ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
バリでクバヤ・サロン
バリでクバヤ・サロン_b0053082_18412620.jpg

スリランカから戻った翌日から、今度はバリ島へ。

ガルーダ航空の新「プレミアム・エコノミー」シートに試乗するため、2泊4日の駆け足で。
アッパーデッキに設けられたシートはビジネス仕様。
食事は、エコノミー用だけれどきちんとリネンのクロスでサービスしてくれるから、気分はしっかりビジネスクラス。
これでエコノミーの正規割引運賃との差額が1万円ちょっと。

次回、バリに行く際はぜひ、お試しあれ!

ガルーダ・オリエントホリデーズ

さて、この旅の目的のひとつが、バリ人女性の正装クバヤ・サロンのオーダーメイド。

来年、友人がバリで結婚式を挙げるので、それに列席する際に着ようと思って。
知り合いのバリニーズの奥さまが仕立ててくれるということになり、まずは彼女と一緒にデンパサールの問屋街で生地選び。

これがものすごく迷う。
上に着るレースのクバヤと、下に巻くサロン。店にズラリと並んだ生地の中から色、柄、素材など好みのモノを見つけることのなんて嬉しくて大変なこと。

結局、黒にゴールドの渋い柄のシルクのサロンと、それにあわせた上品なレースのクバヤ用生地を購入。値段は彼女が交渉してくれて、全部で27万5000ルピー。
日本円で約3000円!
「この質でこの値段はグッド・プライス!」と彼女も満足気。
もちろん、私も値段のリーズナブルさに驚くと同時に、めちゃくちゃハッピー。

その後、彼女に採寸してもらい、生地をたくして終了。
仕上がりはわずか2、3日とのこと。

で、ここからがさらに驚き。
私が「仕立て代は?」と、聞いたら、「え~っと、3万5000ルピー」。
「え?」
それって、わずか400円ほど。
もちろん、日本人の金銭感覚がバリ人とまったく異なるのはわかっているけれど、それにしてもその安さに絶句。
自宅から私の指定する場所まで来てくれたので、出張費も加えたということにして5万ルピー(約600円)を彼女に渡し、ホテルへ。

このクバヤ・サロン。今週中には仕上がる予定で、友人で、バリ島に出張中の波乗り好きなナイスガイM君が持ち帰ってくれることに。

う~ん、楽しみー。
by naoko_terada | 2004-11-21 17:46 | トラベル | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/naoterada/tb/1094851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from [TW] HOTWORDS at 2005-10-04 04:20
タイトル : バリ島
バリ島の最新情報をチェック!ad5();         バリ島 ニ...... more
Commented by Hosoruda at 2004-11-22 08:11 x
デンパサールの布地問屋街でご一緒したHosorudaです。寺田さまの文章を読んでいてグッときてしまいました。
ハッピーな気持ちというのはお金では計れないんですね。読んでいて僕もハッピーになりました。いつかクバヤ姿を拝見したいです〜。ハッピーな旅のエッセンスをこれからも書き続けていってくださいませませ。
Commented by H.Hirao at 2004-11-22 12:29 x
ちわす。
お元気そうで何よりです。
しばらくお会いしてませんが、わたくしのほうは、ロマンス・グレー街道驀進中といったところです。

クバヤ・サロンをお召しになった様子、ぜし!アップしてくださいね〜。
以上。

Commented by naoko_terada at 2004-11-22 17:12
Hosodaさま

あの時はありがとうございました。

クバヤも嬉しかったけれど、冷え冷えのビンタンと中華も美味しかったですね。
おそらく数日中に手元に届く予定です。
楽しみです。

また、ネクストバージョンをお願いするやも。
その時もよろしくお願いいたします。

寺田
Commented by naoko_terada at 2004-11-22 17:13
Hiraoさま

ロマンス・グレーとは。
う~ん・・・・。
想像がつかない(笑)。
イタリアは最近、どうですか?
ネコちゃんはお元気?

クバヤ・サロンはそのうちって、ことで。
お近くの際は、事務所に遊びに来てくださいませ。

寺田
Commented by Jun at 2004-11-26 18:38 x
寺田さん、はじめまして。
Junと申します。

トラベル・ジャーナリストだなんて、旅好きの私にとって非常に羨ましいお仕事をされているのですね。年間150日は海外のホテル暮らしとは・・・!

私も、旅が好きです。
色々な国の、それぞれの文化や人々に触れ合っていると、まさに“生きる喜び”を感じます。

これから、ブログを楽しみにしています。
Commented by naoko_terada at 2004-11-26 19:16
Junサマ

こんばんは。
コメントありがとうございます。

旅はいいですよねー、ホント。
大好き。
雑誌や映像などで旅情報がはんらんしてますが、その場に降り立った時の高揚感。
そして、五感を刺激する異国の香りや音、空気感。
これは旅をしないとわからない感動です。
それにJunサンがおっしゃるとおり、人々や文化との触れあい。
旅って、人生の大切なエッセンスだと思います。

ブログ、拝見しました。
ライン河畔、どのあたりでしょう。
10月に南ドイツを2週間ほどかけて取材し、リューデスハイムなどライン河周辺にも立ち寄りました。
ちょうどブドウの収穫時で、急斜面の畑で丁寧にブドウを刈る人たちの姿が印象に残っています。

これからも、どうぞよろしく。
私もJunさんのブログに立ち寄らせていただきますね。

寺田
Commented by motto at 2004-11-27 01:11 x
バリ、ワシも一ヶ月前に行ってきました★
もっすごい、よかったですぅ。

旅行すきなんで、また覗かせてもらいますわ。

初コメ★でしたぁ。。。http://motto.exblog.jp
Commented by naoko_terada at 2004-11-27 12:23
mottoサマ

初コメ、ありがとうございます。

一ヶ月前なら、まだ雨季前ですかね。
今月行った時は、もうすっかり雨季の気配。
じっとりと湿度も高くなり、雲も多い。
でも、たっぷりの雨を受け、木々の緑がしっとりと美しいのが
この季節。
悪くないですよ。
フルーツもみずみずしくて美味。

スパ体験はなさいましたか?
私の最近のお気に入りはクリームバス。
髪、頭皮を特製アロマクリームで1時間くらいマッサージしてくれるもの。
バリの伝統的なトリートメントです。
頭をマッサージしてもらうのがこんなに気持ちよかったのか!
と感動するくらいものすごーく快感、極楽。

次回はぜひ。

寺田
Commented by motto at 2004-11-27 18:55 x
私も、滞在中スパは毎日体験しましたでぇ。。。
クリームバスももちろん★

ってか、安いわぁ~~スパも。
1時間で3000位やったんちゃうかいなぁ・・・・
もっすごい、気持ちよかったわぁ~~。

そうそう、行った時期は乾期。
晴れ晴れヽ(^o^)丿

バリの南部、ヌサドゥア地方に泊まっていたので
中部のウブドに行けなかったので次回は行きたいなぁ★
Commented by naoko_terada at 2004-11-27 23:04
mottoサマ

おお、クリームバス体験なさいましたか。
さすが!

ウブドもいいですよー。
プリ・サレン王宮での夜の屋外バリ舞踊はおすすめ。
幻想的で美しいです。

寺田
Commented by Jun at 2004-11-29 17:15 x
寺田さん、お忙しい中、私のブログまで覗いてくださったそうで、大変ありがとうございました。

私は、ノルトライン・ヴェストファーレン州の、中都市が集中している地域に在住しています。

10月に、近辺までいらしていたのですね!
やはりワインなどを主なテーマとされたのでしょうか。
リューデスハイムのケーブルカーからは、美しいブドウ畑を見渡すことができますよね。

赤ワインの美味しい季節になってきました。
Commented by naoko_terada at 2004-11-30 12:11
Junサマ

リューデスハイムのケーブルカー。
のどかでよかったです。
でも、もっと高架の新しいものを近々新設するらしいですよ。
どうやらあの高さだと、ブドウ収穫時のクレーンなどの仕事に支障があるらしく。
ちょっと残念です。

今回のドイツはちょうど明日、発売される書籍の取材でした。
ワインはもちろん、ドイツ家具、ヴァイオリン製作者などさまざまな職業のみなさんにインタビュー。
非常に興味深い時間を過ごさせていただきました。

ドイツの赤ワイン。
私は年末に楽しむために赤のゼクトを買ってきました。

楽しみ!

寺田
<< 英国 VS 独国 ジェフリー・バワの建築美に酔う >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム