊れる事なく保たれますように。
Commented by naoko_terada at 2010-11-13 19:01
yarrariverサマ

そうです。
GNPではなく、GNH(Gross National Happiness 国民総幸福論)がそれです。30歳になったばかりの若き国王のもと、政治、経済などドラスティックに変わっていきそうなものを感じています。どちらに向かうのか。国王が国民の側を向いていることが大切ですね。
でも、一度は行っていただきたい国ということには変わりありません。
<< ブータンに到着、まずはパロへ マスターカード、コモホテルズア... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム