ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
皆生温泉・東光園、超ど級の夕食


皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_223316.jpg

お料理に力を入れている、とうかがっていた東光園での夕食。
個室風のダイニングで、暮れかけた海を眺めながらいただきます。

献立がテーブルにあり、手にとって眺めてのけぞりそうになる。
すごいボリューム。。。。

まず、先付で登場したのが、いきなり鮑(アワビ)。
姿蒸しの冷製です。
小ぶりですが、柔らかく蒸されていて美味しい。


その後、先八寸

・菜の花のピーナツ味噌
・苺の白和え
・切り昆布と奈良漬けのべっこう煮
・鱒の南蛮漬け
・里芋のけしの実揚げ
・いかの菜種焼き
・かぶのすり流し
・人参の葛寄せ

彩り鮮やかに小さな器に盛られて目にも美味しい。
あ、これは写真なし。
食べちゃいました(笑)

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_224938.jpg

本日のお造りは、こちらも豪華にアワビです!
こちらは刺身ならではのコリリとした歯ごたえが身上。
かみしめると甘味が広がります。

贅沢です。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_225720.jpg

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_231843.jpg

お次のお肉、これ、実はお椀のかわり。
東光園名物、大山黒牛ロースの滋味スープです。

大山黒牛(だいせんくろうし)は、皆生温泉からもほど近い、名山、大山(だいせん)と日本海に囲まれた大山町で飼育されている肉牛とのこと。太陽をたっぷりと受けた地元産のわらと、安全性の高い濃厚飼料で育てられ、赤身と霜降りのバランスがとても良いとされています。
それを、牛すじ肉などから丁寧にとった「山のスープ」と、たっぷりの昆布と鰹節からとった「海のスープ」を、絶妙のバランスで配合したオリジナルのスープでしゃぶしゃぶ風に。

適度なさしの入ったお肉は、水菜と一緒にいただくと後味もさっぱり。
もちろん、スープには肉の旨みがぎゅっと濃縮されて溶け込んでいるので、これも風味豊か。
半分ほどいただいた後は、京都・原了郭の黒七味をさっと振り、
より深みある味に仕立てて飲みほします。


ふぅ~。
ここまでで、かなりのボリューム。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_233219.jpg

でも、まだまだまだ続きます。
許してくれませんから。


「本日の焼き物です。のどぐろの塩焼きです」

一流料亭に登場する高級魚です。

境港は、のどぐろはもちろん、松葉ガニ、ベニズワイガニ、天然クロマグロなど、
高級鮮魚、海産物が水揚げされる良港ですが、その恩恵をたっぷりと堪能してもらいたい。その思いから料理長、総支配人みずから新鮮な食材を求めて、生産者、業者を見つけてきたそうです。いいものが入らなかったら、釣りざおを抱えて浜へ行くこともあるとか(笑)。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_234266.jpg

お料理に合うお酒を、と所望したら、
スタッフの方が選んでくれたのがこちら。
気持ちよく冷えたところに、木の桶の香りがほのかに移り、さわやかです。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_235242.jpg

おしのぎ、として出てきたのは大山黒牛のにぎり。
一貫がそれなりに大きいので、食べごたえあり。
さっとあぶった肉の旨みが、ご飯にあいます。

美味しい。。。

その後、揚げ物として、白いかのおかき揚げ 青紫蘇とミョウガのサラダが。
白いかも高級な食材ですよね。
こちらもさりげなく登場しますが、贅沢です。
あ、これも食べてしまいました。
すみません。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_24298.jpg

で、次に出てきたのがこちら。

「?」

熱々の瀬戸の鍋の中に砂です。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_241526.jpg

スタッフが熱い砂をかき分けて中身を取り出してくれます。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_245287.jpg

フォイル、紙にくるまれた中身を丁寧に。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_25243.jpg
皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_251356.jpg

出ましたぁ~。

東光園別製 鮑と茸の砂丘蒸しです。

また、アワビ?などと思わないように。
こちらは、洋風のさっぱりとしたソースをからめて蒸されているので、今までの料理の流れから、コースの印象を変調させてくれて、おもしろい。
でも、蒸すとどうしてこんなに柔らかくなるのでしょうね。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_252757.jpg

南高梅のシャーベットがお口直しに登場して、
いよいよフィナーレです。

大山黒牛フィレ肉の炭火焼き、奥大山産こしひかりのご飯、香のもの、赤だし。
とどめは、わかりますか?
真ん中で隠れている大山黒牛のひとくちビーフシチューです。

香ばしい肉がジューシーに焼ける匂いと、
炊きたてのこしひかりで、
お腹いっぱいなのに、どうしても食べてしまう。
やっぱり、ご飯好きです。
しみじみ、美味しい。
ふふ。
幸せで、笑っちゃいます。


最後、本日のデザートが出ましたが、食べたのかどうかさえ記憶にありません(笑)。



それにしても、本当にたっぷりの量です。
今回は特別なメニューもあったのかもしれませんが、お客様にお腹いっぱいで満足してもらいたいと、あえてこれだけの内容、ボリュームにされているそうです。

11月から3月までは、境港が水揚げ日本一となる松葉ガニが旬。
今から楽しみにされる方もいらっしゃることでしょう。


たっぷり海の幸、山の恵みを味わい、温泉に浸かってワイワイ楽しむ。
これぞ、日本人の楽しみかたですね。



ごちそうさまでした。

うぅ、苦しい。。。。
by naoko_terada | 2010-10-06 03:20 | 日本 | Trackback | Comments(6)
Commented by hiyoko at 2010-10-06 09:44 x
おはようございます。
もー、もー、大大大好物のものばっかり!
しかも、冬は蟹もですか!!!
あー、想像しただけで涎が出てきましたよ。(笑)
早速HPを見に行っちゃいましたが、この内容でこのお値段にビックリ!!
お値段が東京近郊の旅館と比べると、すごーーーくお安い。
早速、お気に入りの「行きたい宿」に入れさせてもらいました~。
久しぶりに国内旅行もいいな~。
Commented by にょろ at 2010-10-06 18:46 x
おお~、どれもこれもおいしそうなお料理ですね!
かつてわたしが泊まったときとは違うわぁ・・・
これなら再訪したい!
前回は夏の終わりに訪れたので、次回は冬がいいかなぁ♪
Commented by naoko_terada at 2010-10-06 20:43
hiyokoサマ

アマン帰りのお二人にはちょっと物足りないかなぁ(苦笑)。
しっぽり、しっとりというよりは、子供連れ、お友達同士などで手頃な値段でお腹いっぱい食べて、いいお湯に浸かる。
そんな楽しみ方がおすすめですー。

とにかくボリューミー!!
Commented by naoko_terada at 2010-10-06 20:46
にょろサマ

こちら、3年前に運営が変わったのです。
ですから、もし、それよりも前でしたらまったくサービス内容が変わっているはずです。

これからは、松葉ガニの季節♪
関西方面からどどっとお泊りにいらっしゃるそうです。

お湯もとても保温性があり、冬にはいいですね。
ぜひ、再訪されてみてください♪
Commented by carambola at 2010-10-09 11:12
なるほど,スゴイボリューム&アワビづくしですね~.
こりゃ,食べきれないわ…全部ハーフでお願いします(^^;)

お湯に入って,ほてった体をビールで冷やしつつ
こんなお食事が運ばれてくるのを想像しただけで
なんだかほわ~んとリラックスできましたよ~(*^_^*)
Commented by naoko_terada at 2010-10-10 00:06
鯔サマ

ここ、子供たち、おじいちゃん、おばあちゃん、おとーさん、おかーさんと家族でワイワイ楽しんでもらいたいお宿です。
とにかく美味しいものをたんといただくなら、お薦めです。

松葉ガニ。
東京の人間はピンとこないのですが、関西では、冬といえば松葉ガニ、らしいですね。
<< このために、台北に行ったワケで... 金木犀と母のカーディガン >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム