ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
Fly to the World 深夜の羽田国際空港へ


b0053082_451046.jpg

10月31日、32年ぶりに羽田から国際線の定期運航便が就航開始。
先ほど、第一便就航記念イベントへ行ってきました。

取材陣の集合は、22:45。
うへぇ。
でも、どの程度、混雑しているのかわからないので、
モノレールに乗って早めに空港へ行くことに。
新しい国際線ターミナル駅に着き、改札を出ればもう目の前がチェックインカウンター!
スーツケースを持ってもラクなシームレス。
搭乗客の他にも空港開港直後で、しかもハロウィーンで日曜。
ということで、遊びに来ているようなカップルやファミリーもちらほら。
かなりの混雑ぶりです。

b0053082_4131759.jpg
b0053082_4132657.jpg
b0053082_4133496.jpg
b0053082_4134983.jpg

集合時間まで、1時間ほどあったので、話題の江戸小路でもひやかそうと思ったら、
おっと! 店舗はすでに閉店。
インフォメーションの冊子を見ると、ショップのほとんどは21時クローズ。
レストランはカフェ、お好み食堂などを除き、22時か22時半がラストオーダー。
施設案内は営業している店のところだけ照明が灯される工夫がされていて便利ですが、
もうほとんどやっていないところばかりで淋しいかぎり。
う~ん。。。
これは改善してほしいですね。
最終のフライトが00:30なので、まだまだお土産探しや何か食べておきたい乗客がうろうろしている。
見送りの方たちも、遊びに来ているカップルも物足りなさそう。
もちろんわたしも。

b0053082_4294829.jpg
b0053082_4295644.jpg

出国口は、長蛇の列。
オペレーションが慣れていないせいもあるでしょうから、当分は、早めにチェックインして出国しておいたほうがよさそうですね。

b0053082_4313623.jpg

しょうがないので、コーヒーをテイクアウトして展望デッキに行ってみる。
雨がだいぶ強くなってきて、肌寒い。
でも、雨に濡れた空港は雰囲気がありますね。
ハイファイセットの「土曜の夜は羽田に来るの」のフレーズが浮かぶ。
日曜だけど。
懐かしい。

b0053082_4452725.jpg

などと、メランコリーな空港ごっこをしているうちに集合時間に。
今回はタイ国際航空からのご招待です。
ほかにも新聞、テレビ、航空ジャーナリスト、旅行業界誌などの記者、カメラマンたちが。
知っている顔もあります。
多くのプレスが、昨晩のJAL、ANA就航記念イベントから2日続けての取材のよう。
空港ホテルに泊まっての取材です。
ごくろうさまです。

その中で、わたしのこのブログをずっと見てくれているという某新聞社の記者の方にお声がけいただき、驚きつつも嬉しい気持ちに。
もっと頻繁に更新しなくちゃ、ですね。
でも、ホント嬉しい。
また、どこかでお会いできること楽しみにします。
ありがとうございました。

b0053082_4583781.jpg
b0053082_4585014.jpg

「PRESS」の腕章を付けて、
スタッフ用の通路からセキュリティを経て出国、搭乗ゲートに出ます。

タイ国際航空の式典の直前に、すぐ近くのゲートでシンガポール航空の記念イベントが行われていたので、ちゃっかり取材。ギターとバイオリンの演奏の中、式典関係者と一号機搭乗者にシャンパンとフィンガーフードのサービス。なかなか力が入ってます。
お、演奏者にフォーカスしているこの後ろ姿は、航空カメラマンのOさん。

ふと、見ると乗客の中にも知り合いが。
このフライトでシンガポール取材に行くそう。
シャンパン片手に優雅に搭乗を待っています。
楽しんできてね♪

b0053082_562930.jpg

b0053082_565438.jpg

シンガポール航空、羽田国際空港のお偉方のスピーチがあり、
その後、お約束のリボンカット。

終了と同時にタイ国際航空のゲートへダッシュします。

b0053082_583114.jpg

ゲートに行くと、シンガポールとは異なったゆるいムード。
派手なサテンの衣装を身に付けた楽団が演奏するのも、タイらしい長閑な民族音楽。
やっぱりタイです(笑)。
脇にはタイ王国特命全権大使を主賓に、タイ航空、空港関係者が並びます。

b0053082_5112870.jpg
b0053082_5113842.jpg

みなさんのスピーチの後、
一号機の乗客代表のカップルと、機長へ大使から花束贈呈。
こういうところもタイぽっくてカワイイです。

b0053082_5141818.jpg

そして、こちらでもリボンカット。

タイ国際航空の羽田便TG661は、羽田発00:20、バンコク着05:20。
帰りは、TG660となり、バンコクを14:50発、羽田着22:30。

バンコクに早朝に着くので、そのまま乗り継げばチェンマイ、サムイ、クラビにも午前中に到着。カトマンズ、バリ島(デンパサール)、デリー、ホーチミン、メルボルン、パースなどへの乗り継ぎもスムースで利便性がアップしました。

現在、羽田就航記念として、ビジネスクラス「ロイヤルシルククラス」が13万円~とかなりお得なキャンペーンも実施中。オーバーナイトのフライトだと、やはりビジネスクラスのスペーシーなシートはありがたいものです。


無事、式典も終了し、時計を見れば00:15!
誘導されながら出発ロビーへと戻り、関係者にご挨拶をしたら、猛然とダッシュしてひとつ下の到着ロビーへ降り、さらに地上階へと走り込んで、00:40発の新宿最終のリムジンにすべりこむ。

土砂降りの新宿駅に着いたのは、01:10頃。
これからは、こんな取材も増えることでしょう。

でも、それもちょっと楽しいな、と今はそう思っています。
by naoko_terada | 2010-11-01 05:45 | エアライン | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/14323975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 乗り方をご紹介! at 2010-11-02 00:41
タイトル : 国際線の乗り方
国際線の乗り方について書いて見ました。よかったら見てください。... more
Commented by hiyoko at 2010-11-01 11:02 x
早速行かれたんですね!
記念式典にそれぞれお国柄が出ていて面白いです。

昔は羽田からだったんですよねー。
昭和40年代、親が海外に行く時は、必ずと言っていいほど羽田までお見送りとお迎えに行ったものです。
それくらい一般庶民には特別だったんですよね、海外へ行くのは。
昔は「別れの窓」っていう、出国手続きを終えた人とお見送りの人とが最後に会話できるガラス窓があって、泣きながらお別れしている感動的場面を沢山見ました。
一度旅立ってしまったら、本当に会えないし、声も聞けない、、、。
今とは大違いですよね、海外に行くという意味が。
特別感がありました。

その羽田の国際線空港、今度は気軽に海外に行かれるようにするために戻って来た!って感じですね。
嬉しい限りです。
もっと便が増えてくれると、なお嬉しいです~。
そして、レストランの営業時間、何とかしてほしいですね!!
Commented by kimura mika at 2010-11-01 11:17 x
昨日は羽田までお越し頂きありがとうございました!帰りのバス、間に合ってよかったです。。江戸小路も楽しそうですね!今度はプライベートでゆっくり遊びに行ってみようかと思います。
羽田をきっかけに、日本と海外との(人の)交流がもっと活発になれば嬉しいですね。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
Commented by naoko_terada at 2010-11-02 10:23
hiyokoサマ

私、幼稚園の遠足が羽田空港でした。
あと、東京タワーね。
「別れの窓」は知りませんでしたー。

次回hiyokoパパとのご旅行は、羽田・新国際線ターミナル発になりそうですね(笑)。
Commented by naoko_terada at 2010-11-02 10:26
kimura mikaサマ

こちらこそ、お世話になりました。
江戸小路、レストランのバリエーションはかなりのものです。なかには予約を取るお店もあるので、デートにぜひ!

これからもよろしくどうぞ!
Commented by carambola at 2010-11-07 12:37
成田もそうですが,閉店早すぎですよね.
深夜便は仕事が終わってから直行することが多いので,
荷物を預けてホッとしたら,登場までの時間
軽く?一杯やりたいのに…
先月は仕方がないので,閉店したカフェのテーブルを拝借して
缶酎ハイとスナックで乾杯しましたけど…
せめて最終便の30分前まではやってて欲しいです.
Commented by naoko_terada at 2010-11-08 00:16
鯔サマ

羽田・国際線ターミナルの営業時間はホント、びっくりするくらい早いです。空港の夜景を見ながら一杯、なんていうロマンチックなシチュエーションが演出できるのですからね。
24時間営業のレストランもあるのですが選択肢がないのは淋しいです。出国した後の免税店などは最終便ぎりぎりまでやっているようですが。
<< JALファーストクラス&サクラ... 羽田・国際線、旧ターミナルへ ... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム