ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ペナン 麗しのブルー・マンションへ


ペナン 麗しのブルー・マンションへ_b0053082_20524236.jpg

ペナン滞在中の最大の見どころは、
前述したプラナカン文化に触れること。

建築物もあれば、食、衣服など、
彼らの文化は連綿と今もゆるぎない絆によって守られています。

その代表的な名所のひとつが、ブルー・マンション

ペナン 麗しのブルー・マンションへ_b0053082_21203867.jpg
ペナン 麗しのブルー・マンションへ_b0053082_2121923.jpg
ペナン 麗しのブルー・マンションへ_b0053082_21212032.jpg
ペナン 麗しのブルー・マンションへ_b0053082_21213185.jpg

かつて、「東洋のロックフェラー」と呼ばれた実業家、チョン・ファッツィ氏の邸宅で、
中国スタイルに、欧州から学びとった西洋の香りを融合。
意匠を凝らし、贅を極めた空間は、ため息がもれるほどみごとです。

場所は世界遺産の町ジョージタウン。
ブルー・マンションは愛称。
目も覚めるほど色鮮やかな青の外壁がもちろん、由来です。

ペナン 麗しのブルー・マンションへ_b0053082_21223917.jpg
ペナン 麗しのブルー・マンションへ_b0053082_21225130.jpg
ペナン 麗しのブルー・マンションへ_b0053082_2123790.jpg

東洋と西洋の融合、
あわせてチャイニーズとマレーの溶け合い。
一見、秩序のない組み合わせのように思いますが、
それをひとつの世界に作り上げている理由が、風水。
色の配置、コウモリや桃など繁栄と富の象徴であるモチーフ、
風、水、金属などが導く、幸せへの道。

プラナカン文化の背骨となる、彼らの人生観がすべて風水に凝縮されています。


現在、ここはゲストハウスとして宿泊が可能。
多くは欧米からの滞在客です。
また、毎日、英語による見学ツアーも催されています。

建物内に入れるのはゲストと、見学ツアー参加者のみ。
通常の見学では内部は撮影できません。

でも、ここは内部を見てこそ価値がわかる場所。

ぜひ、時間をとってツアーに参加するか、
一夜の寝屋を所望。

風水パワーを実感してみてください。
by naoko_terada | 2009-11-23 20:48 | トラベル | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/12383219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amamori120 at 2009-11-25 20:26
う~む、行ってみたひ!
Commented by naoko_terada at 2009-11-26 02:24
amamori120サマ

美味しいものもたっぷりありますよ!

ぜひ、奥さまとご一緒に行ってくださいませ。
<< ペナンに来たらやっぱり、ガーニ... CREA Traveller「... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム