ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ボラカイ!


ボラカイ!_b0053082_922665.jpg
ボラカイ!_b0053082_923746.jpg

勢いよくまわるプロペラ翼の隙間から、
青い海と、艶めく緑の山並みが見えてきた。

フィリピン屈指の美しきリゾートアイランド、ボラカイ島。


でも、ボラカイ島には空港がありません。
どうするかといいますと、すぐ隣に浮かぶパナイ島にある、
カティクラン空港かカリボ空港のいずれかに着陸。
そこから陸路、フェリーなどを使ってボラカイ島へ入ります。

ふう、ちょっとめんどう。

ふたつのうちボラカイ島に近いのはカティクラン空港。
ボラカイ島へのフェリーが発着するカティクラン港のすぐそばにあります。

かたや、カリボ空港はカティクラン港まで車で90分ほど。
でも、カリボのほうが空港の施設が整っているので、こちらに飛ぶ便は多い。
今回、わたしは滞在時間が短いので、カティクラン・ルートをチョイス。


なお、今年6月に国内線のゼスト・エアが、このカティクラン空港でオーバーラン。
もともと滑走路が短く、離着陸の環境が限られているカティクラン空港の
安全性を確認するまでの暫定処置として、
7月からわたしが利用したPAL Expressをはじめ、セブ・パシフィック、
ゼスト・エアのカティクラン行きの全フライトが、カリボ行きへ変更。
唯一、マニラ~カティクラン空港を飛んでいるのはシー・エアのみとなっています。

わたしが搭乗したのが6月なので、その直後に事故、決定が成されたようです。
この措置が、いつまで続くかは未定。
ですので今後、ボラカイへ行かれる方は最新情報をチェックしつつ、
カティクランにするかカリボを選ぶかされてください。


ようやく青空の下、素朴なカティクラン空港に到着。
タラップをおりて小さなちいさなターミナルへ。

荷物を受け取り、外に出るとおおぜいの人。
みな、ボラカイ行きフェリーが出るカティクラン港までの足となる、
トライシクルの呼び込みや、リゾートの送迎スタッフたち。
空港から港まではトライシクルで数分の距離です。

通常、ボラカイへ行く観光客は、
空港~港へ移動~フェリーに乗船~ボラカイ港着~各リゾートへ。

というのがパターン。

でも、その中でカティクラン港からそのまま専用ボートでリゾートへアプローチ、
そんな優雅なチェックインができるのが、
スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドに加盟する
ディスカバリー・ショアーズと、
今回、わたしが滞在する、シャングリ・ラ ボラカイ リゾート&スパ


ボラカイ!_b0053082_10364527.jpg
ボラカイ!_b0053082_1037481.jpg

ターミナルに入ると、わたしの名前を持ったスタッフがお出迎え。
彼にうながされるまま、バンに乗り込みわずか数分。
フェリー乗り場にある、シャングリラ専用の、ラウンジへと導かれます。

このラウンジ、とてもよくできています。
トイレなどはもちろん、エアコンの効いた室内は、センスのいいインテリアで統一。
まずは冷たいおしぼりと、ウェルカム・ドリンクをいただく。


すると、スタッフが近くへきてつぶやく。
「ミス・テラダ、本日はちょっと変更がございます」


むむ。。。。

また、ですか。
今度は何ですか。


「本日、風が非常に強く、いつものようなルートではボートが出せません。
島の反対側から出発し、リゾートへ向かいます」


シャングリラ、というよりもボラカイ島のリゾートの中心は、
島の南岸一帯に広がっています。
そのため、専用ボートも南のコーストラインにそってリゾートへ向かいます。
それが、この日は南から強い風が吹いているため、
山影で強風の影響を受けない北ルートを取るのだということ。

「用意はもう、よろしいですか?」

スタッフの言葉を受け、本来、乗船するはずだったフェリー乗り場から再び、
バンに乗って北側の静かなビーチへと移動。

そこには、急なしつらえとはいえ、
パラソルを立て、冷たいおしぼりとミネラルウォーターを持ったスタッフが待つ、
シャングラリラ特製の乗船スポットが!

乗客はわたしと、もう一組のカップルのみ。
やりますねー、さすがシャングリラ。


結局、この旅で青空を見たのは、このときが最後。
でも、ようやくリゾートまで、たどり着けそうです。

ボラカイ!_b0053082_1121358.jpg

by naoko_terada | 2009-08-18 11:08 | トラベル | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/11750137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from NATURA BLACK.. at 2009-09-23 23:57
タイトル : 澄みきった海、そして青い空。。。
そういえば、いつの間にか巨人優勝してましたね。... more
Commented by carambola at 2009-08-23 11:18
ラウンジ素敵ですね~.
鯔はもう,ここで満足してしまって動かないかもしれません(笑)
冷たいおしぼりなんて出された日には
                 …つい顔を拭いてしまうでしょう(笑)

東南アジアで未踏の国はカンボジアとフィリッピン.
いつか,いえ,近いうちに訪れてみたいです!
Commented by 株の勉強 at 2013-02-06 15:38 x
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
<< もう、そんな季節なのですねぇ。。。 そして、受難は続く。。。 >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム