ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
英国 VS 独国
英国 VS 独国_b0053082_23243630.jpg


傘を買った。

長年、愛用していたものを神楽坂のバーで誰かに持っていかれたため。

で、バーニーズで購入したのがスェイン・アドニー・ブリッグ社製のもの。
傘としては、唯一英国王室御用達。
しなやかな1本木を使用しているのだけれど、チェリー、メイプル、オークなど
使う材質によって個性的な表情をみせる。

私はシンプルにオーク材の黒地のものを選んだ。

靴、時計、傘は上質のモノを選びたいと思っている。
本物が持っている「風格」というものを知ることは大切だと感じているから。

かたや、温かそうなミルクココア色の帽子。
こちらはマイザー社製。
1800年創業のドイツの老舗帽子店。
今年10月に訪れたフランクフルトの蚤の市で、わずか3.5ユーロ(約500円)で購入した。

これから迎える晩秋、そして冬。

寒い季節が待ち遠しくなる、お気に入りたちだ。
by naoko_terada | 2004-11-24 23:34 | マイ・フェイバリット | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/1149758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MASHIBA at 2004-11-25 22:25 x
晩秋、わたくしも最も好きな季節。
VSの審判の色合いがまた素敵ですね。
Commented by naoko_terada at 2004-11-26 00:13
よいですよねー、この時期。

我がオフィスから見えるお濠の桜並木も色づいてまいりました。

人肌の恋しい季節であります・・・。
Commented by さっくん at 2004-11-26 10:37 x
直子さん、こんちにわ。
今回初めて、このウェブサイトをみました。とても興味深く拝見しています。
私も旅行が大好きで現在は海外で5年ほど暮らしています。
将来は直子さんのようにトラベルジャーナリストになりたいのですが、どうしたらこういうお仕事につけるのでしょうか?
Commented by naoko_terada at 2004-11-26 19:01
さっくんサン

こんにちは。
コメントありがとうございます。

海外はどちらにお住まいなのですかね。
訪れた場所であれば、風景が浮かんでくることでしょう。

トラベルジャーナリスト。
これは何も資格がいらない職業です。
ですから、その気になれば「貴方も今日からトラベルジャーナリスト!」です。

海外での知識や経験、語学のスキルももちろん必要ですが、一番大事なのは「伝えたい心」なのではないでしょうか。
自分が何を伝えたいと思っているのか。
人によって、「場所」「人」「文化」などいろいろあるかと思います。
それを見つけることが大事なのでは。
私の場合、「平和産業」としてのツーリズムを通じてみなさんがハッピーや感動を体感してくれれば、と願っています。
テロや戦争が行われている場所ではツーリズムは育ちませんから。

あと、基本ですが、美しい日本語。
これは私もまだまだ修行中ですがね(笑)。

漠然としたお返事でゴメンなさい。
でも、具体的なことはノウハウ本などで見つかると思いますので。

また、ご意見くださいませね。

寺田
Commented by H.Hirao at 2004-11-26 19:41 x
う〜ん、いいなあ、感動した。

>一番大事なのは「伝えたい心」

なんかの折りには、自分の仕事を語るときにパクらしてもらおっと。(^O^)/
Commented by naoko_terada at 2004-11-27 11:52
Hiraoサマ

どうぞ、どうぞ。

心して使うように(笑)。

また、見にきてくださいませ。

寺田
<< バリでバーキン バリでクバヤ・サロン >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム